パワースポットに関する情報を発信

February, 2020
-
-
-
-
-
-
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
26
27
28
29
PROFILE
MYALBUM
CATEGORY
RECENT
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINK
SEARCH
PR




Feb 25, 2020
肌のハリと弾力を保つのは?
年齢とともに失われていくのが、肌のハリと弾力です。特に、40代以降になると、格段には衰えてくるので、早めの適切なケアが必要です。

肌のハリ・弾力に大きく関わるのがコラーゲンとエラスチンです。

とりわけ、コラーゲンはピンとした肌のハリを保つための重要な要素です。

真皮層は、主にコラーゲンやエラスチンと呼ばれる線維と、ヒアルロン酸などのムコ多糖類で構成されています。

これらは、線維芽細胞から生みだされて新陳代謝を繰り返します。

コラーゲンは、エラスチンに支えられて真皮の中を梁のように巡らして立体的な網のような構造を作ることによって肌のハリと弾力を支えています。

水分を抱え込むヒアルロン酸は、これらの間隙を埋め、真皮のハリとうるおいを保っています。

強い紫外線を浴び過ぎたり、肌をこすったり、引っ張ったりするなど肌に刺激を与えると、コラーゲンやエラスチンの規則正しい構造を乱すため、これが、しわやたるみの原因となるだけではなく、肌のごわつきや、黄ばみの原因となることもあります。

このため、紫外線を浴びすぎないようにするとともに肌に負担をかけず、肌のうるおい機能とバリア機能を守り、素肌の自然なはたらきを支えるスキンケアが大切です。

超音波美顔器「エステナードソニックROSE」でお肌プルップル♪
Feb 13, 2020
20代女性の美顔器選び
まだまだ若い20代の肌といえども、乾燥やニキビが気になるなど、肌のトラブルはつきものです。

また、来るべき30代に備えて、「シワ」や「たるみ」などのサインがはっきりと現れなくでも、今ある美しい肌を出来るだけキープしたいものです。

特に、20才後半ともなると、徐々に肌の老化現象が始まるので、美顔器でしっかりと対処しましょう。

老化現象の始まりと共に、注意しなければならないのは、若さに任せた生活習慣の乱れです。遊びに夢中になって夜更かしをしたり、食生活が不規則になったりしがちです。

こうした乱れが原因で、乾燥肌や黒ずみやニキビなどのトラブルが起こりやすくなります。

こんな20代の女性にオススメなのが、イオン導入・導出機能のある美顔器です。

これは、イオン導出によって毛穴の奥から洗浄し、イオン導入によって肌の保湿を促します。

この相互作用によって、肌は清潔で潤いを保つことができ、その結果、ニキビなどの肌のトラブルを同時に改善することができます。

また、その効果を保つためには、ビタミンC誘導体やヒアルロン酸を積極的に摂取して効果を補足することも大切です。

オールインワン多機能美顔器「フォトプラス」は1台で6役!!
Feb 12, 2020
美顔器はいつ頃から使い始める?
30代はお肌の曲がり角とよく言われますが、では、美顔器はいつ頃から使い始めるとよいのでしょうか。

ある調査によると、20〜50代の年齢層では30%以上の人が美顔器を使っているそうです。

特に多いのが、「小ジワ」や「たるみ」が気になり始める30代の女性が36%と多数を占めております。

10代、20代の若い頃は、気にもしなかった肌のことですが、30代に入ると、化粧のために鏡を見ると、表情シワが薄々と出てくるようになり、それにショックを受けて美顔器を使い始めるからなのでしょう。

笑うと小ジワが出る、朝起きて鏡を見ると顔にシーツの跡がついているなどの老化現象が出始めると、クリームだけでは誤魔化しがきかなくなります。

エステに通って手入れをするという方法もありますが、お金もかかりますし、時間も高速されます。

その点、美顔器はエステほどお金もかからず、自宅で気軽に手入れできることから、仕事などで忙しくても問題ありません。

また、最新の美顔器は、エステで使用されているプロ用の器具と同等の性能を持つなど優れた製品が出回っておりますので、多少高価でもコスパを考えれば、お得と言えるでしょう。

一度現れるとなかなかとれにくい「シワ」や「たるみ」が現れたら、年齢にかかわらず美顔器でハリを取り戻しましょう。

EMS美顔器の【ながら美容】で美肌&美顔作り