水系ペットに関するつぶやき的な( ´ ▽ )ノ。そしてボタニカルライフも少々

2022年5月
04
05
06
07
09
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
31
-
-
-
-
PROFILE
じょお

淡水系ペットを飼ってから幾年月、それこそペットボトルからプラケース、近年はガラス水槽、濾過、エアーレーションと機材(お金Σ(´∀`;))も投入し充実してきました。はたしてどこまで行くのやら。よろしく♪

大雑把な環境

心池18リットル/GEX SX-003N ICサーモスタット/クリスタルKC-600S60センチ水槽x2/GEXセーフカバー交換用ヒーターSH220/エーハイム2213×2/ステンレス浴槽池

生体

レモンテトラ:朱文金:カージナルテトラ

サブ的な環境と在庫

GEX e-roka イーロカ PF-201/GEX e-air2000SB/クリスタルブラック45センチ水槽/プログレ45センチ水槽/水心 SSPP―3S/水作エイト ドライブ M  水中ポンプ式フィルター/1.4 w birdbathソーラーポンプ

CATEGORY
RECENT
LINK
ARCHIVES
2022年05月分(11)
2022年04月分(16)
2022年03月分(21)
2022年02月分(22)
2022年01月分(10)
2021年12月分(9)
2021年11月分(43)
2021年10月分(49)
2021年09月分(25)
2021年08月分(32)
2021年07月分(39)
2021年06月分(52)
2021年05月分(63)
2021年04月分(27)
2021年03月分(12)
2021年02月分(5)
2021年01月分(2)
2020年12月分(4)
2020年11月分(3)
2020年10月分(5)
2020年09月分(1)
2020年08月分(1)
2020年07月分(9)
2020年06月分(12)
2020年05月分(7)
2020年04月分(5)
2019年12月分(4)
2019年11月分(1)
2019年10月分(8)
2019年09月分(25)
2019年08月分(24)
2019年07月分(7)
2019年06月分(19)
2019年05月分(14)
2019年04月分(13)
2019年03月分(3)
2019年02月分(3)
2019年01月分(2)
2018年12月分(12)
2018年11月分(21)
2018年10月分(14)
2018年09月分(14)
2018年08月分(9)
2018年07月分(14)
2018年06月分(3)
2018年05月分(11)
2018年04月分(39)
2018年03月分(27)
2018年02月分(7)
2018年01月分(22)
2017年12月分(35)
2017年11月分(35)
2017年10月分(73)
2017年09月分(38)
2017年08月分(11)
2017年07月分(14)
2017年06月分(31)
2017年05月分(40)
2017年04月分(46)
2017年03月分(36)
2017年02月分(1)
2016年09月分(1)
2016年04月分(3)
2016年03月分(1)
2015年07月分(1)
2014年08月分(1)
2014年05月分(3)
2013年12月分(2)
2013年10月分(2)
2013年08月分(7)
2013年07月分(8)
2013年06月分(6)
2013年05月分(6)
2013年04月分(7)
2013年03月分(7)
2013年02月分(3)
2013年01月分(4)
2012年12月分(4)
2012年11月分(18)
2012年10月分(3)
2012年09月分(7)
2012年08月分(1)
2012年07月分(7)
2012年06月分(22)
2012年05月分(53)
2012年04月分(16)
2011年08月分(6)
2011年07月分(84)
2011年06月分(16)
2011年05月分(32)
2011年04月分(11)
2011年03月分(9)
2011年02月分(6)
2011年01月分(1)
2010年12月分(3)
2010年11月分(28)
2010年10月分(96)
2010年09月分(101)
2010年08月分(74)
2010年07月分(15)
2009年10月分(1)
2009年09月分(2)
2009年08月分(2)
2009年07月分(1)
2009年06月分(2)
2009年04月分(2)
2009年03月分(2)
2009年02月分(9)
2009年01月分(6)
2008年12月分(5)
2008年11月分(3)
2008年09月分(1)
2008年08月分(1)
2008年07月分(14)
2008年03月分(3)
2008年01月分(2)
2007年08月分(1)
2007年07月分(3)
2007年06月分(5)
2007年05月分(6)
2007年04月分(11)
2006年12月分(1)
2006年11月分(4)
2006年10月分(11)
2006年09月分(77)
2006年08月分(37)
2006年07月分(28)
2006年06月分(55)
2006年05月分(68)
2006年04月分(66)
2006年03月分(52)
2006年02月分(24)
2006年01月分(39)
2005年12月分(61)
2005年11月分(40)
2005年10月分(33)
2005年09月分(14)
2005年08月分(20)
2005年07月分(23)
2005年06月分(39)
2005年05月分(32)
2005年04月分(34)
2005年03月分(31)
2005年02月分(13)
2005年01月分(18)
2004年12月分(35)
2004年11月分(46)
2004年10月分(51)
2004年09月分(50)
2004年08月分(23)
2004年07月分(28)
2004年06月分(6)
SEARCH
MYALBUM
PR




