水系ペットに関するつぶやき的な( ´ ▽ )ノ。そしてボタニカルライフも少々

2021年11月
-
05
08
09
23
24
25
26
27
28
29
30
-
-
-
-
PROFILE
じょお

淡水系ペットを飼ってから幾年月、それこそペットボトルからプラケース、近年はガラス水槽、濾過、エアーレーションと機材(お金Σ(´∀`;))も投入し充実してきました。はたしてどこまで行くのやら。よろしく♪

大雑把な環境

心池18リットル/GEX SX-003N ICサーモスタット/クリスタルKC-600S60センチ水槽x2/GEXセーフカバー交換用ヒーターSH220/エーハイム2213×2/ステンレス浴槽池

生体

レモンテトラ:朱文金:カージナルテトラ

サブ的な環境と在庫

GEX e-roka イーロカ PF-201/GEX e-air2000SB/クリスタルブラック45センチ水槽/プログレ45センチ水槽/水心 SSPP―3S/水作エイト ドライブ M  水中ポンプ式フィルター/1.4 w birdbathソーラーポンプ

CATEGORY
RECENT
LINK
ARCHIVES
2021年11月分(38)
2021年10月分(49)
2021年09月分(25)
2021年08月分(32)
2021年07月分(39)
2021年06月分(52)
2021年05月分(63)
2021年04月分(27)
2021年03月分(12)
2021年02月分(5)
2021年01月分(2)
2020年12月分(4)
2020年11月分(3)
2020年10月分(5)
2020年09月分(1)
2020年08月分(1)
2020年07月分(9)
2020年06月分(12)
2020年05月分(7)
2020年04月分(5)
2019年12月分(4)
2019年11月分(1)
2019年10月分(8)
2019年09月分(25)
2019年08月分(24)
2019年07月分(7)
2019年06月分(19)
2019年05月分(14)
2019年04月分(13)
2019年03月分(3)
2019年02月分(3)
2019年01月分(2)
2018年12月分(12)
2018年11月分(21)
2018年10月分(14)
2018年09月分(14)
2018年08月分(9)
2018年07月分(14)
2018年06月分(3)
2018年05月分(11)
2018年04月分(39)
2018年03月分(27)
2018年02月分(7)
2018年01月分(22)
2017年12月分(35)
2017年11月分(35)
2017年10月分(73)
2017年09月分(38)
2017年08月分(11)
2017年07月分(14)
2017年06月分(31)
2017年05月分(40)
2017年04月分(46)
2017年03月分(36)
2017年02月分(1)
2016年09月分(1)
2016年04月分(3)
2016年03月分(1)
2015年07月分(1)
2014年08月分(1)
2014年05月分(3)
2013年12月分(2)
2013年10月分(2)
2013年08月分(7)
2013年07月分(8)
2013年06月分(6)
2013年05月分(6)
2013年04月分(7)
2013年03月分(7)
2013年02月分(3)
2013年01月分(4)
2012年12月分(4)
2012年11月分(18)
2012年10月分(3)
2012年09月分(7)
2012年08月分(1)
2012年07月分(7)
2012年06月分(22)
2012年05月分(53)
2012年04月分(16)
2011年08月分(6)
2011年07月分(84)
2011年06月分(16)
2011年05月分(32)
2011年04月分(11)
2011年03月分(9)
2011年02月分(6)
2011年01月分(1)
2010年12月分(3)
2010年11月分(28)
2010年10月分(96)
2010年09月分(101)
2010年08月分(74)
