パワースポットに関する情報を発信

July, 2016
-
-
-
-
-
01
02
03
04
05
06
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
28
29
30
31
-
-
-
-
-
-
PROFILE
MYALBUM
CATEGORY
RECENT
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINK
SEARCH
PR




Jul 27, 2016
在宅開業のメリット・デメリット
現在、SOHOまたは在宅ワークで収入を得ている人の半数以上が女性だそうです。その内、さらにその半数が、子育てに追われている主婦と言われています。

これら主婦たちは、多忙な子育てや介護の合間を見ながら、なんとか家計にプラスアルファの収入が欲しいと考えて頑張っているのです。

これに加え、昼間は会社に努めているが、仕事が終わった夜とか、週末などを利用して副業や在宅ワークをしている人もおります。

給料は上がらず、リストラや会社の倒産による失業、正社員になれず派遣や契約社員として低い賃金に甘んじている人達は、いっそのこと、独立開業して、自分の好きな道で収入を得たいと考えるのも無理からぬものがあります。

しかし、独立開業をするには、特殊技術や高度な知識など高いスキルを兼ね備えている必要があります。それ以外の人は、給料の補填や小遣い稼ぎで満足せざるを得ません。

独立開業した場合のメリットとしては、自分の時間が自由に使えるということでしょう。自宅が職場ですから、通勤時間のロスや人間関係のストレスからも開放されます。

また、一人での仕事なので、会社や上司から管理されることも、わずらわしい人間関係とも無縁です。

自宅開業だと、店舗も事務所も不要ですので、余分な経費もかかりません。

デメリットとしては、クライアントがつき、十分な収入が得られるようになるまでは、ある程度の時間がかかります。

それが、1ヶ月なのか、半年なのか、あるいは、1年なのかは分かりませんが、その間は無収入となりますので、その間の生活を支えるための蓄えが必要となります。

また、よほどの固定客がつかないかぎり、仕事量も収入も不安定です。でも、生活費に手で行くお金は変わりません。その差額を補えるだけの蓄えも必要となります。

自宅を開放して仕事をすることは、プライベートな部分をクライアントやパート社員など、他人に見られてしまう可能性があります。このため、レンタルオフィスなどを利用するという方法もあります。

新人チャットレディの特典
Jul 26, 2016
PC初心者の在宅ワーク
毎朝、会社に通勤しなくても、自宅で自分の空いた時間を利用して仕事ができる在宅ワークですが、仕事内容にはデザインやシステム開発、Web制作など高度な知識やスキルを必要とするものから、PCが人並みに操作できれば良い簡単なものまで、ピンからキリまであります。

初心者でも手軽に始められるPC在宅ワークの代表的なものとしては、データ入力があります。

これが、最もポピュラーなもので、クライアントが指示する様式でエクセル等に、収集したデータを入力していくだけの単純作業です。

最初は、様式を覚えるのに少し時間がかかるかもしれませんが、一旦覚えてしまえば、単純作業ですので誰でも簡単にできます。特に、タッチタイピングができる人にはお勧めです。

だれでもできる作業と言えば、指定ワードをネットで検索して、その結果を報告するものや、あるホームページを見て、その印象や感想を答えたりするもの、あるいは、アンケートに答えるものや、アプリを使った感想を答えるものなどもあります。

テープの文字起こしは、クライアントから提供された音声データの内容をそのまま文字に起こすものや、文字に起こした文書の不要な部分をそぎ落として、文章を整えるゲバ取り作業などもあります。

日記やブログの更新は、専門的なものではなく、日頃起こったことやテレビを見ていての感想をブログに書きこむ作業もあります。

中には、専門性の高い文章もありますが、普段ブログを書いていたり、文章を書くのが好きな人にはおすすめです。

モニター調査は、アンケートだけでなく、実際の商品を使ってその感想を伝える仕事です。

最近では、ダイエットサプリ、美容、健康商品のモニターが多いようです。流行に敏感な人には、うってつけの仕事でしょう。

このように、パソコンを使って手軽な在宅ワークと言っても、多種多様な仕事がありますので、自分の向き不向きを考えて、幅広くいろいろな在宅ワークを経験してみると良いのではないでしょうか。

チャットワークで通勤地獄から解放?
PC在宅ワークに求められるスキルとは?
自宅のパソコンを使って、空いた時間に簡単な仕事が出来るのが在宅ワークの特徴ですが、仕事をして報酬を得るためには、それなりのスキルが必要となります。

まず必要なのがコミュニケーション能力でしょう。クライアントの求める仕事をするため、様々な質問をしたり進捗状況を伝えたりするためには、常にコ ミュニケーションを取ることが欠かせません。また、自分の持っているスキルや経験などを正確に伝えるにも、必要不可欠なものです。

また、相互の連絡は、電話よりもメールを使ってコミュニケーションをする場面が多くなります。このため、コミュニケーション能力に加え、理路整然とした文章が書けるメールスキルも必要となります。

マイクロソフトのワードで文章を書いたり、エクセルを使って表を作成したりするなどの基礎的なスキルは最小限必要です。

PCには、オフィスだけではなく、いろいろなソフトウェアが内蔵されています。PCを使い慣れていない場合は、PCをきちんと使えるようにすることが必要です。また、ファイルの保管場所やファイル形式など、ファイル操作が出来るようにしましょう。

リサーチ力も大切です。専門性の高い仕事をしていると、自分の知識ではカバー出来ないことも出てきます。

そうした時には、自分でネットや書籍などでリサーチして仕事に対応する力も求められます。このため、Googleを使った検索力も必要となります。

チャットの人気の秘密

Jul 07, 2016
男性の結婚適齢期と地位の変化
昔は、男性の方が女性よりも5歳以上年齢が離れているのが一般的でした。

これは、男性が世帯を持つだけの収入を得られるようになる年齢では、年下の若い女性でないと子供を多く生むことができないからです。

しかし、今では、医学の進歩によって高齢出産もある程度可能になったことから、年齢が近い夫婦や、逆に女性の方が5以上も年上の姉さん女房も増えてきております。

なかには、親子ほども年が違う、年の差婚も見かけるようになりました。

その背景には、価値観や理想の男性に求めるものが変化していることがあるのでしょう。

昔の男性には一家の大黒柱として、あるいは、一族の統領としての父親が求められていましたが、現代では、共感でき、価値観が共有できる相手を求めている人が多くなっています。

それに伴い、夫の家庭内の地位も、亭主関白からお友達、あるいは、単に、給料を稼いでくれる人へと低下しております。このため、肉食性男子よりも、草食系男子がモテる時代なのです。

また、今の結婚適齢期の女性は、昔気質の父親の姿も見てきておりますから、父親のいいなりになって尽くす母親をかわいそうと同情し、自分は結婚してもこんな思いをしたくないと、一緒に頑張れる人、おもしろい人と、自分に共感してくれる男性を望んでいるのです。

サクラのいない婚活パーティーを探す