パワースポットに関する情報を発信

May, 2024
-
-
-
01
02
03
04
05
06
07
08
09
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
-
PROFILE
MYALBUM
CATEGORY
RECENT
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINK
SEARCH
PR




May 10, 2024
両ワキの脱毛とその注意点について
わき毛というのは、女性にとっては最も気になるムダ毛の1つではないでしょうか。

特に夏場において、ノースリーブで電車のつり革にぶら下がる時などは、最も気を使うものですね。

このため、脱毛サロンの体験コースや格安キャンペーンで、最も申込みが多い部位が、この両ワキ毛の脱毛です。

また、この部位は、毛が太く密集している上に、自分ではキレイに処理しづらい箇所でもあります。

更に、肌が敏感で、痛みを強く感じやすい場所でもありますので、脱毛の施術にあたっては、刺激を抑えて一度に広範囲を処理できる光脱毛がお勧めです。

どの脱毛サロンも、も両腋の脱毛処理のメニューは充実しているので、回数やアフターケアなど比較して選びましょう。

このように、両ワキの脱毛は格安の体験コースとしても人気ですが、毛量や太さ、毛周期によっても脱毛の効果は違ってきます。

体験コースで決められた回数や期間内でどの程度脱毛できるのか、完全に脱毛するにはどのくらい通えばいいのかを確認しましょう。

数百円の体験コー スのはずが、結局はかなりの費用がかかったというケースもあります。

料金に惑わされず、効果や施術期間なども比較検討することが大切ですね。


脱毛サロンと美容クリニックの比較

Dec 16, 2022
脱毛サロンのメリット・デメリット
今や脱毛は女性のエチケットでマストアイテムとなりつつあります。

脱毛サロンでの施術は、きちんと研修を受けたスタッフが行えば、取り残しも無くしっかりと綺麗に脱毛する事が出来ます。

また、背中やうなじなど、自分では届かない部位もしっかり施術してくれるので、全身くまなく綺麗に脱毛する事が出来ます。

しかし、脱毛サロンで脱毛するとなれば、個所が多くなればなるほど、それなりにお金はかかってきてしまいます。

全身脱毛ともなると、15万円〜というサロンが多く、それなりにお金を準備しなくてはなりません。また、定期的にサロンに通わなければならないため、交通費も必要になります。

サロン脱毛は、各パーツの料金設定はかなり低く抑えられています。例えば、500円でワキ脱毛通いたい放題とか、脱毛3回で3千円というコースがあります。

このように、限定プランは確かに安いですが、「ワキ」や「ひざ・ひじ下」などの部位限定という事が多く、全身脱毛を希望する場合は、最低でも15万、平均20万円前後の費用が必要となります。

また、施術は2〜3ヶ月に1回のペースで通う必要があるため、予定を組むのが難しく、急なキャンセルをすると「キャンセル料」が発生する事もあります。

また、サロン脱毛では資格が必要ないため、研修を受ければ誰でも施術を行う事が出来ます。知識も経験も少ないスタッフに当たってしまうと、肌トラブルになってしまったという事もあり得ます。