2010年07月分(15)
2009年10月分(1)
2009年09月分(2)
2009年08月分(2)
2009年07月分(1)
2009年06月分(2)
2009年04月分(2)
2009年03月分(2)
2009年02月分(9)
2009年01月分(6)
2008年12月分(5)
2008年11月分(3)
2008年09月分(1)
2008年08月分(1)
2008年07月分(14)
2008年03月分(3)
2008年01月分(2)
2007年08月分(1)
2007年07月分(3)
2007年06月分(5)
2007年05月分(6)
2007年04月分(11)
2006年12月分(1)
2006年11月分(4)
2006年10月分(11)
2006年09月分(77)
2006年08月分(37)
2006年07月分(28)
2006年06月分(55)
2006年05月分(68)
2006年04月分(66)
2006年03月分(52)
2006年02月分(24)
2006年01月分(39)
2005年12月分(61)
2005年11月分(40)
2005年10月分(33)
2005年09月分(14)
2005年08月分(20)
2005年07月分(23)
2005年06月分(39)
2005年05月分(32)
2005年04月分(34)
2005年03月分(31)
2005年02月分(13)
2005年01月分(18)
2004年12月分(35)
2004年11月分(46)
2004年10月分(51)
2004年09月分(50)
2004年08月分(23)
2004年07月分(28)
2004年06月分(6)
SEARCH
MYALBUM
PR




2010/10/31
網戸用メッシュ
crystalblk.jpgペットボトル流動フィルターから抜ける空気の音が気になるので,ざっくり底をカットして網戸用メッシュを被せるアレンジを施した。これで空気はスーっと抜けてブックブックしない,と思ったらそれほどでもない。目が細かすぎたのかな。お店の作成例を見返してみると「水が下から入って,上に抜ける」とある。えっ、ざっくりカットで網戸だと、水の流れはどうなるんでしょう、^^;
流動ろ材
crystalblk.jpgザリガニ水槽のエアレーションと濾過は流動ろ材でやってみる。ペットボトル内を白玉が撹拌される様子はなかなか癒される。エアーポンプはあのgex e-air2000を引っ張り出したものの,やっぱりうるさい。そのこともあり一応買っておいた二股分岐器具で水心からエアーを分けてプログレ450との兼用にした。ペットボトルに開けた穴が今ひとつで泡の音が大きい。そのあたりは後で調整しよう
もったいない生き餌
n.jpgクリスタルブラック450はプラ水槽から持ってきた環境なので,ユスリカの幼虫がいた。部屋で羽化されてもなんなんで、目についた三匹ほど捨てて気がついた。これ、ネオンテトラが食うわ。どれくらいソイルの中に居るのか分からないが,見つけたニ匹ほどはピペットで吸い上げてプログレ450に。案の定,すぐに食らいついていた。あー、惜しいことをした。
戦いの痕跡
z.jpgしばらくぶりでじっくりと見るザリガニ達。レフト君は触覚を切られずいぶんと短くなっていた。体長,ハサミともにライト嬢よりデカイのに。^^;
戻し作業
s2.jpg外のプラ水槽から室内のクリスタルブラック450へザリガニを戻す。洗面器に稲を植えてあるものをまず移動。外環境の上からの視点では気にならないが,室内だと横から水槽を見ることになる。そのためお盆程度の高さに洗面器の側面をカット。これを水槽に沈め外のプラ水槽を水をそのまま持ってきて,完成。
傾きで修正
k.jpg小赤池の水流失の原因を探るため,オーバーフロー口側に回る。ひょっとしたら割れてるかも。見るとちゃんとオーバーフローから水が流れているようだ。とりあえず下に板をかませて,傾きを付けることで流れる量を調整。これで大丈夫だろう。
新規エアーストーン
s2.jpgスドーの一番短い奴をザリガニ水槽に回すため,一つ長い奴用を温水水槽に投入。長い分エアーポンプのパワーを上げる必要があるのかと思いきや,意外とスーッと泡が出た。元々の短いのが目詰まり気味だったのかも。
