水系ペットに関するつぶやき的な( ´ ▽ )ノ。そしてボタニカルライフも少々

2021年10月
-
-
-
-
-
03
04
05
07
11
13
14
28
29
30
31
-
-
-
-
-
-
PROFILE
じょお

淡水系ペットを飼ってから幾年月、それこそペットボトルからプラケース、近年はガラス水槽、濾過、エアーレーションと機材(お金Σ(´∀`;))も投入し充実してきました。はたしてどこまで行くのやら。よろしく♪

大雑把な環境

心池18リットル/GEX SX-003N ICサーモスタット/クリスタルKC-600S60センチ水槽x2/GEXセーフカバー交換用ヒーターSH220/エーハイム2213×2/ステンレス浴槽池

生体

レモンテトラ:朱文金:カージナルテトラ

サブ的な環境と在庫

GEX e-roka イーロカ PF-201/GEX e-air2000SB/クリスタルブラック45センチ水槽/プログレ45センチ水槽/水心 SSPP―3S/水作エイト ドライブ M  水中ポンプ式フィルター/1.4 w birdbathソーラーポンプ

CATEGORY
RECENT
ARCHIVES
2021年10月分(43)
2021年09月分(25)
2021年08月分(32)
2021年07月分(39)
2021年06月分(52)
2021年05月分(63)
2021年04月分(27)
2021年03月分(12)
2021年02月分(5)
2021年01月分(2)
2020年12月分(4)
2020年11月分(3)
2020年10月分(5)
2020年09月分(1)
2020年08月分(1)
2020年07月分(9)
2020年06月分(12)
2020年05月分(7)
2020年04月分(5)
2019年12月分(4)
2019年11月分(1)
2019年10月分(8)
2019年09月分(25)
2019年08月分(24)
2019年07月分(7)
2019年06月分(19)
2019年05月分(14)
2019年04月分(13)
2019年03月分(3)
2019年02月分(3)
2019年01月分(2)
2018年12月分(12)
2018年11月分(21)
2018年10月分(14)
2018年09月分(14)
2018年08月分(9)
2018年07月分(14)
2018年06月分(3)
2018年05月分(11)
2018年04月分(39)
2018年03月分(27)
2018年02月分(7)
2018年01月分(22)
2017年12月分(35)
2017年11月分(35)
2017年10月分(73)
2017年09月分(38)
2017年08月分(11)
2017年07月分(14)
2017年06月分(31)
2017年05月分(40)
2017年04月分(46)
2017年03月分(36)
2017年02月分(1)
2016年09月分(1)
2016年04月分(3)
2016年03月分(1)
2015年07月分(1)
2014年08月分(1)
2014年05月分(3)
2013年12月分(2)
2013年10月分(2)
2013年08月分(7)
2013年07月分(8)
2013年06月分(6)
2013年05月分(6)
2013年04月分(7)
2013年03月分(7)
2013年02月分(3)
2013年01月分(4)
2012年12月分(4)
2012年11月分(18)
2012年10月分(3)
2012年09月分(7)
2012年08月分(1)
2012年07月分(7)
2012年06月分(22)
2012年05月分(53)
2012年04月分(16)
2011年08月分(6)
2011年07月分(84)
2011年06月分(16)
2011年05月分(32)
2011年04月分(11)
2011年03月分(9)
2011年02月分(6)
2011年01月分(1)
2010年12月分(3)
2010年11月分(28)
2010年10月分(96)
2010年09月分(101)
2010年08月分(74)
2010年07月分(15)
2009年10月分(1)
2009年09月分(2)
2009年08月分(2)
2009年07月分(1)
2009年06月分(2)
2009年04月分(2)
2009年03月分(2)
2009年02月分(9)
2009年01月分(6)
2008年12月分(5)
2008年11月分(3)
2008年09月分(1)
2008年08月分(1)
2008年07月分(14)
2008年03月分(3)
2008年01月分(2)
2007年08月分(1)
2007年07月分(3)
2007年06月分(5)
2007年05月分(6)
2007年04月分(11)
2006年12月分(1)
2006年11月分(4)
2006年10月分(11)
2006年09月分(77)
2006年08月分(37)
2006年07月分(28)
2006年06月分(55)
2006年05月分(68)
2006年04月分(66)
2006年03月分(52)
2006年02月分(24)
2006年01月分(39)
2005年12月分(61)
2005年11月分(40)
2005年10月分(33)
2005年09月分(14)
2005年08月分(20)
2005年07月分(23)
2005年06月分(39)
2005年05月分(32)
2005年04月分(34)
2005年03月分(31)
2005年02月分(13)
2005年01月分(18)
2004年12月分(35)
2004年11月分(46)
2004年10月分(51)
2004年09月分(50)
2004年08月分(23)
2004年07月分(28)
2004年06月分(6)
LINK
SEARCH
MYALBUM
PR




