パワースポットに関する情報を発信

March, 2019
-
-
-
-
-
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
28
30
31
-
-
-
-
-
-
PROFILE
MYALBUM
CATEGORY
RECENT
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINK
SEARCH
PR




Mar 29, 2019
在宅チャットレディのメリット・デメリット
バイトやパートと違って、女性でも高収入が得られる在宅チャットレディは、自宅で行えるため、主婦や子育て中のママさんでも、自分の都合に合わせて気軽に仕事ができるのが最大のメリットです。

また、自宅ですぐに仕事を始められるため、通勤の必要がなく、着ていく服に悩むこともなく、メイクやヘアにも気を使う必要もなく、通勤時間という時間の無駄も省くことができます。

それこそ、起きた瞬間から仕事をすることができるので、こうした手っ取り早さは、大きな魅力でもあります。

その一方で、在宅ならではのメリットもあります。独身で一人暮らしの女性であれば全く問題は無いのですが、結婚して家族がいる、独身だが親兄弟が同居している場合は、いつでも好きな時間にできるといっても、やはり、時間は限られてしまうでしょう。

また、家族が同居していると、個室で仕事をしていても、生活音や家族の声が入り込んでしまうこともありますし、家族に仕事をしていることを隠すことも難しくなります。

さらに、パソコンなどの機材やネット環境は、自分で用意する必要があります。すでに、こうした環境が整っている場合は、直ぐにでも始めることができますが、そうでない場合は、購入しなければならず、初期費用がかかることがあります。

また、住所や身元がバレルという安全面でのリスクも少なからずあります。

在宅で稼ぐならコチラ!!
Mar 27, 2019
ゴミ屋敷の片付けを自分で行うメリット
ゴミで床が見えなくなった程度の量であれば、ある程度の時間をかけて片付けることも可能です。そのメリットとしては、

■費用が安く済む

業者に依頼すると、数万〜数十万円の費用がかかりますが、自分で片付けると、その費用は発生しませんし、ごみ袋、清掃道具、粗大ゴミの処分費用程度と安くできます。

■他人を家に入れなくて済む

業者に片付けを依頼すると、当然のことながら、プライベートな空間に他人であるスタップを入れることになります。

しかし、自分でやると、ゴミやモノが溜まっている状況を他人に見せることなく、キレイな状態にすることが可能です。

■自分のペースで片付けられる

業者に依頼すると、限られた時間で一気に作業を進めますが、自分で片付ける場合は、自分のペースでコツコツ片付けることが出来ます。

また、自分が使っていたモノなので、不用品と残すものの判断を細かくできるため、後で、捨てるのではなかったと後悔することもなくなります。

また、探していたモノを見つけ出したり、正しいところに戻すこともできます。

ゴミ屋敷のリスクと危険性
Mar 26, 2019
デジタル一眼レフカメラの構造と作動
デジタルカメラによる撮影は、光を電気信号に変える撮像素子を使って行いますが、一眼レフカメラでは、撮影用のレンズを通した映像を光学ファインダーで見ることが出来ます。

一眼レフカメラの「一眼」とは、撮影するレンズと光学ファインダー用のレンズが同じであるという意味で、「レフ」は「光を反射する」という意味の「レフレックス(reflex)」の略です。

すなわち、レンズを通った光を光学ファインダーに導くためのミラーが、レンズを通過した光を上方に反射しますが、この光を反射するミラーがあるために「レフ」と呼ばれるのです。

ミラーで上方に反射した光は、ファインダースクリーンに当たります。ファインダースクリーンを通過した光は、ペンタプリズム又はペンタミラー内を通ることで、ファインダー接眼窓へと進んでいくため、撮影用のレンズを通した映像を光学ファインダーでダイレクトに見ることができるのです。

そして、シャッターボタンを全押しするとミラーが上がり、レンズを通った光はシャッターへとまっすぐに進みます。

同時にシャッターが開いて撮像素子に光が当たって画像を撮影します。次に、シャッターが閉じると、ミラーが元の位置まで降りてきます。

こうして、シャッターの動きとミラーが連動することによって、レンズを通過した光をファインダースクリーンに映したり、撮像素子に当てたりしています。

なお、デジタル一眼レフカメラには、液晶モニターに映像を映して撮影ものもありますが、この機能をライブビューと呼びます。

ライブビューのときは、ミラーが上がるため、ファインダースクリーンに光が当たらなくなってり、ファインダー接眼窓を覗きながら撮影することはできません。

カメラ【デシカメ・防犯・監視】通販ショップ
Mar 25, 2019
中古物件への不動産投資
中古物件への投資は、すでに建てられているアパートやマンションなどに投資を行うことになります。

新築物件への投資にはない様々なメリットがあります。

その一つは、入居者がいる状態でアパートやマンションを引き渡すことが多いため、最初から、家賃収入が期待できる場合があるということです。

さらに、新築物件に投資をするよりも収益性が高く、利回りが高いのが一般的です。

また、中古物件は建物の償却期間が短めであるため、減価償却費を多めに計上することができ、節税対策にもなります。

そして、中古物件は、外観、部屋の内部、内装、設備の痛み具合、入居者の入居の状況など、実際に物件の状況を見てから購入を決めることができるという、新築物件の投資にはない独自のメリットがあります。

入居の状況を把握すれば、利回りの高い物件を購入することも不可能ではありません。

ただし、部屋の配管などの水回りなどは、素人が外から見て判断することはできませんので、これらの傷み具合を確認したいときは、専門の業者に依頼する必要があります。

中古物件に投資することのデメリットとしては、新築物件の投資に比べ、銀行のローンなどの融資をしてもらいにくいということです。

さらに、中古物件特有のデメリットとして、予期せぬ修繕費がかかってしまう場合があることです。

給湯器やキッチンなどの設備、クロス、床などの内装などに故障や傷みが見つかった場合は、その修繕費用を負担しなければなりません。

また、中古物件には、運用できる年数が短いという大きなデメリットがあります。

ただし、同じ中古物件でも、築浅物件であればこの限りではありません。

築浅とは、建ててからそれほど年数が経ってない中古物件のことですが、一般的には築後5年以内の物件を築浅と言うことが多いようです。

「一口家主 iAsset」は【1口50万円】から始められる安全な資産運用です。