全身脱毛専門サロン「KOITO」はエステ脱毛+医療脱毛+美肌ケア







Sep 06, 2022
ハイパースキン脱毛とは
ハイパースキン脱毛は通常よりも弱い出力の光を照射する蓄熱式脱毛法です。

ゆっくりと熱を蓄積して与えていくため痛みを大幅に軽減できます。

照射のターゲットは発毛因子と呼ばれる細胞です。

発毛因子が分裂することで毛は成長しますが、ハイパースキン脱毛はこの細胞分裂を止めることで発毛を抑えます。



このため、「毛が抜ける」というよりは「生えてくる量が減ってくる」という感じ方になります。

発毛の基盤となる細胞に働きかけて、徐々にムダ毛が生えにくくなる状態していくのです。

ただし、ハイパースキン脱毛はパワーが優しすぎるがゆえに、他の脱毛方法よりも時間がかかります。

施術後すぐに効果が現れないため、2∼3回程度にとどめると、「生えてくる」「効果なし」と感想を持つ人が多く、特に、脇やVIOなど毛が太い部位は時間がかかります。

ハイパースキン脱毛をする場合の目安としては、自己処理がラクになるためには10回以上、産毛が薄くなるためには13回以上の照射が必要です。

永久脱毛が認められている方法ではありませんが、施術を繰り返すことで十分な効果が期待できます。


ハイパースキン脱毛なら脱毛サロン「ディオーネ」です。

Apr 26, 2022
脱毛クリームは人気の脱毛剤
脱毛剤は薬局などで多く出回っています。

中でも脱毛クリームは人気商品で、かなり売れているようです。

脱毛クリームは値段が安く、やり方も手軽ですし、その上痛みもないので気軽に試すことができます。

市販の脱毛クリームは、特殊な化学反応によって毛を溶かすことによって脱毛処理をします。

脱毛処理の方法としては、皮膚にクリーム状の脱毛剤を塗ってしばらく置きます。

その後洗い流すか、ふき取って終わりです。

脱毛クリームでの脱毛は、皮膚から出ている毛を溶かすのであって、毛根までは処理できません。

そういう意味では脱毛剤というより除毛剤の部類に属すると言えるでしょう。

しかし、最近は毛根まで溶かすタイプの商品が、パーフェクト脱毛クリームとして少々ながら売られているようです。

ただし、脱毛クリームを使用すると、皮膚にも相当負担がかかります。

このため、肌の弱い人や敏感肌の人は特に、かぶれや炎症を引き起こす危険性があります。

このため、脱毛剤を初めて使用する場合は、まず目立たない部分でテストをして、自分の肌質に合うかどうか確認して使用することが重要です。


「パイナップル豆乳除毛クリーム」はシリーズ累計240万個突破!!

Jan 19, 2022
家庭用脱毛器の痛みについて
結論から言うと、全くゼロではありませんが、最近の家庭用手脱毛器は、できるだけ痛みを抑える構造になっております。

毛抜きで処理すると、かなりの痛みを伴うため、毛根に働きかける家庭用脱毛器も、相当の痛みが伴うのではないかと心配な方もいると思います。

たしかに、レーザーの出力が強すぎたりすると、火傷のような状態になってしまうことがありますが、最近の脱毛器は技術もかなり進歩し、肌への負担を軽減する仕込みになっております。

また、光を肌にあてるのは怖いと思うかもしれませんが、家庭用脱毛器は医療用やエステのものと比較して、出力が抑えられておりますので、痛みもそれだけ抑えることがてきるようです。

家庭用脱毛器の中で、一番痛みが少ないのは、フラッシュ脱毛器です。レーザーは出力を1点に集中させるため、照射のときは、ゴムではじかれたようなパチンとした痛みがあります。

その点、フラッシュ脱毛器は光が分散するために痛みは少ないです。

特に、最近では高い出力のフラッシュを瞬時に3回に分けて照射することによって、痛みを軽減するトリプルショットという方式を採用する機器なども出始めたので、痛みに関するケアは進歩していると言えます。
また、サーミ
コン方式の機器だと、毛を抜くことはないので、痛みはありませんが、熱戦で毛を焼くので、凹凸のある部位で、熱線に直接肌が触れてしまうと痛みではなく熱さを感じることはあります。

特に、太くて丈夫な毛は、細い毛に比べて処理するときに痛みを感じやすいようです。

我慢できないくらいの痛みがあるようなら、無理せず、何日かに分けて処理すると良いのではないでしょうか。


「スムーズスキン MUSE」はの肌に優しい家庭用光脱毛器♪


Jan 18, 2022
レーザー脱毛とその注意点とは
医療機関が行うレーザー脱毛と、エステサロンの光(フラッシュ)脱毛の原理は同じですが、照射するレーザー(光)の種類はかなり違います。

レーザーの方が強いのはもちろん、光が拡散しないために、照射した箇所は熱をもちやすく、火傷などのトラブルになりやすいのです。

そのため、レーザーを扱えるのは医療機関に限定されています。

レーザー脱毛の仕組みは、黒や茶色に吸収される波長のレーザーを脱毛したい部分に照射し、毛根や、その周囲の毛包を破壊して発毛できなくするというものです。

レーザー脱毛の効果があるのは成長期の毛のみで、全体の15〜20%にとどまります。残りの毛は休眠期を終えると生えてくるので、そのような発毛サイクルに合わせて数回照射します。

