パワースポットに関する情報を発信

March, 2017
-
-
-
01
02
03
04
05
06
07
08
09
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
-
PROFILE
MYALBUM
CATEGORY
RECENT
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINK
SEARCH
PR




Mar 10, 2017
ジャンプする犬のしつけ
外出から帰った時に、玄関などで子犬がジャンプして出迎えてくれると、とても嬉しいものです。<br/><br/>
しかし、体重が重い成犬や、手足が泥で汚れた子犬がジャンプして飛びつくと、特にお客さんには迷惑になってしまいます。<br/><br/>
子犬のしつけには一貫した考えをもって行い、できるだけ早いうちにジャンプしないようトレーニングしましょう。<br/><br/>
子犬がジャンプしてきたら、少し後ろにさがって、「うしろへ」と命令します。子犬がうしろにさがってジャ ンプするのをやめたら、ほめて、ごほうびをあげましょう。<br/><br/>
自宅に来客がある場合は、座ってお客さんを迎えるように教えるのも一つの方法です。こうすることによって、子犬はジャンプ以外にも出迎える方法があることを覚え、礼儀正しくお客さんを迎えられるようになります。<br/><br/>
まだ、さらにトレーニングをする必要があると感じ ら、子犬がお客さんを丁寧に迎えられるようになるまで、リードをつけてもよいでしょう。<br/><br/>
それでも問題が解決しない場合は、あなたの友人に自宅まで何度も来てもらい、その友人が来るたびに、ワンちゃんに座るように教えます。うまくできたら、ごほうびをあげます。<br/><br/>
これを何度か繰り返すうちに、子犬はジャンプすることがつまらなく感じるようになると 同時に、座ることが習慣として身につきます。このトレーニングは最低でも10回、できれば20回はやりましょう。<br/><br/>
「犬のしつけ講座」は【90%以上】の成功率!!
Sep 13, 2016
ペット保険の保障タイプ
ペットが病気になって治療費がかかった場合、どのタイプのペット保険に加入しているかによって、受け取れる保険金の額は異なります。<br/><br/>

ペット保険は、その保障の仕方によって、定率保障タイプ、定額保障タイプ、実額保障タイプの3つに分けられます。<br/><br/>


■定率保障タイプは、実際にかかった治療費に対して、加入時に選択していた保障率で給付額が決定されるもので、この保障タイプのプランがいちばん多いようです。<br/><br/>


例えば、「保障率が50%」というプランであれば、治療費が5,000円かかった場合は、治療費の50%である2,500円が給付金として戻ってくることになります。<br/><br/>


■定額保障タイプは、ペットの治療費如何にかかわらず、1回あたりの規定の保障額まで、一律に給付されるものです。<br/><br/>


例えば、「1日あたり1,500円を保障」というプランであれば、かかった治療費に関係なく、1日につき1,500円(規定額)が給付されます。<br/><br/>


保障額だけを見ると、受け取れる給付額が少ないのですが、保障日数が多いので、長期間で保障してもらえるメリットがあります。<br/><br/>


■実額保障タイプは、規定の保障限度額まで、実際にかかった治療費の全額が給付されるものです。<br/><br/>


例えば、「1日あたり3,000円まで保障」というプランであれば、実際に支払った治療費が3,000円であれば、全額3,000円が給付されますが、治療費が3,000円を超えても、3,000円までしか給付はされません。保障額を越えた部分に関しては、給付対象とはならないからです。<br/><br/>

ライフステージに応じたドッグフードの与え方