2022/05/30
ホテイ草を購入
水草池の水がキレイにならないので、不健康な汚れというわけではないが、透明度を上げられるかな、と思い、ホムセンで、ホテイ草を三株購入。

富栄養であれば、大きく育つだろう。楽しみ(^o^)
2022/05/15
ヒートテック本格活用
機材.jpg穴の空いたヒートテックを水槽のガラス汚れ落としにどっぷり使った。

主に内側、茶色っぽい汚れに。

手を突っ込んで生体の右往左往を無視(;´∀`)し、ゴシゴシ。
まぁ、そんなに力も要らんかなー
水を減らす
ポトス水槽アイコン生体水槽から抜いて捨てる水を再利用?というか、その汚れを肥料して使っているポトス水槽。

その45センチ水槽に24リットルまで入れていたが、根が浸るくらいでいいんだろうから、12リットル程度にした。
2022/05/11
魚を洗う
機材.jpgアクアテラリウム水槽に入れていたヤマメと鮎に汚れが付いてきた。

ハンドソープで洗う。

以後は、水槽前に飾るようにしようかな

ヤマメとアユ
2022/05/10
黒っぽい汚れ
滝水槽アイコン滝水槽の水中ガラス部分に苔ができていた。

入れてる植物による何かの有機物がえいようになっているのだろうか
(・・?

こけ
ネオプロス使い切り
機材.jpg熱帯魚水槽用の餌であるネオプロスを使い切った。
50グラムというのも適切な量だったと思う。
使い始めた瞬間から劣化は始まるものだから。

そして、ヨドバシ・ドット・コムで新しいのが今日届くはずだ(^o^)

ネオプロス
2022/05/08
浸水2
機材.jpg台所天井水滴り事件で、ヤレヤレと思いつつ、週末の水槽水換えを続行。

まずは朱文金水槽。一心不乱に砂利の間の汚れを吸い取っていたら、はて?、膝が冷たいぞ。

8リットルのポリバケツから水が畳に溢れてる( ゚д゚)ハッ!

また畳にびしょ濡れ・・・

一日に二回とは。

「和室により洋室がいいな」って話ではないか

(;´∀`)
不穏な音
機材.jpgポトス水槽からポリタンクへサイフォンの原理をそのままに水を抜いて、、、

その間に朝飯の準備。(^o^)

すると、水?、なにか水の滴る音がする。見渡すと水回りになんの変化もないが、、、怖い、怖いぞ、これは!!

で、あれだー!!と気がついた。そう、二階で進行中の水抜き。

ポリタンクの容量に比して、圧倒的に45センチ水槽の水量が多いんだった
(T_T)

階段を駆け上がると、ちょうど畳と畳の間に置いていたポリタンクから水が滴っていた。

それが台所の天井に、ということだった。(゜o゜;

も〜、嫌(# ゚Д゚)

台所の天井に広くシミが広がるとともに、水がポタポタ、、、

も〜、嫌(# ゚Д゚)
2022/05/03
水槽内、レイアウト変更
第参水槽アイコン第参水槽の水換えついでに、レイアウトを若干変更。

溶岩石を下敷きにウールマットを載せて、その上に水作エイトドライブMを乗っける形。
2022/05/02
アナカリス再生増殖計画
水草池のアナカリスがバラバラになって溶けたので、室内水槽のアナカリスを取ってきて、池に投入する。

朱文金水槽からはほぼ全部、熱帯魚水槽からは少量残して、取り出す。

光量という面では、外最強だろうから、結構増えるんではなかろうか。

池の水質面については、もう少しまめに、定期的に水換えしたほうが良さそう。
2022/05/01
「お魚くわえたどら猫」は存在するのか
池池のシュブンキン行方不明事件は死亡宣告の確定をするしかない状況で、幕を下ろした。

その池を覗き込むと、残ったシュブンキンが心なしか警戒レベルが上ったかのような、素早い泳ぎを見せて、視線から消えていく。

先日の水換え時に、池の端に鳥の糞のようなものがあったので、鳥類、
盛の付いた猫を見かけたので、其れかと、推測はしたが、まぁまぁ当該のシュブンキンがデカいので、鳥はないかなー。

猫は猫パンチでこれをゲット?、、、ウ〜ン(~_~;)、未だに失った悔いは消えない。