パワースポットに関する情報を発信

February, 2017
-
-
-
01
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
-
-
-
-
PROFILE
MYALBUM
CATEGORY
RECENT
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINK
SEARCH
PR




Aug 15, 2016
家庭用脱毛器の脱毛期間は?
家庭用脱毛器は脱毛サロンやクリニックなどで行う脱毛に比べれば、低価格で行うことができますが、それでも、7万円前後はするため大きな買い物になります。

このため、脱毛効果が感じられるまでにどのくらいの期間がかかるのかを承知した上で購入を考えたいものです。

まず、どんなに高価な家庭用脱毛器を使っても、1度の施術でムダ毛が全部なくなるということはありません。これは、脱毛サロンやクリニックも同じで、毛の成長サイクルである毛周期に合わせて脱毛をおこなう必要があります。

毛は肌の内部にある毛根で生まれ、肌表面に出てから伸びていき、やがては抜け落ちるというサイクルを繰り返していきます。この成長期〜退行期〜休止期のサイクルを毛周期といい、部位によって毛周期の長さは変わってきます。

家庭用脱毛器の脱毛方法は、毛周期サイクルの中でも成長期にあたるムダ毛の毛根にダメージを与えて脱毛するというものです。

退行期や休止期の毛根は、毛根との結びつきが弱かったり離れていたりするため、脱毛の効果はほとんどありません。

このため、毛周期に合わせて、一定の期間を空けながら施術を重ねていくことによって、どの部位の毛根にもまんべんなくダメージを与えていくことが出来ます。

医療脱毛だと出力が高いため2ヶ月か3ヶ月に1度脱毛すれば良いのですが、家庭用脱毛器は出力が低いため、2週間から1カ月くらいの間隔で施術を行ないます。

このペースで3ヶ月から半年くらい施術して行くと、ムダ毛の本数がかなり減り、個人差はありますが、1年くらいも使えば、ほとんど毛が生えなくなるようです。

家庭用脱毛器が使えない肌は?
Aug 12, 2016
永久脱毛の値段と期間はどのくらい?
日本の医師法(17条を補完する厚労省105号通知)では、永久脱毛は医師免許を持った医師(看護師も含む)が医療機関でのみが行えるとされており、脱毛サロンでも家庭用脱毛器でも、永久脱毛をする事は出来ません。

その方法は、レーザー光線やそれに相当する光で毛根部分に照射し、毛乳頭や皮脂腺開口部等を破壊する事となっております。

一般的に永久脱毛とは、一生毛が生えてこない事をイメージしがちですが、実際は、脱毛が完了してから、1ヶ月以内の毛の再生率が20%以下であることを永久脱毛と定義されております。

しかし、現実問題として、脱毛サロンでも家庭用脱毛器を使っても、ほぼ毛が生えない状態になる人は沢山おりますので、この程度の脱毛することも永久脱毛の範囲に含めると、その全身脱毛の相場と期間は、脱毛クリニックだと50万円以上で期間は1年半、脱毛サロンだと30万円以上で期間3年〜5年、家庭用脱毛器だと7万円程度で期間1年前後になるようです。

脱毛期間は脱毛サロンが圧倒的に長く、3年以上も通い続けるのは、かなりの労力と根気が必要となります。

これは、出力の弱い脱毛器を使っているのにも関わらず、脱毛クリニックと同様に脱毛間隔を空けるためです。一方、脱毛器なら自分のペースで脱毛できるので、脱毛サロンの3分の1以下の費用と期間で脱毛できてしまいます。

光やレーザーなどによる脱毛法