ホームセンターで買った小赤、朱文金、コリドラス、カージナルテトラなど、水系ペットに関するつぶやき的な

2019年3月
-
-
-
-
-
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
-
-
-
-
-
-
PROFILE
じょお

淡水系ペットを飼ってから幾年月、それこそペットボトルからプラケース、近年はガラス水槽、濾過、エアーレーションと機材(お金Σ(´∀`;))も投入し充実してきました。はたしてどこまで行くのやら。よろしく♪

大雑把な環境

心池18リットル/GEX SX-003N ICサーモスタット/クリスタルKC-600S60センチ水槽x2/GEXセーフカバー交換用ヒーターSH220/エーハイム2213×2/ステンレス浴槽池

生体

小赤:コリドラス:朱文金:カージナルテトラ

サブ的な環境と在庫

GEX e-roka イーロカ PF-201×2/GEX e-air2000SB/クリスタルブラック45センチ水槽/プログレ45センチ水槽/水心 SSPP―3S/水作エイト ドライブ M  水中ポンプ式フィルター/1.4 w birdbathソーラーポンプ

CATEGORY
MYALBUM
LINK
SEARCH
PR




2019/03/01
四週目を過ぎた
kc-600s-no2.jpg熱帯魚水槽は水換えをせずに五週目を迎えようとしている。ポトスとウィローモスで生体とのバランスが保たれている、という期待をしつつ、そろそろ換えないとまずいかなあ、、、(´-).。oO
新人参戦
子コリドラス第四世代のコリドラスが餌を撒く砂場に姿を見せた。他のコリドラスとサイズの違いは歴然なものの、餌取り合戦で健闘してほしい(*´ω`*)
2019/02/22
第四世代の登場
子コリドラス餌に群がるコリドラスたちをボーッと眺めていたら、視線の端に動くものを捉えた。なんとコリドラスの稚魚(゚∀゚)
卵はもちろん見てはいなかったし突然な感じ。稚魚というより、すでに仔魚レベルの大きさかも。
誰が生んだのか定かではないが、第四世代と名付けよう( ´ ▽ )ノ
2019/02/18
泥さらいの予感
池雪が少なく去年のように朱文金池を何日も覆うようなことはなかった。その分、アナカリスが枯れたのも少ないように思う。朱文金群の姿は確認できたが、何尾かは死んでるのかもしれない。
ため水を流し込んでの池の匂い確認。そう臭くはないものの、底の汚れを早めに取る必要はあるだろう。(゜-゜)
2019春生存確認
k.jpg時にまだ氷が張る日がある。今日は幾分温いので、ウィローモスが茂った飛び出し防止ネットをそっと上げて覗く。小赤、生きていた(・∀・)
2019/01/01
寒さのせいか
朱文金2.jpg朱文金(メス(小))が底でじっとして動かない。昨日はやや浮き気味でだったけど、、、
他の二尾は普通に泳いでるので、どーも気にはなる。寿命ってのもありか(´-).。oO
一旦、撤去
水草朱文金水槽のアナカリスとウィローモスが水槽内のスペースを食って窮屈な感じがしたので、全部を水草ストック水槽に移した。浄化についてはろ材のみで様子を見よう(゜_゜)
2018/12/29
イレギュラーな動きの物体
熱帯魚水槽アイコンゴミのように見えなくもなかったが、その一瞬の不可思議な動きからして何かの稚魚のように見えた。カージナルテトラでなければ、コリドラスであろうか。それにしてもこの時期に?(・・;
2018/12/24
ペットボトル濾過の変更
機材.jpgエーハイムサブストラットプロをペットボトルに入れて、そこに排水ホースを突っ込んでいたものを水が入る方と出る方に分ける的な変更。以前はこれ。

サブストラットプロ
ペットボトルの蓋に適当に穴を開けホースを通し、底には錐で穴をいくつか。
直立するには水槽の高さが足りないし、水流的には上方向にしたいので、結束バンドでボトルに引っかかりを作り、吸盤でなんとか斜め方向にした。
まぁこんなもんか\(^o^)/
そして写真でこんな感じ。

エーハイムサブストラットプロ
2018/12/23
エーハイム2213の音の元
機材.jpgモーターヘッドからの振動が排水側のホースを伝わり、水槽の縁に係るパイプ、これがその縁のプラと振動、どーもそんな感じ。
そこのとこにプチプチやらを咥ませとけば、気になっていた音は低減。
根本原因がここだとすれば、ホースを伸ばして本体を遠ざけたところで、解決はしなかったわけだ。四メートル×2のホース、いつ使う?(-_-;)