パワースポットに関する情報を発信

April, 2018
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
12
13
14
15
16
17
19
20
21
22
23
25
26
27
28
29
30
-
-
-
-
-
PROFILE
MYALBUM
CATEGORY
RECENT
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINK
SEARCH
PR




Apr 24, 2018
FXは円高・円安でも利益が出せる
「円高」だと少ない円で他の通貨と交換できますが、「円安」は、他の通貨と交換するのに、より多くの円が必要になります。

外国為替は、異なる2国間の通貨を交換するものですから、FX(外国為替証拠金取引)を始めるには、この円の価値が上がった、下がったという円相場の変動を良く理解しておくことが大切です。

為替取引で生じる差益(利益)と差損(損失)の仕組みは極めてシンプルです。

例えば、1ドル=120円で円をドルに交換したとします。
その後、為替レートが122円と円安・ドル高になったところで、そのドルを売って円に戻したら、手元に122円が入り、この時点で、2円の利益が出ます。

その逆に、1ドル=120円で円をドルに交換し、為替レートが118円の円高・ドル安になったところで、そのドルを売って円に戻したら、手元に118円しか手元に入りませんから、この2円分が損益となります。

ドルを買ったときと売ったときに生じる利益(損益)を『為替の差益』(為替の損益)といい、FXは、この差益(利益)を狙った投資なのです。

もっと簡単に言うと、「日本円でドルを安く買って、ドルが高くなったら売る」だけの話です。ですから、FXは、円高でも円安でも利益を得られるのです。

同時に、FX特有の金利の高い通貨を買って、金利の低い通貨を売るときに発生する金利差『スワップ金利』も受け取ることができます。

ヒロセ通商のLION FX

Apr 18, 2018
株式投資とは
株式投資とは、利益を得るために企業が発行する株を売買することです。

企業が発行する株式を価格が安いときに購入し、価格が高いときに売却することで利益を得る資産運用方法です。

利益を上げる仕組みがとても簡単なので、身近に感じるかもしれませんが、その一方で、株式価格の推移を予想したり、様々な投資指標からその会社の株を評価したりするためには、専門的な知識やノウハウが必要になってくるため、初心者にとっては難しい方法かもしれません。

初心者にとって、業績が良くなる会社の株を見極めるのは容易ではいからです。

しかし、正しい知識を身につけ、きちんと情報収集を行えば、初心者でもしっかりと運用することができます。

基本的に株式投資で得られるものは、「売却益」と「配当金」と「株主優待」の3つのリターンがあります。

リターンとは、「投資した資金に対して何かしらのプラスになる」ですが、これから株を始める初心者には、売却益や株主優待のイメージが強いかもしれません。

資産運用で「お金」を着実に増やそう♪

Oct 14, 2016
成年者に対するクレジットカードの発行
20才以上で、正社員など収入が安定した職業についているという人は、親権者の同意なども不要で、自分の意思でクレジットカードを申し込むことが可能となります。

また、アルバイトやパートといった不安定な職業に就いている人でも、ゴールドカードなどのステータスの高いクレジットカードを求めなければ、年会費無料のクレジットカードを簡単に作ることができます。

ただし、35歳を過ぎて初めて申し込む場合は注意が必要です。いくら安定した仕事に就き年収が多くても、審査に通りにくくなる場合があるからです。

これは、一般に「スーパーホワイト問題」と言われるもので、クレジットカードの利用履歴がない状態だと、審査に通りにくくなるのです。

このため、クレジットカードは早めに作っておいたほうが有利です。審査が緩い学生専用のクレジットカードを作っていると、学生時代から利用実績ができるため、社会人になってからのクレジットカード取得が容易になります。

また、社会人になった後でも、早めに一般カードで実績を作っていれば、ゴールドカードやプラチナカードにランプアップすることも出来ます。

65才を越えて定年退職をすると、クレジットカードの新規発行は難しくなるため、くると思っておこう。そうならないように、退職後に備えて、在職中にカードを作っておくことが必要です。

メインカードとサブカード
Feb 08, 2016
資産運用で失敗しないためには?
資産運用には、安全性を重視して確実に貯める貯蓄と、程度の差こそあれ、リスクを取って収益を狙う投資の2つがありますが、その目的は、資産の保全と資産の拡大にあります。
まず、資産の保全とは、資産の実質価値をインフレから守って、実質購買力を維持することです。また、資産の拡大は、手持ちの資産を効率よく殖やして資産全体の規模を拡大することにあります。
この資産運用に求められるのは、自己責任です。それと同時に、運用スタイルを確立するとともに、運用能力の向上が求められます。
すなわち、自己責任のもと、自分の資産は自分で守るとともに、リスクとリターンをしっかりと認識することが大切です。
そして、運用スタイルを確立して、財産状況を的確に把握するとともに、運用の目的や目標を明確にして、自分なりの運用基準を確立して運用することも大切です。
これに加え、運用能力の向上も重要です。そのためには、基本的な金融知識を身につけて、自分なりの相場観を養成しつつ、資産運用の経験を積んでノウハウを蓄積することが失敗しないためのコツです。

FXは少ない資金で大きく資産を増やす