水系ペットに関するつぶやき的な( ´ ▽ )ノ。そしてボタニカルライフも少々

2021年11月
-
05
08
09
23
24
28
29
30
-
-
-
-
PROFILE
じょお

淡水系ペットを飼ってから幾年月、それこそペットボトルからプラケース、近年はガラス水槽、濾過、エアーレーションと機材(お金Σ(´∀`;))も投入し充実してきました。はたしてどこまで行くのやら。よろしく♪

大雑把な環境

心池18リットル/GEX SX-003N ICサーモスタット/クリスタルKC-600S60センチ水槽x2/GEXセーフカバー交換用ヒーターSH220/エーハイム2213×2/ステンレス浴槽池

生体

レモンテトラ:朱文金:カージナルテトラ

サブ的な環境と在庫

GEX e-roka イーロカ PF-201/GEX e-air2000SB/クリスタルブラック45センチ水槽/プログレ45センチ水槽/水心 SSPP―3S/水作エイト ドライブ M  水中ポンプ式フィルター/1.4 w birdbathソーラーポンプ

CATEGORY
RECENT
LINK
ARCHIVES
2021年11月分(43)
2021年10月分(49)
2021年09月分(25)
2021年08月分(32)
2021年07月分(39)
2021年06月分(52)
2021年05月分(63)
2021年04月分(27)
2021年03月分(12)
2021年02月分(5)
2021年01月分(2)
2020年12月分(4)
2020年11月分(3)
2020年10月分(5)
2020年09月分(1)
2020年08月分(1)
2020年07月分(9)
2020年06月分(12)
2020年05月分(7)
2020年04月分(5)
2019年12月分(4)
2019年11月分(1)
2019年10月分(8)
2019年09月分(25)
2019年08月分(24)
2019年07月分(7)
2019年06月分(19)
2019年05月分(14)
2019年04月分(13)
2019年03月分(3)
2019年02月分(3)
2019年01月分(2)
2018年12月分(12)
2018年11月分(21)
2018年10月分(14)
2018年09月分(14)
2018年08月分(9)
2018年07月分(14)
2018年06月分(3)
2018年05月分(11)
2018年04月分(39)
2018年03月分(27)
2018年02月分(7)
2018年01月分(22)
2017年12月分(35)
2017年11月分(35)
2017年10月分(73)
2017年09月分(38)
2017年08月分(11)
2017年07月分(14)
2017年06月分(31)
2017年05月分(40)
2017年04月分(46)
2017年03月分(36)
2017年02月分(1)
2016年09月分(1)
2016年04月分(3)
2016年03月分(1)
2015年07月分(1)
2014年08月分(1)
2014年05月分(3)
2013年12月分(2)
2013年10月分(2)
2013年08月分(7)
2013年07月分(8)
2013年06月分(6)
2013年05月分(6)
2013年04月分(7)
2013年03月分(7)
2013年02月分(3)
2013年01月分(4)
2012年12月分(4)
2012年11月分(18)
2012年10月分(3)
2012年09月分(7)
2012年08月分(1)
2012年07月分(7)
2012年06月分(22)
2012年05月分(53)
2012年04月分(16)
2011年08月分(6)
2011年07月分(84)
2011年06月分(16)
2011年05月分(32)
2011年04月分(11)
2011年03月分(9)
2011年02月分(6)
2011年01月分(1)
2010年12月分(3)
2010年11月分(28)
2010年10月分(96)
2010年09月分(101)
2010年08月分(74)
2010年07月分(15)
2009年10月分(1)
2009年09月分(2)
2009年08月分(2)
2009年07月分(1)
2009年06月分(2)
2009年04月分(2)
2009年03月分(2)
2009年02月分(9)
2009年01月分(6)
2008年12月分(5)
2008年11月分(3)
2008年09月分(1)
2008年08月分(1)
2008年07月分(14)
2008年03月分(3)
2008年01月分(2)
2007年08月分(1)
2007年07月分(3)
2007年06月分(5)
2007年05月分(6)
2007年04月分(11)
2006年12月分(1)
2006年11月分(4)
2006年10月分(11)
2006年09月分(77)
2006年08月分(37)
2006年07月分(28)
2006年06月分(55)
2006年05月分(68)
2006年04月分(66)
2006年03月分(52)
2006年02月分(24)
2006年01月分(39)
2005年12月分(61)
2005年11月分(40)
2005年10月分(33)
2005年09月分(14)
2005年08月分(20)
2005年07月分(23)
2005年06月分(39)
2005年05月分(32)
2005年04月分(34)
2005年03月分(31)
2005年02月分(13)
2005年01月分(18)
2004年12月分(35)
2004年11月分(46)
2004年10月分(51)
2004年09月分(50)
2004年08月分(23)
2004年07月分(28)
2004年06月分(6)
SEARCH
MYALBUM
PR




