水系ペットに関するつぶやき的な( ´ ▽ )ノ。そしてボタニカルライフも少々

2021年11月
-
05
08
09
23
24
25
26
27
28
29
30
-
-
-
-
PROFILE
じょお

淡水系ペットを飼ってから幾年月、それこそペットボトルからプラケース、近年はガラス水槽、濾過、エアーレーションと機材(お金Σ(´∀`;))も投入し充実してきました。はたしてどこまで行くのやら。よろしく♪

大雑把な環境

心池18リットル/GEX SX-003N ICサーモスタット/クリスタルKC-600S60センチ水槽x2/GEXセーフカバー交換用ヒーターSH220/エーハイム2213×2/ステンレス浴槽池

生体

レモンテトラ:朱文金:カージナルテトラ

サブ的な環境と在庫

GEX e-roka イーロカ PF-201/GEX e-air2000SB/クリスタルブラック45センチ水槽/プログレ45センチ水槽/水心 SSPP―3S/水作エイト ドライブ M  水中ポンプ式フィルター/1.4 w birdbathソーラーポンプ

CATEGORY
RECENT
LINK
ARCHIVES
2021年11月分(38)
2021年10月分(49)
2021年09月分(25)
2021年08月分(32)
2021年07月分(39)
2021年06月分(52)
2021年05月分(63)
2021年04月分(27)
2021年03月分(12)
2021年02月分(5)
2021年01月分(2)
2020年12月分(4)
2020年11月分(3)
2020年10月分(5)
2020年09月分(1)
2020年08月分(1)
2020年07月分(9)
2020年06月分(12)
2020年05月分(7)
2020年04月分(5)
2019年12月分(4)
2019年11月分(1)
2019年10月分(8)
2019年09月分(25)
2019年08月分(24)
2019年07月分(7)
2019年06月分(19)
2019年05月分(14)
2019年04月分(13)
2019年03月分(3)
2019年02月分(3)
2019年01月分(2)
2018年12月分(12)
2018年11月分(21)
2018年10月分(14)
2018年09月分(14)
2018年08月分(9)
2018年07月分(14)
2018年06月分(3)
2018年05月分(11)
2018年04月分(39)
2018年03月分(27)
2018年02月分(7)
2018年01月分(22)
2017年12月分(35)
2017年11月分(35)
2017年10月分(73)
2017年09月分(38)
2017年08月分(11)
2017年07月分(14)
2017年06月分(31)
2017年05月分(40)
2017年04月分(46)
2017年03月分(36)
2017年02月分(1)
2016年09月分(1)
2016年04月分(3)
2016年03月分(1)
2015年07月分(1)
2014年08月分(1)
2014年05月分(3)
2013年12月分(2)
2013年10月分(2)
2013年08月分(7)
2013年07月分(8)
2013年06月分(6)
2013年05月分(6)
2013年04月分(7)
2013年03月分(7)
2013年02月分(3)
2013年01月分(4)
2012年12月分(4)
2012年11月分(18)
2012年10月分(3)
2012年09月分(7)
2012年08月分(1)
2012年07月分(7)
2012年06月分(22)
2012年05月分(53)
2012年04月分(16)
2011年08月分(6)
2011年07月分(84)
2011年06月分(16)
2011年05月分(32)
2011年04月分(11)
2011年03月分(9)
2011年02月分(6)
2011年01月分(1)
2010年12月分(3)
2010年11月分(28)
2010年10月分(96)
2010年09月分(101)
2010年08月分(74)
2010年07月分(15)
2009年10月分(1)
2009年09月分(2)
2009年08月分(2)
2009年07月分(1)
2009年06月分(2)
2009年04月分(2)
2009年03月分(2)
2009年02月分(9)
2009年01月分(6)
2008年12月分(5)
2008年11月分(3)
2008年09月分(1)
2008年08月分(1)
2008年07月分(14)
2008年03月分(3)
2008年01月分(2)
2007年08月分(1)
2007年07月分(3)
2007年06月分(5)
2007年05月分(6)
2007年04月分(11)
2006年12月分(1)
2006年11月分(4)
2006年10月分(11)
2006年09月分(77)
2006年08月分(37)
2006年07月分(28)
2006年06月分(55)
2006年05月分(68)
2006年04月分(66)
2006年03月分(52)
2006年02月分(24)
2006年01月分(39)
2005年12月分(61)
2005年11月分(40)
2005年10月分(33)
2005年09月分(14)
2005年08月分(20)
2005年07月分(23)
2005年06月分(39)
2005年05月分(32)
2005年04月分(34)
2005年03月分(31)
2005年02月分(13)
2005年01月分(18)
2004年12月分(35)
2004年11月分(46)
2004年10月分(51)
2004年09月分(50)
2004年08月分(23)
2004年07月分(28)
2004年06月分(6)
SEARCH
MYALBUM
PR