2021/09/29
第参水槽のコケ
kc-600s-3第参水槽の水換え頻度は3週間間隔になっている。
参、だから3,ではなく偶々(;´∀`)

ふと見ると、壁面にコケのがついていた。それはスクレイパーで擦り落としたものの、意外と富栄養だったんだな。それとも高光量なのかな。

もうちょい水草増やすか、水換え間隔を短くするか。( ゚д゚)ポカーン
2021/09/26
頼みの綱
機材.jpgフロートの接着でアロンアルファEXを、固まってる吐出口をクリップで突き刺して使おうとするも、液が出ない。

どんだけ固まってるんだよ、と思い、容器を切って液を使う。

しかし切ってみたものの、液自体がすでに無かった(´・ω・`)
そんなに使った記憶もないのだが。

まぁ、瞬間接着剤を使い切った記憶がない自分としては、(;´∀`)
達成感がなくもないが・・・

そして結局、フロートの接着は断念。リニューアル前のフロートを引っ張り出して使う。

一歩進んで二歩下がる(¯―¯٥)
2021/09/25
フロートの修正
機材.jpg餌用フロートの環が歪んでいるand傾きのため、餌が沈む前に水面に流れ出してしまう。水流によるフロート自体の水面移動も気になる。

そのため一度水槽から取り出して、ねじれ解消、チューブ内への水侵入阻止対策、ガラス面固定の仕組みを施す。

接着剤によるシリコンチューブの接着と、磁石の活用、ということになるだろう。

フロート
心水池のウィローモス 秋分過ぎ
水草初夏からモスの爆殖を期待していた心水池。

思っていたより増えてない。はぁ〜〜(`;ω;´)
ひょっとして全然・・・

水換えの頻度が少ないのも良くなかったのかなー。栄養?

太陽光の直撃を避ける覆いの板が良くなかったのかなー。その熱で煮えたらどうもこうもないし。

秋の日差しに期待(;´∀`)
2021/09/24
無駄にはなってない模様
機材.jpgキョーリンのひかりクレスト カラシンは少しづつユックリ沈むので、レモンテトラ、カージナルテトラの成魚があらかた食べる。

そして底床に近いところで泳いでいるレモンテトラの幼魚には届かない構図。

なので、フロート内に浮いている餌を人手でかき混ぜ一気に沈ませると、これはこれで全魚でもキャッチしきれず、底に落ちてしまう。

水中に漂う餌しか食わないからなー、と見ていたら、少しは底をツツいてはいた。

大磯砂と田砂が混じった底面なので、食いにくそう。

餌が着地しそうな場所は、砂類を除けて、ベア化するか(。・_・。)
2021/09/23
なぜ発生、ウヨウヨ
progr45滝水槽の水中を見ていると、ゴミ???
白いのが動いて流れていく(゜o゜;