レーザー脱毛のメリットは、一度に短時間で広範囲を脱毛できる点です。

したがって、背中や脚など脱毛面積が広い部位を迅速に脱毛できます。

針脱毛(電気脱毛)に比べると痛みが圧倒的に少ないので、肉体的・精神的な負担も軽くなります。同じ原理の脱毛法に光脱毛もありますが、レーザー脱毛は光脱毛よりも出力が強いので、脱毛の効果も光脱毛より上です。

脱毛サロン「リンリン」


Jan 13, 2022
硬毛化の原因と対処法
脱毛施術にはさまざまなリスクがありますが、「硬毛化」もその中の一つです。


硬毛化とは、脱毛施術を受けたことにより、脱毛前よりも毛が硬く太くなる現象をいいます。



「多毛化」や「増毛化」といった呼称が使用されることもありますが、実際に毛が増えているわけではあなく、毛が太くなったことで増えて見えることから、こう呼ばれるようになりました。



症状が出るのは約100人に1人といわれているほど確率は低いです。



硬毛化の詳しい原因は解明されておらず、未だに不明な点が多いですが、「毛を生成する組織がきちんと破壊できなかった際に、過度に再生が働くことが原因で硬毛化するのではないか」と考えられております。



対処法としては、



■同じ出力で脱毛を継続する



硬毛化した毛はメラミン量が増加しているため、レーザーの反応がよくなります。



このため、これまでと同じ出力でも十分に熱ダメージを与えられるだろうと判断しての対処法です。



■硬毛化箇所のみ高出力レーザーで照射する



硬毛化は熱ダメージの不足により、きちんと破壊されなかったことが原因とされているため、高出力のレーザーでしっかりと脱毛を促す対処法です。



■硬毛化箇所をニードル脱毛する



硬毛化した箇所がレーザーを使用しても完全に処理するのは厳しいと判断された場合は、毛の生成組織をきちんと破壊できるニードル脱毛を適用する場合です。



■照射出力を落とす



照射出力を落として、次に生えてくる毛が硬毛化しないようにするための対処法です。



■放置する



硬毛化した毛はずっと生えているわけではありません。



毛周期によって生え変わるため、特別な処置はせずに放置するといった対処法です。


「大美会クリニック」で痛み・熱さが少ない全身脱毛

Dec 19, 2021
家庭用脱毛器の使用回数は?
家庭用脱毛器と脱毛サロンとを比べた場合、その効果については、当然のことながら脱毛サロンの方が優れております。

それは、費用が高いということもありますが、脱毛サロンが専門の知識や技術を持ったスタッフによるケアができるという点に対し、家庭用脱毛器は、素人がケアを行うのですから、その仕上がりの完成度については比較すべきことではありません。

また、家庭用脱毛器を継続的に使うことで、一定の脱毛効果が得られるのもまた事実です。

では、何回ほど家庭用脱毛器でケアを行えば美しい状態になるのでしょうか。実際に脱毛の効果が出るまでの回数については、利用する家庭用脱毛器やその人の肌質など個人差がありますので、一概に何回と言えなのが難しいところです。

