水系ペットに関するつぶやき的な( ´ ▽ )ノ。アクアリウムライフ。熱帯魚、金魚、水草水槽のある暮らし

2023年12月
-
-
-
-
-
01
02
03
04
05
06
07
08
09
11
12
13
14
15
16
18
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31
-
-
-
-
-
-
PROFILE
じょお

淡水系ペットを飼ってから幾年月、それこそペットボトルからプラケース、近年はガラス水槽、濾過、エアーレーションと機材(お金Σ(´∀`;))も投入し充実してきました。はたしてどこまで行くのやら。よろしく♪

大雑把な環境

HaruDesign フルセットCO2レギュレーターR4000-LS (小型、大型ボンベ兼用)/HaruDesign  LIGHT STAFF VA x 2/心池18リットル/GEX SX-003N ICサーモスタット/クリスタルKC-600S60センチ水槽 x 3/GEXセーフカバー交換用ヒーターSH220/エーハイム2213 × 2/エーハイム2213 サブフィルター/ステンレス浴槽池/テトラ (Tetra) LEDミニエコライト

生体

レモンテトラ:朱文金:カージナルテトラ

サブ的な環境と在庫

GEX e-roka イーロカ PF-201/GEX e-air2000SB/クリスタルブラック45センチ水槽/プログレ45センチ水槽/水心 SSPP―3S/水作エイト ドライブ M  水中ポンプ式フィルター/1.4 w birdbathソーラーポンプ

CATEGORY
RECENT
LINK
ARCHIVES
2023年12月分(5)
2023年11月分(5)
2023年10月分(26)
2023年09月分(37)
2023年08月分(30)
2023年07月分(26)
2023年06月分(46)
2023年05月分(48)
2023年04月分(5)
2023年03月分(3)
2023年01月分(4)
2022年12月分(2)
2022年11月分(1)
2022年10月分(3)
2022年09月分(8)
2022年08月分(16)
2022年07月分(4)
2022年06月分(10)
2022年05月分(11)
2022年04月分(16)
2022年03月分(21)
2022年02月分(22)
2022年01月分(10)
2021年12月分(9)
2021年11月分(43)
2021年10月分(49)
2021年09月分(25)
2021年08月分(32)
2021年07月分(39)
2021年06月分(52)
2021年05月分(63)
2021年04月分(27)
2021年03月分(12)
2021年02月分(5)
2021年01月分(2)
2020年12月分(4)
2020年11月分(3)
2020年10月分(5)
2020年09月分(1)
2020年08月分(1)
2020年07月分(9)
2020年06月分(12)
2020年05月分(7)
2020年04月分(5)
2019年12月分(4)
2019年11月分(1)
2019年10月分(8)
2019年09月分(25)
2019年08月分(24)
2019年07月分(7)
2019年06月分(19)
2019年05月分(14)
2019年04月分(13)
2019年03月分(3)
2019年02月分(3)
2019年01月分(2)
2018年12月分(12)
2018年11月分(21)
2018年10月分(14)
2018年09月分(14)
2018年08月分(9)
2018年07月分(14)
2018年06月分(3)
2018年05月分(11)
2018年04月分(39)
2018年03月分(27)
2018年02月分(7)
2018年01月分(22)
2017年12月分(35)
2017年11月分(35)
2017年10月分(73)
2017年09月分(38)
2017年08月分(11)
2017年07月分(14)
2017年06月分(31)
2017年05月分(40)
2017年04月分(46)
2017年03月分(36)
2017年02月分(1)
2016年09月分(1)
2016年04月分(3)
2016年03月分(1)
2015年07月分(1)
2014年08月分(1)
2014年05月分(3)
2013年12月分(2)
2013年10月分(2)
2013年08月分(7)
2013年07月分(8)
2013年06月分(6)
2013年05月分(6)
2013年04月分(7)
2013年03月分(7)
2013年02月分(3)
2013年01月分(4)
2012年12月分(4)
2012年11月分(18)
2012年10月分(3)
2012年09月分(7)
2012年08月分(1)
2012年07月分(7)
2012年06月分(22)
2012年05月分(53)
2012年04月分(16)
2011年08月分(6)
2011年07月分(84)
2011年06月分(16)
2011年05月分(32)
2011年04月分(11)
2011年03月分(9)
2011年02月分(6)
2011年01月分(1)
2010年12月分(3)
2010年11月分(28)
2010年10月分(96)
2010年09月分(101)
2010年08月分(74)
2010年07月分(15)
2009年10月分(1)
2009年09月分(2)
2009年08月分(2)
2009年07月分(1)
2009年06月分(2)
2009年04月分(2)
2009年03月分(2)
2009年02月分(9)
2009年01月分(6)
2008年12月分(5)
2008年11月分(3)
2008年09月分(1)
2008年08月分(1)
2008年07月分(14)
2008年03月分(3)
2008年01月分(2)
2007年08月分(1)
2007年07月分(3)
2007年06月分(5)
2007年05月分(6)
2007年04月分(11)
2006年12月分(1)
2006年11月分(4)
2006年10月分(11)
2006年09月分(77)
2006年08月分(37)
2006年07月分(28)
2006年06月分(55)
2006年05月分(68)
2006年04月分(66)
2006年03月分(52)
2006年02月分(24)
2006年01月分(39)
2005年12月分(61)
2005年11月分(40)
2005年10月分(33)
2005年09月分(14)
2005年08月分(20)
2005年07月分(23)
2005年06月分(39)
2005年05月分(32)
2005年04月分(34)
2005年03月分(31)
2005年02月分(13)
2005年01月分(18)
2004年12月分(35)
2004年11月分(46)
2004年10月分(51)
2004年09月分(50)
2004年08月分(23)
2004年07月分(28)
2004年06月分(6)
SEARCH
MYALBUM
PR




