パワースポットに関する情報を発信

November, 2020
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
-
-
-
-
-
PROFILE
MYALBUM
CATEGORY
RECENT
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINK
SEARCH
PR




Aug 27, 2019
メタボリック症候群の危険性
メタボリック症候群は、即、病気というわけではありませんが、いつ病気になってもおかしくない、いわば病気の予備軍のことで、ある日突然、重大な病気に悩まされることにもなりかねない状態なのです。

メタボリック症候群は、肥満体型の人がなるものと思われがちですが、肥満は肥満でも、内臓に脂肪が貯まった内臓脂肪型肥満のことを言います。

外見だけで、内臓脂肪型かどうかを判断するのは難しいのですが、目安としては、ウエストのサイズが、男性85cm以上、女性は90cm以上をメタボリック症候群と判断されます。

メタボリック症候群で心配される病気は、肥満症、高血圧、高脂血症、糖尿病などのいわゆる生活習慣病です。

これらは、重複して発症することもあるため、動脈硬化のリスクが高くなり、ひいては、心臓や脳に重大な影響を及ぼすことにもなりかねません。

内臓脂肪型肥満は、通常の肥満に比べて脂肪を落とすのが難しいことから、少しでも脂肪が付き始めたと思ったら、対策を立てていきましょう。

メタボリック解消には、骨盤矯正が効果を発揮します。

酵素ダイエットのメカニズム
太りにくい体質になるには
ダイエットとは、摂取エネルギーと消費エネルギーのバランスを考えた食事制限によって体重を減量することです。

すなわち、痩せるということは、体脂肪を正常な数値に戻すことですが、実は体脂肪を減らすのはそれほど難しいことではありません。

要は、消費エネルギーを摂取エネルギーより増やせばよいのです。

しかし、太りにくい体質になるためには、単に食事を減らすだけではなく、「食事」「運動」「生活習慣」の3つの側面からダイエットを実行していくことが必要です。

食事については、1日に必要な摂取カロリーよりも、200〜300kcal少なめにするのがコツです。極端に食事量やカロリーを減らすと、体が飢餓状態になってリバウンドを引き起こす可能性があるので、低カロリーなメニューをバランスよく食べることを心がけ、1日3食30品目を食べる食生活に改善していきましょう。

また、食物繊維を多く摂って糖質と脂肪を抑えることも、体脂肪減少には効果的なので、摂取する食品のバランスも大切です。

アサイーレッドスムージーダイエットで【置き換えダイエット+エイジングケア】
Aug 19, 2019
ペット保険のススメ
今や、日本では3世帯に1世帯の割合で、犬や猫をペットとして飼っているそうです。

ペットは家族の一員ですが、ペットは病気になってもケガを負っても状態を口で説明することは出来ません。

ですから毎日のペットの健康管理は飼い主の務めでもあります。

ペットが病気やけがをして苦しんでいる姿を見るのはつらいものですが、その治療費や手術・入院費などは、人間のように健康保険制度がないために、家計に直接大きく影響してきます。

特に、入院が必要となると10万円以上の費用がかかってくることも少なくありません。

このため、ペット保険はもともと注目されていましたが、最近になって、ようやく本格的に保険各社のサービスが揃い始めてきました。

それでも、まだまだペット保険に加入している方は多くはありませんが、ペットを飼われている方は、是非、この機会にペット保険を検討してみてはいかがでしょうか?

ペット保険とは、ケガや病気でペットが動物病院で医療サービスを受けたときに、その治療費用や手術代、入院費用などの一部を保険会社が補償してくれる保険です。

つまり、人間でいう健康保険のようなものです。各社のペット保険の内容を比較し 、予算やペットにあった保険を選択しましょう。

「ペッツベスト」は【補償率80%】獣医師が作ったペット保険です。