ただ、1回の使用では、完全にきれいにならないという点は共通していますが、平均的には、4回〜6回程度の使用で美しい状態になる人が多いようです。

なお、この回数についてはあくまでも目安であり、実際に脱毛ケアを行う場所や肌の質などによっても差があるという点は理解しておきましょう。

また、家庭用脱毛器では「永久脱毛」の効果が得られないというのも現状です。

そのため、脱毛ケアを行い美しい状態になったとしても、時間が経過するとまた脱毛した部分から毛が生えてきます。

とはいえ、それでも脱毛ケアを行ってすぐに生えてくるといったこともありませんので、脱毛ケアを行わなくても良い期間というのも少なからずあります。

いずれにしても、使い続けることが重要だとは言えます。

「家庭用脱毛器」で簡単・手軽にムダ毛処理



Oct 25, 2021
医療脱毛と美容脱毛の施術期間の違い
端的に言うと、医療脱毛の方が美容脱毛よりも施術回数が少ない分、施術期間は短期間で済みます。

個人差はありますが医療脱毛の場合だと、効果をしっかりと実感するまでに5〜6回の施術が必要ですが、その期間は約1年かかるといわれております。

それに対して美容脱毛は、10〜15回以上の施術が必要で、その期間は約2〜3年が平均です。

医療脱毛と美容脱毛との間に、施術期間でこれほどの差が生ずるのは、照射出力が関係しております。

医療脱毛に比べて美容脱毛は照射出力が弱いため脱毛効果が低く、それだけ時間がかかるといったシンプルな理由です。

医療脱毛に通っている人の中には、よりすべすべのお肌になりたいと追加施術を希望するケースもあります。

こうした場合は、単純に医療脱毛の方が短期間で済むとはいえませんが、脱毛という面だけ捉えれば、やはり医療脱毛の方が短期間で済みます。

毛量が多い人や効果が出にくいとされる背中や顔、うなじなどの脱毛を検討している人は、医療脱毛を選択した方が、比較的短期間で脱毛を済ますことができることは間違いないようです。

子供の医療脱毛なら「メディカルエピレーションクリニック」

Oct 19, 2021
脱毛サロンの体験コースとは?
たいていの脱毛サロンでは「体験コース」を設定しておりますが、これは、文字通り脱毛を体験するためのものであり、大抵は、初回1回限りのお試しで終わります。

このため、お試しを体験して満足すれば、そのまま通常コースを契約する人もおります。

かといって、体験したからといって、必ず、契約しなければならないと言うことではなく、契約を断る、あるいは、保留する人もおります。

こうした人は、どの脱毛サロンへ通うのが良いか悩んでおり、いろんなサロンで脱毛の体験をしてみて、自分が一番気に入った脱毛サロンを選ぼうとしているからです。

すなわち、「体験コース」は、満足できる脱毛サロンや脱毛コースを選ぶための情報収集の一手段で、契約するお店を選ぶための「事前チェック」とも言えます。

「国民生活センター」では、脱毛エステサロンと継続的に契約する場合は、まず、契約前に数回サービスを受けてみて、サービスの内容や技術などと、提示している価格をしっかりと確認するよう注意を喚起しております。

そもそも、脱毛はヤケドやかぶれ、痛みなどのトラブルも考えられる施術ですから、前もって脱毛を体験する事前のチェックが特に重要となるのです。

本格的な永久脱毛ならこの脱毛サロン

Jan 05, 2018
家庭用脱毛器を選ぶポイント
家庭用脱毛器も肌に熱を加えて脱毛します。特に、レーザー脱毛は痛みが強いものが多いので注意が必要です。

このため、一瞬の照射時間で脱毛ができる脱毛器であれば、痛みが少なくさらに肌へのダメージも少なくすみます。

痛みの感じ方は個人差もあり、また脱毛する部位によっても異なりますが、脱毛器の説明や口コミで痛みの度合いをチェックしておきましょう。

次に、照射範囲が狭いと、脱毛に時間がかかります。照射時間が長いと肌にかかるダメージが大きくなります。

また、照射範囲が狭いと何度も脱毛しないとなかなか終わらないこともあるので、脱毛が面倒になってしまう可能性も大きいてず。

ダメージを抑えて、早く効果的な脱毛をおこなうためにも照射範囲のチェックは重要です。

さらに、せっかく購入した脱毛器でも、音がうるさくて使いにくいなんてことにならないように注意が必要です。

最近の家庭用脱毛器は静穏設計のものが増えていますが、隣人から苦情がくるほどうるさい脱毛器もあるようです。

最新のものであれば、うるさくてもドライヤーぐらい。ただドライヤー程度の騒音といっても、テレビを見ながら脱毛する、家族に内緒で脱毛する場合は、考え直した方がよさそうです。