2023/11/08
CO2ボンベの注文
HaruDesignさんのフルセットCO2レギュレーターR4000-LSに付いていたCO2ボンベを使い切った様子。

圧が下がっていたし、もちろんディフューザーからはCO2は出ない。

早速、同じ口径規格のボンベを探す。

ただボンベそのものに表示が見つからず、製品の取説もあるはずだがどこにやったのか・・・

とりあえず検索してコレ、と思うものを注文した。

なんかリュースボンベでない新品だと、CHARMさんが安かったので、久々にお世話になります。
(・∀・)
2023/11/04
石レイアウトの変更を予定
熱帯魚水槽に入れている石に汚れが目立ってきた。

苔的な?緑色っぽいものが着いている。

この水槽の石に関するレイアウトとしては、溶岩石8割、この石2割くらい。

で、「この石」は庭で拾ったヤツなので、表面が滑らかな白っぽいもの。
なので汚れも目立つ。

取り出して洗って再度水槽に入れてもいいけど、う〜ん、、、

全部を溶岩石に統一してみよっかなー

質感の違ったものはアクセントになってそれはそれでいいんだけど。

掃除面倒くさ
(笑)
カリウムの添加忘れ
休みの日は、結局のところマターリとヽ(´ー`)ノゲームなんぞしたりしてるわけでして

いやいや、それは天気が悪いので、仕方ない。

しかし外が薄暗いとはいえ、雨の予報でそうだと思って、実際はどうなのか確認はしていない
Σ(´∀`;)

で、ゲームが一段落して、水槽の消灯後に、( ゚д゚)ハッ!

つぅーことで、水槽へのカリウム添加を忘れた
(;´∀`)

まぁ、一日くらいいいよね(笑)

ただ濾紙を使っていい感じにカリウムの抽出が出来たので、勿体ない。
w
シュブンキンの「癖」に変化は
暴れるシュブンキンの様子から10日くらい経過しているが、

朝のエサくれくれ行動もまた見られたので、
一時、絞っていた餌の量も元通りにした。

視界に入った何かの事象に
「むやみに驚いて暴れて、隅っこに頭を突っ込んで隠す」から
「スマートに、さっと身を隠す」くらいの変化はあった気がする。
(笑)

この敏感に感じる行動は、このままなのかなー。

なんなら土管でも入れてキッチリ隠れる場所を作ってあげたいところではある。
Σ(´∀`;)
ウォーターポピーの凄さ その4
ウォーターポピーの凄さ その3で書いた現象がさらなる進化を遂げた。(笑)

∩のような感じで伸びたもの、根?が、またその部分から∩となって、底床に食い込んでいた。すでに茎が水面に伸びてしっかりと根づいた感あり。

またそこにはスクリューバリスネリアが集中して生えているので、そのあたりで根張をしようという、ウォーターポピーとの攻防も見もの。