柱の傷
s2.jpg新水槽移行ということで機器類の配線取り回しも若干変更。サーモスタット,電源タップを吊り下げる位置を変えた。移動する度に柱にネジ穴の跡が増えそうだが^^;
2010/10/30
生体の移動
s2.jpg浅くなったところでまずはメダカをガラス容器で掬う。一大事だろうから跳ねる跳ねる。次,ネオンテトラ。新しい水槽に流し込むときにネオンテトラ一尾が跳ねて上部濾過タッパーにトポン。薄ーく水が張るくらいの水位なので,そこから掬い出しにくい。ようやっと取り出したが,全体の水位を上げタッパー自体を水没させて自力でそこから抜け出させれば良かった。^^;
ぶちまける
s2.jpgクリスタブラック450からプログレ450にまずは水を移す。水位が同じになる頃から意識的にポンプを押してさらに吸い上げて出す。その押す反動?でプログレ側の蛇腹ホースが水槽の外へ!。。蛇腹ホースが浅い角度で入っていたので、こうなるわなー。ぴったり隣にして深く差し込んどかないと。畳に吸い込ませちまった。電源タップにかからなかったの幸い。
横倒し使用
s2.jpg和室なので水槽台の高さが腰板より高いと圧迫感がある。そこで思いついたのが,横にしてしまおうという。少し無駄なスペースを取られるが、いい感じ。メーカーさん、すいません^^;
入れ替え思案
s2.jpg気温の高い時期なら心配要らないが、水槽を交換するとなると温度の低下がどの程度,どのくらいの時間なのかが気になる。まずは部屋をガンガンは温めてからか。
2010/10/28
ウィローモスの玉
s2.jpg単に浮かせていたものを棒の先で水槽内のあちこちに寄せたりしていたら,丸っこく塊になってしまった。見た目もいまいちだし,もったいない。何かに活着かな
思わぬゴミ
s2.jpg投げ込み式フィルターの水流を弱めるために置いていた水草,景観重視で場所を移動。その下が澱んでいたのだろう,すごいゴミ。とりあえず吸い取ったのは言うまでもない。しかし新しい水といっても冷たいものしかなかったので,ゴミを濾しとって若干の新しい水を加えて戻した。
2010/10/27
毛細管現象
k.jpg雨が降った割に小赤池の水位が低い。どーもオーバーフロー口に寄せておいた葦の根を伝って水が外に出ていたようだ。何かの拍子に池が割れてるのかと思った。プラスチックなので経年変化はあるだろうし,そういう心配もある。
2010/10/26
上段と下段、そして水槽入れ替え
s2.jpg台の下段だと自然光はあまり期待できない。直射光は当たらないので藻の抑止ということでは良いのだろう。ポトスや水草類がうまいこと育てばいいのだが。これから持ってこようとする稲には光量が必要だろうからせめて室内でも日当たりを考慮すれば,上段か。この機会にクリスタルブラック450の全環境をプログレ450に移して,これを下の段,上段には稲とザリガニをクリスタルブラック450に、がベターと判断。
葦倒壊
k.jpg小赤池の縁に乗っけていた葦が水の中に落ちていた。風が強かったしなー。根も含めかなりの重さなのでその衝撃や如何ばかりか。幸いにも小赤二尾は潰れてはいなかった。鉄の棒を突き刺して今度は落ちないように
内寸幅
s2.jpg水槽台を組み立て時に取説に書いてあった寸法が目に入った。他の製品45騨竸總紊里盧椶辰討い拭えー、45だけどプログレ450も乗っかれる46ちょいの内寸だ!60騨竸總綢罎任覆ても良かったわけだ、あーあ
暖かいと忘れる
s2.jpg温水用のクリスタルブラック450、先週末に防寒対策をしようと思っていたのに、その時は暖かかったのですっかりそんな事は忘れていた。冷える日にそんな事を思い出すとは、後手もいいところ、ガクッ
60造46造45
s2.jpgプログレ450の取説を眺めていたら、サイズより大きい台は使うな、とある。今回購入した水槽台は60多總緲僉そもそも45騨僂鯒磴ν縦蠅世辰燭、事前購入のプログレ450は46臓1造任眤腓いと入らないかな、と思い60騨僂砲覆辰拭C屬い浸に撓まなきゃいいわけだが、果たして
