パワースポットに関する情報を発信

December, 2018
-
-
-
-
-
-
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
-
-
-
-
-
PROFILE
MYALBUM
CATEGORY
RECENT
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINK
SEARCH
PR




Apr 26, 2018
浄水器の浄水性能について
浄水器は有害な物質、微生物がどれだけ除去できるかが大切です。

すなわち、残留塩素やトリハロメタンなどの有機塩素化合物や残留農薬など健康に関わる物質、カビ臭・有機物・送水管・水道管内部の赤錆、有害細菌・原虫・クリプトスポリジウム、ウイルスなどの病原生物が除去ができることが大切になります。

浄水能力はデーターなどで判断することができますが、浄化が確実にできる製品であれば、そのカートリッジを使用した携帯用浄水器が製品ラインナップされているはずです。

しかし、殆どの浄水器メーカーでは、家庭のキッチンで水道水を浄水する浄水器のみで、 携帯用までラインナップしているメーカーはごく稀です。

携帯用浄水器は、水道基準に満たない汚染されている河川や湖沼の原水を飲料可能なレベルまで浄水できなければ製品としてなりたちません。

国内外で、携帯用浄水は数多く市販されていますが、これら製品の多くは、有害微生物を殺菌処理するために、ろ過前あるいは、ろ過後のいずれかで、次亜塩素酸ナトリウムなどによる消毒処理を行います。

浄化媒体で除去できるのであれば殺菌剤など必要ないのですが、消毒処理の塩素の投入量が多いとその消毒薬自体が体に有害であり健康への影響が危惧されます。

浄水器のメンテナンス
Apr 24, 2018
FXは円高・円安でも利益が出せる
「円高」だと少ない円で他の通貨と交換できますが、「円安」は、他の通貨と交換するのに、より多くの円が必要になります。

外国為替は、異なる2国間の通貨を交換するものですから、FX(外国為替証拠金取引)を始めるには、この円の価値が上がった、下がったという円相場の変動を良く理解しておくことが大切です。

為替取引で生じる差益(利益)と差損(損失)の仕組みは極めてシンプルです。

例えば、1ドル=120円で円をドルに交換したとします。
その後、為替レートが122円と円安・ドル高になったところで、そのドルを売って円に戻したら、手元に122円が入り、この時点で、2円の利益が出ます。

その逆に、1ドル=120円で円をドルに交換し、為替レートが118円の円高・ドル安になったところで、そのドルを売って円に戻したら、手元に118円しか手元に入りませんから、この2円分が損益となります。

ドルを買ったときと売ったときに生じる利益(損益)を『為替の差益』(為替の損益)といい、FXは、この差益(利益)を狙った投資なのです。

もっと簡単に言うと、「日本円でドルを安く買って、ドルが高くなったら売る」だけの話です。ですから、FXは、円高でも円安でも利益を得られるのです。

同時に、FX特有の金利の高い通貨を買って、金利の低い通貨を売るときに発生する金利差『スワップ金利』も受け取ることができます。

ヒロセ通商のLION FX

Apr 18, 2018
株式投資とは
株式投資とは、利益を得るために企業が発行する株を売買することです。

企業が発行する株式を価格が安いときに購入し、価格が高いときに売却することで利益を得る資産運用方法です。

利益を上げる仕組みがとても簡単なので、身近に感じるかもしれませんが、その一方で、株式価格の推移を予想したり、様々な投資指標からその会社の株を評価したりするためには、専門的な知識やノウハウが必要になってくるため、初心者にとっては難しい方法かもしれません。

初心者にとって、業績が良くなる会社の株を見極めるのは容易ではいからです。

しかし、正しい知識を身につけ、きちんと情報収集を行えば、初心者でもしっかりと運用することができます。

基本的に株式投資で得られるものは、「売却益」と「配当金」と「株主優待」の3つのリターンがあります。

リターンとは、「投資した資金に対して何かしらのプラスになる」ですが、これから株を始める初心者には、売却益や株主優待のイメージが強いかもしれません。

資産運用で「お金」を着実に増やそう♪

Apr 11, 2018
ネットを活用した低価格葬儀
核家族化に伴い都市部を中心に遅延・血縁が薄れ、菩提寺などもなく、葬儀や法事をどう営むかで悩む人も多くなりました。

こうした社会情勢の変化を背景に、テレビや雑誌などでは終活に関する特集が組まれるなど、葬儀に対する意識も変わってきております。

また、お葬式は突然必要になるケースがあった場合、情報を集める時間もありませんし、突然のことで、頭が真っ白になり、不安になったりする方がほとんどです。

このため、葬儀社への見積りや葬儀場の見学、事前予約を行うなど、終活やお葬式について情報を集め、万が一の時のために準備をしておく人が増えております。

こうした葬儀の事前相談や事前準備は、葬儀に関わる悩みや不安を解消するために、とても大切なことです。

こうしたニーズに応えるため、ネットを使って葬儀サービスを比較・検討して事前準備をしたり、葬儀を依頼したりできるサービスに注目が集まっております。

とりわけ、身内で行う「家族葬」や「直葬」などを低価格でシンプルに執り行う葬儀に人気が集まっております。

【葬儀&お墓】でお悩みの方はコチラ