水系ペットに関するつぶやき的な( ´ ▽ )ノ。そしてボタニカルライフも少々

2021年11月
-
05
08
09
23
24
25
26
27
28
29
30
-
-
-
-
PROFILE
じょお

淡水系ペットを飼ってから幾年月、それこそペットボトルからプラケース、近年はガラス水槽、濾過、エアーレーションと機材(お金Σ(´∀`;))も投入し充実してきました。はたしてどこまで行くのやら。よろしく♪

大雑把な環境

心池18リットル/GEX SX-003N ICサーモスタット/クリスタルKC-600S60センチ水槽x2/GEXセーフカバー交換用ヒーターSH220/エーハイム2213×2/ステンレス浴槽池

生体

レモンテトラ:朱文金:カージナルテトラ

サブ的な環境と在庫

GEX e-roka イーロカ PF-201/GEX e-air2000SB/クリスタルブラック45センチ水槽/プログレ45センチ水槽/水心 SSPP―3S/水作エイト ドライブ M  水中ポンプ式フィルター/1.4 w birdbathソーラーポンプ

CATEGORY
RECENT
LINK
ARCHIVES
2021年11月分(38)
2021年10月分(49)
2021年09月分(25)
2021年08月分(32)
2021年07月分(39)
2021年06月分(52)
2021年05月分(63)
2021年04月分(27)
2021年03月分(12)
2021年02月分(5)
2021年01月分(2)
2020年12月分(4)
2020年11月分(3)
2020年10月分(5)
2020年09月分(1)
2020年08月分(1)
2020年07月分(9)
2020年06月分(12)
2020年05月分(7)
2020年04月分(5)
2019年12月分(4)
2019年11月分(1)
2019年10月分(8)
2019年09月分(25)
2019年08月分(24)
2019年07月分(7)
2019年06月分(19)
2019年05月分(14)
2019年04月分(13)
2019年03月分(3)
2019年02月分(3)
2019年01月分(2)
2018年12月分(12)
2018年11月分(21)
2018年10月分(14)
2018年09月分(14)
2018年08月分(9)
2018年07月分(14)
2018年06月分(3)
2018年05月分(11)
2018年04月分(39)
2018年03月分(27)
2018年02月分(7)
2018年01月分(22)
2017年12月分(35)
2017年11月分(35)
2017年10月分(73)
2017年09月分(38)
2017年08月分(11)
2017年07月分(14)
2017年06月分(31)
2017年05月分(40)
2017年04月分(46)
2017年03月分(36)
2017年02月分(1)
2016年09月分(1)
2016年04月分(3)
2016年03月分(1)
2015年07月分(1)
2014年08月分(1)
2014年05月分(3)
2013年12月分(2)
2013年10月分(2)
2013年08月分(7)
2013年07月分(8)
2013年06月分(6)
2013年05月分(6)
2013年04月分(7)
2013年03月分(7)
2013年02月分(3)
2013年01月分(4)
2012年12月分(4)
2012年11月分(18)
2012年10月分(3)
2012年09月分(7)
2012年08月分(1)
2012年07月分(7)
2012年06月分(22)
2012年05月分(53)
2012年04月分(16)
2011年08月分(6)
2011年07月分(84)
2011年06月分(16)
2011年05月分(32)
2011年04月分(11)
2011年03月分(9)
2011年02月分(6)
2011年01月分(1)
2010年12月分(3)
2010年11月分(28)
2010年10月分(96)
2010年09月分(101)
2010年08月分(74)
2010年07月分(15)
2009年10月分(1)
2009年09月分(2)
2009年08月分(2)
2009年07月分(1)
2009年06月分(2)
2009年04月分(2)
2009年03月分(2)
2009年02月分(9)
2009年01月分(6)
2008年12月分(5)
2008年11月分(3)
2008年09月分(1)
2008年08月分(1)
2008年07月分(14)
2008年03月分(3)
2008年01月分(2)
2007年08月分(1)
2007年07月分(3)
2007年06月分(5)
2007年05月分(6)
2007年04月分(11)
2006年12月分(1)
2006年11月分(4)
2006年10月分(11)
2006年09月分(77)
2006年08月分(37)
2006年07月分(28)
2006年06月分(55)
2006年05月分(68)
2006年04月分(66)
2006年03月分(52)
2006年02月分(24)
2006年01月分(39)
2005年12月分(61)
2005年11月分(40)
2005年10月分(33)
2005年09月分(14)
2005年08月分(20)
2005年07月分(23)
2005年06月分(39)
2005年05月分(32)
2005年04月分(34)
2005年03月分(31)
2005年02月分(13)
2005年01月分(18)
2004年12月分(35)
2004年11月分(46)
2004年10月分(51)
2004年09月分(50)
2004年08月分(23)
2004年07月分(28)
2004年06月分(6)
SEARCH
MYALBUM
PR