2010/10/25
白カビ、か
s2.jpg新しい水槽台設置のシミュレーションとして普段見ている位置から目線を下げてみた。すると底面の様子が際立つ。で、ヒーターのキスゴムの根元に白っぽいものが。クリスタルブラック450の環境をそっくりプログレ450に移してから掃除という選択もある。うーん
2010/10/24
葦引き上げ後
k.jpg表面積が拡大したせいで水の蒸発も早いようだ。溜水鉢からプラ柄杓で二,三杯追加。栄養分などの吸収については一部の葦の根が水中にあるものの、稲を泥のある所に持ってきてるのでその活躍に期待したい。
排気音
s2.jpgエアーストーンから出る音が妙に甲高い。排気量はe-air2000と同じくらいの設定と思うのだが。ポンプのものが違うわけだから,色々と調整してみよう
屋内引越し計画
z.jpg広い環境ということで外のプラ水槽に移したが、冬を考えるとこのままでは、、、。外のプラ水槽は少し水漏れがあり室内では無理。新たな水槽ということでプログレ450を購入し、これを室内に設置し丸々環境を引っ越す、という計画。
2010/10/23
取り出し
z.jpg昨日と変わらず塩ビの中。しかしこれ、単に出れないだけか?要らぬ世話と思いつつ,取り出すことに。ちょっと振ったくらいではビクともしない。ソイルも巻き込んでいるようなので,塩ビ管をすすぐようにしてまずはソイルを出す。隙間が出来たところで揺すりながら,尾のほうを押したりして、でたー。反応も鈍かったし,なにか目が逝っちゃってるようにも見える。んー
特殊活性化セラミック
s2.jpg謳い文句がすごい,これ。水心はGEXとの比較もあり性能がよくわかったが,こちらの方はどうなんだろ。袋を開けてまず匂いを嗅いでみます。ゴムのようなのがしますね。とりあえず水槽にドボン。浮きますね。ベアタンクなんで水草とかコードにひっかけて壁面に設置。一部は切って上部濾過タッパの砂利に挿してみたり。さて様子見
評判通り,エアーポンプ水心
s2.jpgとにかく静か。各諸氏がレビューされている通り。最初からこっち買えば良かった。さてGEX e-air2000はどうしよう。水槽増やす機会があるまで仕舞っとこう。いつだ?^^;
2010/10/22
ギュウギュウ詰め
z.jpgライト嬢はいつもの定位置,レフト君はどこかと探すと,塩ビ管の中にしっかりと収まっていた。かなり窮屈だと思うのだが,よく入ったものだ。出れるのか心配になる^^;
思ったより根が深い
k.jpg葦の茎を引っ張ったら底面そのものが引きずられるように根全体で泥をしっかりと掴んでいた。小赤池の縁に乗っける。枯れる恐れがなくはないが,一部の根は水面に接してるんで大丈夫か。少し濁ってしまったが、小赤の遊泳スペースは三十%増加
ネオンテトラと同様
m3.jpgネオンテトラもハグレ行動をする奴がいたが,メダカもやはり。こちらの一尾は餌やりの時にさっぱり寄ってこない。他の二尾のメダカと比べると,我が道を行く的な^^
底上げ
k.jpg葦の根が伸びてスペースを圧迫しているので、底からの引き剥がし計画。特別に土があるわけではなく小赤の糞やゴミなどが積もっている模様。半分浮かした状態でもなんとか生きるだろう。浮かして出来た空間は小赤の冬の退避壕となれば良。
2010/10/21
ものは試し
s2.jpgGEXのe-air2000の五月蝿さに嫌気,というよりも水心の静かさというものを試したくなり,通販でポチッと。週末には届くかな。それとナンチャラセラミックなるものもついでに。こちらは怪しげだが,面白そう^^;
脱け殻を食う早さ
z.jpg左のハサミが一段大きく威容を誇るレフト君、その抜け殻はもう見当たらない。大きくなればこそのカルシウム早期吸収要ということ。
2010/10/20
アナカリス再生
s2.jpgショボショボしたアナカリスはそのまま溶けてなくなるかと思ったが,茎の途中から根を出してなんとかいい感じに生きてる。カボンバ天下の水槽にどれだけ食い込めるか。成長しやすそうな場所、どこかなー
そろそろ冬囲い検討