あのミズミミズかぁ・・・(´・ω・`) しかしどこから。

滝水槽には生体は居ない。有るのは溶岩石、拾った石、苔、大磯砂、ウールマット、、んー、侵入経路がわからない。

まぁ、「何か」に付いていたんだろう、生きているんだから。

苔への影響を考えなければ、キッチンハイターでも入れたいところ、気分的に(¯―¯٥)
キョーリン ネオプロスお試し
機材.jpg餌の変遷は色々あり行きつ戻りつで、今のところは、キョーリン ひかりクレスト カラシンで。

見ていると熱帯魚らの餌の食いつきがいいので、季節?水温?
買ったものの様子があれだったので置いていたキョーリンのネオプロスを投入してみることに。

フレーク1枚をピンセットで沈める。ひらーっ、と落ちた、ら
瞬食
レモンテトラ1個体の一人勝ち、早っ

消費期限もあるだろうし、併用して使おうかな(^○^)
前へ
レモンテトラ熱帯魚水槽で2尾目となるレモンテトラの稚魚が頻繁に目撃されるようになった。
1尾目と同じように底面からは離れないものの、餌取り合戦にもそろそろと参加する勢い。

3尾目の針子についてはあれ以来見ていない。
2021/09/20
さらっと池の掃除
池ベアタンク化した池の底をサクッとホースで攫って、汚れを排出。水は多い量ではないが、その一緒に排出した分を、水道で換水。

ホテイアオイはレタスのように巨大になっており、アナカリスは何度目かの小さい白い花を咲かせていた。

蚊がブンブン舞う中での作業は、まだ気温が高いことを実感。
蚊を避けるために着たフード付きレインコートで実際のところ汗だく
(笑)
2021/09/19
まだまだ増殖中
レモンテトラさっき見つけたレモンテトラの稚魚は形状的にはすでに親を模していた。

そしてヒーターとそれを隠す溶岩石の隙間が居場所のようだ。

それを覗いていたら、水槽底面のシリコン部にゴミ?が。
まさかと思いつつ、凝視していたら、動いた(゜o゜;

また稚魚

こちらは針子というべき生まれたばかりっぽい黒く細長いだけ。

今日の水換えでそんな事態は想定してなかったので、生きた何かを吸い出してやしないだろうかと、恐怖(-_-;)
増殖中
レモンテトラ換水中の視線の端に小さいものが映った。まさかのレモンテトラの稚魚(゚∀゚)

気配もないのに増える印象がついてしまうなー。
しかしそれも変かと考えると・・・

スネールがガラス面についている、と思っていたのは、実はレモンテトラの卵ではなかったのか、という疑惑が
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

それを何回も叩き落としていたんだが(´-﹏-;)
フロート別名「天使の環」リニューアル
機材.jpg餌やり道具のフロート、またの名を「天使の環」をリニューアルした。

当初考えていたシリコンのエアチューブを探し当て(;´∀`)
作成。

浮力もアップ、多分(笑)

今まで浮かべていたフロートにはバイオフィルムが着くていたらしく、いい匂いがした
(人´∀`).☆.。.:*・゚


フロート

2021/09/18
この前ライトで今回エアレーション
kc600-1kc600-2夜「だけ」のエアレーション、起きたら点けっぱなしだった。

そもそもエアポンプの音がうるさいので、寝るときには切ってるのだが・・・

そんなに煩くなかったということは、眠気が勝っていたのか(^_^;)

明るくなってからの二酸化炭素抜けはもったいないのだ。
アナカリス、ウィローモス、ごめん(;´∀`)
2021/09/13
大磯砂を乾燥
機材.jpgハイターに漬けていた大磯砂を、本来であればバケツから出して天日干ししたいところだが。

大磯砂を広げるて置ける「何か」が無い(・・;)

水を捨てて、バケツの中で乾燥?・・・当面かどうかも不明(;´∀`)
2021/09/12
2かける8=16リットル
kc600-1水換えは60センチ水槽で大体24リットルくらいにしていたが、まぁ、16リットルくらいでいいかな、今回は。

2階にポリタンクを持って上がるのが、キツイ(;´Д`)
ホース買って水引っ張ってくるのも手かなぁ
2021/09/11
大磯砂をハイターで
機材.jpg先般の池の底攫う掃除で取り出していた大磯砂。
それをすっかり忘れていて、臭いのはそのままで、更に変な藻まで容器に湧いていた(´-﹏-;)

