パワースポットに関する情報を発信

August, 2019
-
-
-
-
01
03
04
05
06
07
08
09
10
11
13
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
PROFILE
MYALBUM
CATEGORY
RECENT
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINK
SEARCH
PR




Aug 19, 2019
ペット保険のススメ
今や、日本では3世帯に1世帯の割合で、犬や猫をペットとして飼っているそうです。

ペットは家族の一員ですが、ペットは病気になってもケガを負っても状態を口で説明することは出来ません。

ですから毎日のペットの健康管理は飼い主の務めでもあります。

ペットが病気やけがをして苦しんでいる姿を見るのはつらいものですが、その治療費や手術・入院費などは、人間のように健康保険制度がないために、家計に直接大きく影響してきます。

特に、入院が必要となると10万円以上の費用がかかってくることも少なくありません。

このため、ペット保険はもともと注目されていましたが、最近になって、ようやく本格的に保険各社のサービスが揃い始めてきました。

それでも、まだまだペット保険に加入している方は多くはありませんが、ペットを飼われている方は、是非、この機会にペット保険を検討してみてはいかがでしょうか?

ペット保険とは、ケガや病気でペットが動物病院で医療サービスを受けたときに、その治療費用や手術代、入院費用などの一部を保険会社が補償してくれる保険です。

つまり、人間でいう健康保険のようなものです。各社のペット保険の内容を比較し 、予算やペットにあった保険を選択しましょう。

「ペッツベスト」は【補償率80%】獣医師が作ったペット保険です。
Aug 12, 2019
ワーキングホリデービザとは
ワーキングホリデー制度は、1980年にオーストラリアから始まり、現在ワーキングホリデー制度を結んでいる国は19カ国あります。

これは、2つの国・地域間の取り決め等に基づき、各々の国・地域が相手国・地域の青少年に対して自国・地域の文化や一般的な生活様式を理解するため、海外に長期滞在する事ができるビザです。

国によってワーキングホリデー制度は異なりますが、基本的には18歳〜30歳以下の人が利用する事ができ、1年間、海外で生活をする事ができます。

その内容は、観光だけでなく、就学や就労を許可されているビザなので、当該国の国内を自由に移動する事ができ、国によって期間は異なりますが、学校に通う事もできる上に、フルタイムで働く事ができる自由度の高いビザです。

ただし、1つの国に対して1度しか使用する事ができません。

例えば、米国に1年間ワーキングホリデービザで滞在すると、帰国後、再び米国にワーキングホリデーを使って渡航しようとしても、すでに、この制度を使っているので出来ませんので、他のビザを利用して渡航するしか方法はありません。

「ブッキングドットコム」で宿泊予約
Aug 02, 2019
LCCを利用する際の注意点
昔は、安い航空券の代表的ものとしては、PEX航空券か格安航空券でした。

このため、海外旅行は、個人で手配して行くよりもパッケージツアーを利用した方が安かったのですが、現在は、LCCを使えば、パッケージツアーと同じかさらに安くすることもできるようになりました。

たしかに、LCCの航空運賃は格安なのですが、その分、利用にあたって注意すべきことがあります。

■大手の航空会社では目的地まで直行便があります。しかし、LCCだと直行便がないため、乗り継ぎをしないと目的地へ行くことができない場合があり、それだけ、所要時間が大幅に増えることがあります。

■LCCの料金は、基本的にはフライト料金のみなので、機内食や飲み物、あるいは、手荷物の預け入れは別料金となります。

■早朝や深夜に出発・到着することがあります。

■予定が変わってキャンセルしても、払い戻しができないものがあります。

このように、色んな制限や不便なことがあるため、高いが大手の航空会社を利用してサービスと時間を取るか、LCCの低料金を優先してサービスや時間を犠牲にするか、いずれを選択するかは、自分の旅行スタイルをよく考えて決める必要があります。

個人旅行者やバックパッカーのような節約派志向の人にとっては、大変便利な移動手段であることは間違いないようです。

格安航空券の予約なら「イーツアー」