s2.jpg本格的な冬に向けてそろそろ水槽の熱を逃がさない工夫をしないといかんだろうと思い始めた。テレビ買った時の緩衝材、プチプチ?が確か有ったはず。光もそれなりには通すし,水草にもいいか。まぁ週末くらいに探してみよう
2010/10/19
蒸発
s2.jpg気温と水温の差が大きいのだろうか、水の減りが目立つ。ちょっとづつ足すなら冷たくともそう水温は変わらないだろうから、こまめにしとこう
誤飲
n.jpgポトスの土に混ざっていたガラス状の浮く何か?それが水槽に浮いていたのをしばらく放置。大きいのは取り出したものの小さいのが浮いていた。ワッサーと撒いた餌に群がったネオンテトラが喰っちまった。普通吐き出すんだが、飲んだままの奴が一尾いた気がする。ふーむ
レフト君脱皮
z.jpgきれいに剥けていた。脱皮のスペースは確保出来ていたということで一安心。
2010/10/17
寝ている間は
s2.jpg寒くなりヒーターランプが頻繁に点くようになった。流れを作らないと水温が偏るというし。e-air2000はうるさいので問題外。水作エイトドライブM、e-rokaはちょっと流れ強そうだし。あー、そいや水作エイトドライブMは流量調整出来たはず。これでいいか
今日は三食
n.jpg土曜、日曜は照明除けをつけないので、体力も使うだろう。ということで一食多め
取り切れてない藻
s2.jpg水換え時の藻掃除は水位の下がったところだけなので、全体的にはほんの一部。コードやら沈めた物やらで下の方は手を入れにくい状況。プラ水槽よりもスラッと落とし易い藻の付き方ではあった。
ウィローモスとヒーター
s2.jpgごみ取りをしていたら、水流の関係でウィローモスの固まりがヒーターの直上に。熱で溶けないか。ヒーターを中央に持ってきて、モスをガラス面ぴったりにしとこうか思案
ベストポジション
z.jpg模様まではっきりと見える良い位置に二匹とも出てきていた。じっと見て餌パラパラ
週課
k.jpg水が減ったので継ぎ足し。そして餌やり
上下
m3.jpgメダカにしては珍しく底をを泳いでる。これはaとcに追われたbなのか。餌を探してるようでもある。普段は沈下物に付着した何かをつついてる。
2010/10/16
テイルツーテイル
z.jpg二匹の距離がかなり近い午後。一悶着あったんかね^^;
酸素吸うための稲上り争奪戦かもしれない。
早めに対応
s2.jpg壁面の緑藻はまだ大して目立たない。歯ブラシでこそげ落とすには早めのほうがよさそう。ゴミ掃除と換水もこの際にやってしまおう
一時的なのかそれとも
s2.jpgミズミミズが少ない。たまたま上部濾過もどきから流れてこないだけなのか。栄養となるものを分解する役目もありそうだから,それが足りないとか。ザリがいた頃と比べると格段に糞は減ったからなー
aとbとc
m3.jpgaとcに挟まれていつも追い掛け回されているb。追い払われているという方が正しいのか。縄張り的なもんかな
心外な
k.jpg大きい方は人の気配で餌が来ると思い浮上,喰ってる時は一心不乱。小さい方は相変わらず神経質。覗き込むと一目散に逃げる。おいおい^^;
ダイレクト口キャッチ
z.jpg稲に登ろうとする体勢で両ハサミを突き出して威嚇。その状態で餌を落とすと直に口に入りガシガシ喰ってた。なんかおもろかった^^
今日は半分
m.jpg1287164606604862.jpg鉢の縁に体を隠して,頭だけを出していた。けなげだ^^;
2010/10/15
視界良好
z.jpg時折の雨と適温で水の濁りはない。稲の機能しているのか。覗き込むとレフト君がこちらを仰ぎ見る。ライト嬢は隅のほうで相変わらず姿を見せない。
ベアタンク考
s2.jpg確かに掃除は楽だが,逆にゴミが目立つ。ゴミと言ってもネオンとメダカなのでザリの比ではないものの。砂でも敷くか
2010/10/13
すくすくと緑
s2.jpg上部濾過もどきタッパーのポトスが次々と新しい茎から葉を出している。それなりに栄養が豊富ということだろうか。ミズミミズもでかい^^;
2010/10/11
カビ
s2.jpg目を凝らすと壁面に少し藻っぽいものがあるような、、、。それを関係あるのか少しカビ臭い。水面との境界付近が怪しい
丸々と