たとえ、静穏設計をうたっていても、どの程度の音がするのか口コミを参考にしたり、問い合わせてみると良いでしょう。

「トリアビューティー」は本格的【家庭用レーザー脱毛器】☆脱毛効果は抜群♪



Dec 14, 2017
「毛周期」と医療レーザー脱毛の関係
「毛周期」とはムダ毛が生えたり抜けたりするサイクルです。


通常、我々が目にするのは成長期と退行期の毛ですが、皮膚の下には休止期の毛も隠れています。



例えば、ワキ毛は見えている成長期と退行期の毛は毛穴全体の約30〜40%程度しかなく、半数以上の毛は休止期で眠っている状態です。



この「毛周期」は医療レーザーと深い関係があります。



医療レーザー脱毛が効果を発揮するのは、「毛周期」の中でもメラニン色素を多く含む成長期の毛のみで、退行期・休止期の毛にレーザー照射しても反応しません。



このため、高い脱毛効果を得るには「毛周期」に合わせて脱毛を行う必要があるのです。



ただし、「毛周期」に合わせて脱毛を受ければ一度ですべてのムダ毛を処理できるわけではありません。



毛は1本1本それぞれバラバラのタイミングで生え変わります。



このため、脱毛部位にもよりますが1回のレーザー脱毛で処理できる成長期の毛は全体の15〜20%ほどです。



反応しなかった残りの毛は、成長期を迎えるのを待ち再度レーザーを照射する必要があります。



この反応しなかった毛を「毛周期」に合わせて狙い撃ちする作業を繰り返すため、脱毛は一度では終わらないのです。



目安としては、1.5〜3ヶ月に1度のペースでレーザー照射を行うと、約1年で脱毛は完了します。



「もっと早く脱毛を終わらせたい」と願っても、「毛周期」を無視した脱毛は結果的に金銭的・時間的ご負担を増やす原因になってしまいます。



「レジーナクリニック」は色黒肌・日焼け肌OKの全身医療脱毛美容クリニックです。

May 29, 2017
脱毛サロンには、どの程度かよえば良いの 
こうした疑問は、多くの方がもっていることでしょう。

しかし、よくよく考えてみれば、病気であれば、完治すれば通院する必要がなくなりますが、脱毛サロンにしろ、他のエステサロンにしろ、本人の美意識というあいまいな感覚を満足させるために利用するという動機である以上、いつまで、とか、何回までという明確な線引きはできないのが実態ではないでしょうか。

強いて言えば、「おなたが、これで満足と思うまで」と言わざるを得ません。すなわち、それを決めるのは、「それはあなた次第」なのです。

「自己処理が、ある程度、楽になれば良い」と考えるか、「ムダ毛を全部なくしたい」と、さらに上のレベルを目指すかは、本人しだいなのです。

じゃあ、回数を決める目安もないのか、となりますと、ある程度のものはあります。

1回から6回は、ムダ毛が抜けるのを実感!自己処理の回数は減るが、まだ生えてくる・・・。なかなか満足できず、追加をどうしょうか迷うところ。

6回〜10回は、自己処理が大分ラクに!場合によっては、ここでやめてもいいかも・・?

10回〜15回は、時々生えてくるくらい!もう続けなくてもいいかな!

無制限コースは、チョロッと生えても、すぐに行ける

ただし、これは、あくまで大まかな目安なので、どんな人でも当てはまる回数ではありません。サロンによって異なりますし、肌によっても違いますから。

サロンの無料カウンセリングで聞いてみるのが確実かもしれません。

「ビー・エスコート」は脱毛+美肌の美容脱毛サロン


May 16, 2017
医療脱毛で使われるレーザー
医療脱毛では、毛穴にレーザーを照射して毛根や周辺組織を壊しますが、体毛は部位ごとに毛根根の深さが異なるため、波長の異なるレーザー光を使い分けて行います。

■アレキサンドライトレーザー

「アレキサンドライト」というジュエルを利用したレーザーです。

3種類の医療用レーザーの中では最も波長が短く、波長の長さは755mmです。

主として、根が浅い部分の毛根を破壊するときに使われます。

メラニン色素に強く反応するため、黒々とした毛や太い毛と相性がよく、体毛の濃い人の脱毛に適しています。

日本人の肌とは相性が良く、医療脱毛では定番のレーザーといえます。

うぶ毛うぶ毛や薄毛はメラニン色素の含有量が少ないため、アレキサンドライトレーザーがうまく反応しないため、照射しても、思ったような脱毛効果は得られません。

一方で、表皮のメラニン色素には強く反応するため、日焼けした人や色素沈着がある人に使用すると、炎症ややけどを引き起こす恐れがあります。

■ダイオードレーザー

近赤外線レーザーで原材料には半導体が使われています。

波長の長さは800〜940mmで皮下組織にまで届きます。

アレキサンドライトレーザーよりも広範囲の部位に対応でき、うぶ毛うぶ毛・薄毛の脱毛も可能です。



●ショット式(熱破壊式)