2021/11/27
久々のカージナルテトラ2019
カージナルテトラ.jpg最近は流木の後ろに居る姿しか見ない導入年2019のカージナルテトラ。開けた所に出てこないので、餌はほぼほぼ喰ってない。大丈夫か(・・;)

今日、久々に他の生体と混泳しているのを観た。

おそらくLEDテープライトで水槽内をド明るくしたのに反応したのだろう。
しかしそれも一時的なものだったようで、また定位置に戻ってしまった。

ただ水流の関係から、「たまたま」餌がその流木のあたりに流れ着いたのを食べていたのを目撃したので、食べれなくなってはいない、と一安心はした。

このままなら痩せていくだけ、というのは、あるなー(;´Д`)
水槽バックライトの導入 制作編
機材.jpg5メートルのLEDテープライトを、そこにあったダンボールに貼り付ける。


LEDテープライト



それを保温対策で水槽を包んでいる白い緩衝材の後ろに置く。

完成w

グラデーションっぽくはないので、ガラスとLEDの間に薄い紙のような何かをいれて調整すれば、良さげ
2021/11/26
水槽バックライトの導入
機材.jpgテトラ社のライトで照らしている熱帯魚水槽。
見ている分には不足はないが、apexcamで動画撮影すると暗い感じは否めない。

まぁ、照明をパワーアップすれば問題ないのだが。(;´∀`)

バックライトってどうなの、と気になっていたので、LEDテープライトを使った自作バックライト作成動画を観たりして、自分もやってみた。

商品が届いたので、保温のために巻いている白い保護材越し、後ろの水槽との狭い間に、LEDテープライトをウネウネとタダ置いてみると、かなり明るい。

ちゃんと設置するのは週末かな。
2021/11/25
google検索 カラシン 水流
熱帯魚水槽アイコン思い出したようにイジっているエーハイム2213のシャワーパイプの向き。

その度に検索して、先人の方の知恵を読んだりしている。

色々と変えて観てるが、

シャワーパイプ


1、でやると、反対側のガラス面に当たって、それに向かって生体が泳ぐ。
2,も大体同じ。両方、浮かせてるアナカリスが流れるので、見た目イマイチ。

3,4はこの季節、空気に触れるので水が冷える。ヒーター効率の問題あるかも。

5,水槽中に流れが見えない。その分、生体の動きが「自由」、かなー。

とりあえず、今、5
2021/11/22
撮影機材の購入
機材.jpgオリンパスのデジカメにUSB接続する端子の接触が良くない。
これでパソコンに写真を転送するので、ここが駄目になると、実質もうお終い。

そこで、アクションカメラを購入。写真はもちろん動画撮影も出来るし。
今まで使っていた機材よりは、画質アップだろうし。

水中撮影のハウジングを使うのが楽しみ٩(♡ε♡ )۶
水漏れの確認は明日にしよう


レモンテトラ

熱帯魚水槽



んー、違いがわからんw
目立つカワコザラガイ
熱帯魚水槽アイコン モノノケにいさんアクアリウムチャンネル さんの動画を観ていたら、見たことのある貝が出てきた。

それが我が熱帯魚水槽にも居るカワコザラガイだった(-_-;)

レモンテトラを買ったときに付いて来たような気がする。(・・;