k.jpg久しぶりの餌。大きい方の小赤は、だいぶ成長してるような。丸々としてきた。
穏やかに
m.jpg天気がいいので鉢の中央に出てきていた。
いつ変化か
z.jpgそういえばライト君の色がグレーのまま。脱皮前はそれなりに赤かったのに,食い物のせいかな
ヒメダカの住処
1286723239090116.jpg非常にシンプル
小赤近況
1286723086301798.jpg以下に同じ,泣
2010/10/10
中央の支配
1286694492829572.jpg今日はレフト君が稲の根元に陣取ってました。ネットブックでとったのでアングル定まらず、しかも蚊がいるため、そそくさと一枚
2010/10/09
右がライト
z.jpg稲いじりの際に個体の居場所を確認できた。中央の洗面器を挟んで右側にライト嬢、左側がレフト君。固定してくれれば小競り合いも無いのだが、双方虎視眈々といったところか
雨の強さに
m.jpg上から見えないと流されてんじゃないかと思う。鉢の縁,その内側に居た。薄暗い天気と相まって儚い感じがする
思い切って植え
s.jpg雨模様なので,却って好都合。気になっていたザリガニ水槽の稲、その根をちゃんとソイルに埋めよう。水を抜いて水位を下げておく。長期間いじってないので,掘り返すと臭いがあるのは、まぁ仕方ない。根を何とか隠すくらいの量はあったので、サササッと被せて念のため,また割れ鉢で周囲を固めとく。水を戻して、できたー
2010/10/08
ノシメマダラメイガ
m3.jpg夏が暑かった所為なのか、よく飛んでる。今年は叩き落としたら行き場所は水槽。メダカが喰えばラッキー。突ついて水中に引きずり込んではいるが、そのままではパックリと飲み込むには少し大きいようだ。
ビオらしい
z.jpg稲の根元に屯していたりで、なかなかにビオトープっぽい感じ。そのソイルを入れた洗面器を沈めたプラ水槽の端っこにもう一匹。水槽内の力関係が分かるような気もする
盲点
s2.jpg水槽に突っ込んでる機器類の電源を入れた途端、一匹のユスリカが目の前に。まさかここで羽化?。よーく眺めてみると、上部濾過に繋がるチューブの中になにやら蠢くものがチラリ。そこか!
遅かった
n.jpg別行動をしている事がよくある一尾は、餌の時にも他が素早く見つけて喰うときもマイペース。群がってるのに気がついたときは、既に完食。こういうときもあるわね
明かりよけ
s2.jpg夜も鑑賞したい事はしたいが、寝ているところを起こすのも悪い。簡単に段ボールで照明よけをしてみた。夜明け・夕暮れ程度にはなるかなー
2010/10/07
吸って出す
s2.jpgユスリカの幼虫を塩ビ管の中に発見。魚たちが気がつくには場所が悪い。のでpipetで吸い出して、見つけ易い場所に出すとネオンが喰ってくれた。底面に眉の跡がいくつかあるな
横からの姿
m3.jpg久しぶりに水槽で見たメダカなので、こんな形だったかな、と新鮮。上からは想像もつかないような鋭角な感じ。
2010/10/06
映える
m.jpgプラ水槽のように横から光を内部に通さないので、水溜め鉢にいるヒメダカはその体色と相まって、よく見える。ベストポジションかもしれない
存在確認
z.jpgまだ脱走はなく、二匹ともに居た。稲は根が浮き上がっていないものの、やはり昨日ソイルに埋めておけば良かったと後悔。強い雨脚の所為で葉身が水面に広がっている。
沈水性と浮水性
n.jpg沈むザリガニの餌を使ってたが、ザリガニの外水槽移動に伴い餌の置き場所も変わり、部屋にはメダカの餌。どんなもんだろうと与えてみると、水面に上がって食べてる。両方ともいけるようだ。
濾過植物、追加
k.jpg余った稲を小赤池に。葦を置いたオーバーフロー口にすこしスペースがあるのでそこに突っ込む。とりあえず今年の冬を乗り切ってくれれば、来年が楽しみだ
2010/10/05
転送完了
z.jpgいい頃合いに温度差もないだろう中プラ水槽から大プラ水槽へザリガニを水ごと投入。稲をそのまま入れると浮くので,ソイルに埋め込もうと思ったが,手を水に入れるのが面倒。割れ鉢で根を抑えることに。蓋が無いと稲を伝い,または跳ねたときに脱走という可能性は残るな
ユスリカ