2018/07/31
熱中症により死亡?
子コリドラス小さいコリドラスが死んでいた。立て続けなので、嫌だなぁー。水槽内の三世代目かな、直近のもそうだったっけか。
水温計が横倒し状態なのではっきりしないが、30度超なのは確か。死因ははっきりしない・・・
人がいないときは精々遮光して室温を上げないようにするも、それがどれほどの効果か定かではない(;´Д`)
2018/07/29
ストック水草の始末
水草春まだ寒い4月に水草のストック用に立ち上げた水槽は、当初、熱心に手を加えていたが、ココ最近は全くの放置。Σ(´∀`;)
この気温であればすべて池の方に放り込んでおけば、いいかなぁ。そしてこの水槽はカラにして、寒い時期を迎えるまで待機。
木炭にウィローモス活着水槽はそのまま残そう。浮かんだり沈んだりしている木炭のやり場がないし・・・(^_^;)
水換え必至
熱帯魚水槽アイコン2二週間くらいは水替えせずとも大丈夫そうとわかっても、さすがにコリドラスの死骸を放置はできず。水換えを行う。
その過程でブヨブヨとしたポトスの根を切り取る。根、というか、茎だ。
明日は朱文金水槽の水換え予定。こちらは前回に除去し切れなかったゴミと化したアナカリスの残骸を撤去(-_-;)
今年も咲いたアナカリスの花
水草白く小さい可憐なアナカリスの花が池に咲いた。ふたつ、3つ(^o^)
2018/07/28
再稼働問題の解決
機材.jpgエーハイム2213壱号機の騒音に対しては、その周りを段ボールや発泡スチロールで囲ってみたり。
しかしこの暑さでエアコン、扇風機が活躍するとなると、不思議と、というか当然か、そちらの稼働音に紛れて、気にならなくなっている。
さらに本体自体の音が落ち着いた?ような感じもしてきた(;^ω^)
24時間運転をこのまま続ける!!
正夢
子コリドラス「なにか水槽に浮かんでるなぁー」って、よくよく見れば、コリドラスだった(´;ω;`)
って夢を見て、起きたら一尾、死んでいた。(・・;)
浮いてはいず、底に横たわっていたが、、、(´・ω・`)
2018/07/16
夜間停止
機材.jpgエーハイム2213壱号機の騒音はインペラーなのかスピンドルなのか、それともまさかの「モーター」?
切り分けるまで、寝るときは電源OFF
濾過バクテリアなど知らん!!(;^ω^)
それに比べてエーハイム2213弐号機の静かなことと言ったら(*´ω`*)
禿げ
朱文金2.jpg色の抜けてきた紅白の朱文金、よく見れば鱗が剥がれたところ多数。大丈夫か(;一_一)
白化現象
水草水温30度ともなると、アナカリスが白く、葉がバラバラになってきた。水換えついでの掃除で片付けようと思ったら、一度じゃ無理。もぅ面倒(-_-)
2018/07/12
完全に裏目
機材.jpg気合を入れてからすでに四日後Σ(´∀`;)、エーハイム2213壱号機の掃除を実施。パイプ類含め、キレイキレイになった。さて始動。が、目的の音を静かにするどころか、逆にデカくなってしまったんじゃないか・・・(¯―¯٥)
揺すってエア抜きをしていたら、排水パイプのジョイント部が外れて大洪水(@_@。
はぁぁぁぁ、また畳が・・・
2018/07/10
間隔二週間以上
熱帯魚水槽アイコン2いつ換えたんだっけ、というくらい熱帯魚水槽の水換えをしていなかった。三週間はないよなぁー、と思いながら、換水完了。ただそんなに生体に不都合があるようには見えないが。んー、そうキッチリ一週間と決めずともよいかな。( ゚д゚)
2018/07/08
エーハイム2213,壱号機の掃除
機材.jpg微妙に音が気になってきたので、やるぞ、やるぞ、やるぞ、とまずは気合を入れて、飯食ってから、やろうΣ(´∀`;)
退色
朱文金2.jpg紅白の朱文金の体色が、赤が抜けて妙に白っぽくなってきた。室内温度上昇を少しでも抑止するため、窓際の障子は閉めっぱなしで直射日光はあたってないことはある。
他の二尾の色見については気にならないので、その個体特有ということであれば、やはり歳かなぁ(p_-)
日常
子コリドラス何かと忙しく、コリドラスが死んだことにも淡々と水換えと同時に「処理」した自分に対して、少し悲しくもあった(¯―¯٥)