毛根のメラニン色素に反応して毛根や周辺組織を破壊します。



アレキサンドライトレーザーほどの強い反応はありませんが、広範囲で多様な毛質の脱毛が可能で、肌へのダメージも控えめです。

●蓄熱式 />

ショット式よりも低い温度で脱毛する脱毛方式で、バルジ領域(毛の元を生み出す細胞や色素生成に関わる色素細胞があるところ)を狙ってレーザー照射します。

痛みや肌に与えるダメージが少ない上に、うぶ毛から剛毛の脱毛まで対応が可能で、日焼け肌でも脱毛が可能です。

■ヤグレーザー

波長が1064mmと、3種類のレーザーの中では最も長く、肌に照射すれば皮下組織の奥にも到達し、根が深い毛の脱毛も可能です。

他のレーザーでは対応しにくい頑固な毛や剛毛の脱毛に適しています。

メラニン色素への反応はさほど強くないため、色黒の肌・色素沈着を起こしている肌にも使えます。

ただし、脱毛効果が高い分痛みが強い点ため、施術時に麻酔が必要となることもあります。

「脱毛クリニック」の医療脱毛は、少ない回数で効果の高い永久脱毛を実現♪


Feb 07, 2017
抑毛ローションとは
抑毛ローションは自宅で塗るだけで抑毛効果があるとされているローションやジェルの事で、「脱毛クリーム」として紹介される場合もあるようです。ムダ毛処理の方法として、自分でも手軽に試せ、いかも、安価なのが最大のメリットです。

効果があると感じられるのは、パイナップル豆乳ローションがあり、これは男女兼用でも使えます。特に、濃いひげを薄くしたい男性にお勧めです。

抑毛ローションはムダ毛の成長を抑制して、毛を細く目立たなくする抑毛の効果がありますが、塗ってすぐに目に見えるほどの効果が出るわけではありません。

ただ、抑毛効果だけではなく、保湿や美白効果など肌のケアもしっかりしてくれるものが多く、妊娠中の女性や小さい子供でも安心して使えるので安心です。

個人差はありますが、少なくとも、2から3ヶ月は試す必要があります。 エステに行って脱毛するのは経済的にも時間的にも出来ないが、ムダ毛を少しでも目立たなくしたいという人は、まずは抑毛ローションから始めてみるのも良いでしょう。

脱毛サロンはどうやって選ぶ
Aug 12, 2016
永久脱毛の値段と期間はどのくらい?
日本の医師法(17条を補完する厚労省105号通知)では、永久脱毛は医師免許を持った医師(看護師も含む)が医療機関でのみが行えるとされており、脱毛サロンでも家庭用脱毛器でも、永久脱毛をする事は出来ません。

その方法は、レーザー光線やそれに相当する光で毛根部分に照射し、毛乳頭や皮脂腺開口部等を破壊する事となっております。

一般的に永久脱毛とは、一生毛が生えてこない事をイメージしがちですが、実際は、脱毛が完了してから、1ヶ月以内の毛の再生率が20%以下であることを永久脱毛と定義されております。

しかし、現実問題として、脱毛サロンでも家庭用脱毛器を使っても、ほぼ毛が生えない状態になる人は沢山おりますので、この程度の脱毛することも永久脱毛の範囲に含めると、その全身脱毛の相場と期間は、脱毛クリニックだと50万円以上で期間は1年半、脱毛サロンだと30万円以上で期間3年〜5年、家庭用脱毛器だと7万円程度で期間1年前後になるようです。

脱毛期間は脱毛サロンが圧倒的に長く、3年以上も通い続けるのは、かなりの労力と根気が必要となります。

これは、出力の弱い脱毛器を使っているのにも関わらず、脱毛クリニックと同様に脱毛間隔を空けるためです。一方、脱毛器なら自分のペースで脱毛できるので、脱毛サロンの3分の1以下の費用と期間で脱毛できてしまいます。

光やレーザーなどによる脱毛法