消臭を兼ねてカビキラーかなー、と考えていたら、キッチンハイターがあったんだっけ。

後のことを考えると、キッチンハイターのほうがマイルドそうなので(;´∀`)、こっちを使う。

水道水で大磯砂を洗えるだけ洗って、やっぱり臭いので、バケツに入ったそこにキッチンハイターを目分量。

ほのかに水泳のプールのような匂い、懐かしい(笑)

池はベアタンク化するので、処理後の大磯砂はストック予定。
2021/09/10
滝水槽の修正中
progr45滝水槽は中央部に水が流れる構造になっている。

気が変わって、両端にも水を流すべく、上端を折る。

折った、ところで、停滞久しい(^_^;)


滝水槽

滝水槽
2021/09/09
帰ってビックリ
kc600-2今日も疲れたー、となんとか辿り着くと、部屋の引き戸から明かりが漏れている・・・(・・?

熱帯魚水槽の照明消すの忘れてたー(;一_一)
12時間連続消灯ーーー

生体達の生活リズムが乱れないか心配・・・
2021/09/07
雨待ち掃除
池まだまだ蚊の季節。(´-﹏-;)

少しでも涼しく完全防備で池の掃除をするために、週末が雨だと都合がいいのだが・・・

どうもそういう予報は出ていないようだ。池の朱文金、まだ大丈夫かなー( ゚д゚)ポカーン
2021/09/06
ヒーター始動
機材.jpg熱帯魚水槽の水温計が26度を切った。

夜は更に下がっていただろう。確かに寒かった。毛布を出そう(^_^;)
2021/09/05
化粧砂とプロホース
kc-600s-3第参水槽の水換えで、化粧砂がやはり吸い取れてしまう、ある一定量。

重いものが大半なのか、そのうちに化粧砂がなくなってしまうのか、回数を重ねればわかるだろう。

バケツに吸い取れたものを洗って戻す気力が、ない。
まぁ、面倒なだけだけど(;´∀`)
2021/09/04
表面張力問題
機材.jpg「天使の環」に入れたひかりクレストカラシンの一部が一晩浮いたままになっていた問題。

浮く時間の長い顆粒と、環の縁に形成される表面張力とが相まって、そのままの状態で水面に留まって模様。

出かけるときは、餌の沈みゆくさまを見てから、にしよう(;´∀`)
水道水も26℃
kc600-2心配だった熱帯魚水槽の温度合わせは、水道水との差異は無かった。そんなもんか( ゚д゚)ポカーン

このくらいの時期が水換えには気を使わなくても良いのかもね(^ν^)
一気に換水
kc600-1kc600-2カルキはハイポで抜くので、問題となるのは水温合わせ。
そのために一晩は部屋に置くものの、そうすると1水槽1日での換水となる。

今回は汲み置き水を朱文金水槽に使って、その後の熱帯魚水槽換水は、ヒーター頼りでの換水を行う。

温度差の激しい冬はそうやっていたしね( ´ ▽ )ノ

そんなに急がなくとも、とは思うものの、なんとなく今週末は、水換えを済ませたい気分だっ(;´∀`)
2021/09/01
命名、天使の輪
機材.jpg仮称「丸」が完成したので、「天使の輪」と名付けた(笑)

エアチューブどこだっけ、と押し入れをゴソゴソしたものの、出てきたのは何のチューブか分からない細い透明なやつ。

まぁ、特に問題もなさそうなので、これを使う。

アロンアルファEXで接着しようとするも、口が固まって出てこない。
瞬間接着剤って使い切ったことないよなー、状態。(;´∀`)

接着は諦め、チューブの端と端を、オスメスの要領で、輪っかにし、熱帯魚水槽に浮かべた。

その環の中に餌を撒くと、変な所に散らばらずに、目的達成。
\(^o^)/