2004/06/30
30日の日記
ザリガニの体に水カビのようなものが目立つ様になった。そろそろ脱皮して新しい殻になってくれればいいな。見ると、胴体と尾の境目が隙間が出てきていた。今日あたりかな。

しばらくして、ふと目をやるとひっくり返ってる!いつ見てもやっぱりびっくりするなー^_^;おー、無事に脱皮完了。その後はほとんど動かず草の陰でじっとしていた。昼夜ともエアレーション多めで対応。

メダカ桶のイヌビエが腐ってきたのかにおいがちょっと
(>_<)。水中化計画は断念。やっぱ無理かなー。捨てるとともに水も全とっかえ。代わりににスギナを放り込んでおく。こちらはザリガニ水槽で今の所大丈夫なので、隠れ場所、産卵場所として使っていただこう。(^-^)
z.jpg
2004/06/29
29日の日記
さー、メダカを水槽からまたあの桶へ移そう。プリンの空き容器で一尾、二尾と金魚すくいならぬメダカすいく。合計十一尾、比較的大きい個体を選んだ。残ったのは、えー、一、二、三、、、雑魚七尾と小メダカ三尾。全体としては結構な数が泳いでたんだな。残った君たちはザリガニと仲良くやってくれ^_^;

水槽から持ってきた草とイレブンを漬け物桶に流し込む。古巣へ戻った、そんな感じで動きもきびきび。移動空間の広さを実感しているのかな(o^-^o)

z.jpg
2004/06/28
28日の日記
水温、飼育密度、ストレスなどなど。そのせいかどうか今日は卵を抱えていない。やはり問題はどこかにあるよーな。まずはメダカの一部を移して魚口密度をさげてみようかな。

今日のザリガニ。(^^ゞ
餌の食い付きはまずまず。口を動かすと細かくなった多べかすが前に流れていくので、それを狙って雑魚達が群れる群れる。自分でとるより食べやすそうだ。

油蝉が鳴き始め、夏を実感。

z.jpg
2004/06/27
27日の日記
四時半頃起きたが、二度寝してしまった(^^ゞ
水槽を見るとザリガニは緊急酸素取得体勢となって、水面にえらを出していた。寝ている時はエアポンプを止めているので、酸欠らしい。消費量をおさえるために一緒の魚を別の場所に移そうか。24時間送気がベストだろうなー。

お米を餌にあげようと投入。すぐに寄ってきたのはクチボソ。ザリガニの目には入らなかったようで、今日は草をもりもりと食べていた。よく見ればその落とし物も多いので、底面掃除水替え。水を補給する時にうっかり砂を巻き上げてしまい、底がむき出し。その部分は歩きづらいのか、避けているみたい。^_^;

z.jpg
2004/06/26
26日の日記
プラケースの魚達も大分落ち着いてきたような。^_^V
メダカは卵を抱えて産卵場所を捜しているのかな。飼育密度がすこし高いのと混泳魚にクチボソがいることから、孵化まではいくかどうか。卵が見つからない所に産みつけるのは至難の
技では。そんな事を思っていたら、透明な卵を突つく姿発見!うーん、、、

ザリガニは鉢が気に入らないのか、そこには入らず、草の根の影に身を隠している。ちょっと体に比べてでかすぎるかも。(^^ゞ
欠けた鉢があったよーな。捜してみるとあったあった。さっそく入れ替えると、まあまあ入ってくれる事もあるようだ。
今までのお気に入り、木の枝をくり抜いたものは洗っても臭いがとれないので、少し焼いてみた。こっちも入れてみるが、空気が
入ったせいでしばらく浮いてしまう^_^;一日二日で沈むだろう。

水作りに用水路から少しすくって、水槽に入れる。プランクトン類が発生して、餌になってくれればいうことなし。(*^_^*)

2004/06/21
21日の日記
台風が連れてきた南風のせいで暑い、暑い。室内の雑魚容器も温度が上がる。アイスノンを敷いて少々水温を下げてみた。容器Aと容器Bでは底床砂の量が違うので冷却効果も違ってくる。すると二十七度くらいになった容器の方へ雑魚達が群れてきた。一方はがらがら。なので、縄張りを主張している雑魚は大忙しで
追い掛け回していた。

桶の中にザリガニの生存を確認できた!いや、そんな大袈裟なものではないんですが(^^ゞ 透明度が今一つなので、底までは見えないけど、今日は背伸びして水面の浮草を一生懸命食べていた。
夕方になり風が出てきた。中央に植えていた葦が飛ばされて、縁に茎がかかった状態。これはザリガニの格好の脱走路になりそうなので、ひとまず全部とって、ひょうたん池の方に退避。

一旦収まったかに思えた風が夜半からものすごく、ちょっと心配。

z.jpg