s2.jpg外のプラ水槽から持ってきたアナカリス,ウィローモスについてたのだろう、ユスリカの幼虫がクリスタル水槽に侵入。ガラス面に繭?を作ろうとしていた。剥がして底に落とした。ネオンテトラとメダカのみが頼り
迷走
m.jpgプラ水槽に戻したはいいが、そこはザリガニを入れる予定だった。なのでメダカを取り出して空き家になった水溜め鉢にヒメダカを入れる。行き当たりばったりで,申し訳ない^^;
雨で
k.jpg叩きつける雨が寒そうなニ尾であった。餌は無し
2010/10/04
とりあえず調整
z.jpg少し広い環境に移すために、とりあえず温度調整ということでプラ水槽を外に出す。酸素は一日くらいは大丈夫か
出戻り
m.jpgメダカ同様こちらはプラ水槽からの移行を試みたヒメダカだが,クリスタル水槽の隅で妙にじっとしている気がする。そもそも交雑してもなんなので、またプラ水槽に戻す。すまぬ
戸惑
m3.jpg水溜め鉢のメダカ三尾をネオンテトラと混泳に。今までとは全く別な環境なので、ガラスに写った自分の姿を追いかけまわしているのか,それがどーも気の毒ではある
アナカリスの生育状況
s2.jpg外のプラ水槽に放置していたアナカリス,活き活きと増えていると思ったら,貧弱にもほぼ茎のみ。ウィローモスは結構モサモサと。これをすべて室内のクリスタル水槽に移す。アナカリスの復活を期待
やはり狭い
z.jpg今のプラ水槽に二匹では狭い。ピョンピョン跳ねることが多いような。一回り大きいものが外にあり,ヒメダカを移したら空くので,移動するか
群れない奴
n.jpg数えると必ず一尾だけ別の場所を泳いでる。不思議だ
2010/10/03
登頂
z.jpg稲を差し込んだ水面ギリに合わせたペットボトルの切り口にザリ登頂。ペットボトル自体は滑って登れないので,何かの拍子で跳ねた時くらい。それだけではなんなので割り箸で橋をかける形に。泡の跳ねる水滴で湿っているとはいえ割と長く水上に出ていられるようだ。
流入口の向き
s2.jpg上部に吸い上げるためのe-roka改はインペラーを下に向けて置いてあるが、横方向への水流も作り出すため,ゴミを近くに集めても吸い込みがいまいち。なのでインペラーは横方向に向けて,ゴミを吸い寄せて、上方への流れは反対側の水作エイトドライブMの作り出す下方向の流れと合体させることで,水槽内の対流に無駄が無くなりそう
食い方に変化
n.jpg捕食者がいなくなって平和なネオンテトラ水槽。エネルギー消費量が減ったのか,餌への食いつき方が前よりも少ないような。
形勢逆転
z.jpg後からプラ水槽に移ったせいか,先住のライト嬢に押され気味のレフト君。平面だけでなく,立体的な逃げ場を作る必要がありそう。
2010/10/02
早くも小競り合い
z.jpgライト嬢のしばらく平穏だった日々は終りを告げた。レフト君の移送により同居生活スタート。ハサミで鉾を合わせる?的な小競り合い始まる。しばらくはテリトリー確認か
稲で濾過
s.jpg二番穂が出たものをザリガニ水槽に投入。泥はさすが臭う。嫌気バクテリアとか居そうだが,一応全部落とす。むき出しの根はペットボトルに入れ一緒にエアーストーンを突っ込む。これでどれだけ効果あるのか
移送完了
z.jpg抜け殻はハサミのみをガシガシ齧るまでの段階に達したので,そろそろプラ水槽に移そう。日に当てて温度も差がない状態に出来たし。
2010/10/01
イーエアー2000sbの落ち着き先
s2.jpgあれこれと置き方,場所と変え続けてみて、なんとか耐えれるような音になってきた。排出量も当面いじらずに二十四時間運転でやってみよう
嗅覚
z.jpgネオンテトラのために餌投入も、すぐにザリガニに嗅ぎつけられてしまう。それにしても食欲旺盛,脱皮後はしばらく大人しいもんだと思ってた
バランス感覚
z.jpgライト嬢が脱皮後にしばらくヨタヨタしていたのをみて、こんなもんだろうと思っていた。しかしレフト君、すでに動きが機敏である。ややもすると威嚇さえするという体がまだ柔らかいというのに大胆な。個体差ってあるもんだな。抜け殻を食い尽くしたらライト嬢の待つプラ水槽に移そう。待ってはいないか^^;