パワースポットに関する情報を発信

March, 2019
-
-
-
-
-
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
27
28
29
30
31
-
-
-
-
-
-
PROFILE
MYALBUM
CATEGORY
RECENT
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINK
SEARCH
PR




デジタル一眼レフカメラの構造と作動
デジタルカメラによる撮影は、光を電気信号に変える撮像素子を使って行いますが、一眼レフカメラでは、撮影用のレンズを通した映像を光学ファインダーで見ることが出来ます。

一眼レフカメラの「一眼」とは、撮影するレンズと光学ファインダー用のレンズが同じであるという意味で、「レフ」は「光を反射する」という意味の「レフレックス(reflex)」の略です。

すなわち、レンズを通った光を光学ファインダーに導くためのミラーが、レンズを通過した光を上方に反射しますが、この光を反射するミラーがあるために「レフ」と呼ばれるのです。

ミラーで上方に反射した光は、ファインダースクリーンに当たります。ファインダースクリーンを通過した光は、ペンタプリズム又はペンタミラー内を通ることで、ファインダー接眼窓へと進んでいくため、撮影用のレンズを通した映像を光学ファインダーでダイレクトに見ることができるのです。

そして、シャッターボタンを全押しするとミラーが上がり、レンズを通った光はシャッターへとまっすぐに進みます。

同時にシャッターが開いて撮像素子に光が当たって画像を撮影します。次に、シャッターが閉じると、ミラーが元の位置まで降りてきます。

こうして、シャッターの動きとミラーが連動することによって、レンズを通過した光をファインダースクリーンに映したり、撮像素子に当てたりしています。

なお、デジタル一眼レフカメラには、液晶モニターに映像を映して撮影ものもありますが、この機能をライブビューと呼びます。

ライブビューのときは、ミラーが上がるため、ファインダースクリーンに光が当たらなくなってり、ファインダー接眼窓を覗きながら撮影することはできません。

カメラ【デシカメ・防犯・監視】通販ショップ

この記事へのトラックバックURL
http://blog.pelogoo.com/privresy/rtb.php?no=1553563366938265



◇ 返信フォーム


名前 :   情報を保存する
メール : 
URL : 
題名 : 

内容 :