ガラス面からカワコザラガイを叩き落として水中を浮遊させれば、レモンテトラが食ってはくれるが・・・

対策的なものをしてみようかと想う、雨の勤労感謝の日イブであった(;´∀`)
予め水温を上げて、換水
機材.jpg水温管理していない水槽は、汲み置きの水て換えればよい。

汲み置きの用意がなかったので、買い替えで使わなくなった予備ヒーターを引っ張りだして、ポリタンクの水を温めた。

温めたものの、今晩、汲み置けばいいや、と考え直し(^_^;)
その水は、熱帯魚水槽で使う。

熱帯魚水槽は少しづつ新しい水を入れれば、ヒーターが何とかしてくれるので(;´∀`)、気にしなくても、とは思う。
2021/11/21
フンで腸内環境を知る
朱文金2.jpg朱文金水槽の水面に浮いてる物があった。どーもフンのようだ。

水温の低下により、朱文金の体調の変化を感じる。これからの季節、餌の量は控え気味にすることを心がけよう。
2021/11/20
止水栓、再装着
機材.jpgエーハイム2213のシャワーパイプの端をガラス面にや押し付けてその間隔によって、シャワー穴の水流を調整していた。

ヒーターで温まった水の撹拌という観点から、もう少し横の流れを強くしても良いのかな、ということで、止水栓を装着し、シャワーパイプからの流れ強め、にした。
2021/11/19
時間差での餌やり
機材.jpgヒカリのネオプロスでの適正量/回を探り探り、観察しつつ。

レモンテトラが群がり餌を食って、満腹なのか、あるいは餌の水に浸ってからの時間変化の故か、あるタイミングで食わなくなる。

なので、そこからカージナルテトラのために、餌投下。

この二回を一度に投入すると、生体がワチャワチャしすぎて、底に落ちるネオプロスが出てしまう。

多少の時間差があったほうが、餌のムダがない。

ひかりクレストカラシンの時は、落ちたものは後で食べていたようだが、
落ちたネオプロスを食べているのかは、確認できてない。
2021/11/18
カリウム溶液は池専用に
池室内水槽のカリウム溶液添加は止めたので、
このあたりは気まぐれというか(;´∀`)なんというか

ペットボトルに入れていたソレを、池専用のカリウム溶液添加プッシュボトルにマージ。

キャップで計って入れていた頃と比べると、プッシュ楽(^o^)
2021/11/17
カリウム過多の疑い
第参水槽アイコン第参水槽の餌やりをしているときに、ガラス面の汚れに気がついた。

薄く黒っぽいコケ?かなー。即、歯ブラシで擦り落とす。

硫酸加里から精製したカリウム溶液を添加したのが最近の変化なので、水草との割合として、添加量が多いのかもしれない。

やめよう(;´∀`)
2021/11/16
各水槽のPH
機材.jpgPHメーターは、目についた所に置いているものの、あまり使わない。元々、トラブル時の不安で手を出したものではあるので、安定していれば、特には・・・って感じ(^_^;)

生体水槽は6.5,6.7,6.6の数値が出た。

吉田観賞魚本店・GGガーデンズ 新宿京王店のブログ

水質弱酸性(弱アルカリ性)神話、崩れたり!!
によると、

そもそも、pH7が中性とされていますが、pH6〜8が本当の中性です。


ということ。だとすると熱帯魚、朱文金は中性の水を泳いでるということになる。
そして、

アマゾン川の水は本気で弱酸性です。pHは3ちょいぐらいです。


というのを読んで、
昔、飼っていたコリドラスはそのくらいの値でいた時期があったかもしれない、と、PHメーター無し時代を思い出した。
アクアテラリウム水槽、完成
滝水槽アイコンアクアリウムの滝水槽にシャワークライミングの人々を配置して、レイアウトとしての完成をみた\(^o^)/

滝の上部に達して



途上の人々、



全体はこんな感じ



水中には、ヤマメとアユ。

ヤマメとアユ
2021/11/15
シャワークライミングの人々、塗装完成
滝水槽アイコンアクリジョンのバックパック塗装、乾燥を終わって、
「シャワークライミングの人々」が完成\(^o^)/



意図せず、バックパックの色に違いが出てしまったが、結果オーライ。