パワースポットに関する情報を発信

December, 2016
-
-
-
-
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
24
25
26
27
28
29
30
31
PROFILE
MYALBUM
CATEGORY
RECENT
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINK
SEARCH
PR




Dec 23, 2016
男性との接し方
積極的に恋愛・結婚を考えている女性にとって、男性とどのように接したら良いのかは、重大な関心事です。

特に、好意を持った男性に対しては、自分に振り向かせるためには、それなりのテクニックが必要になります。

■話すときは相手の目を見て

相手の目を見て話すのは人との付き合いの基本中の基本です。それによって、相手に安心感を与えると同時に信頼を与えることも出来ます。

相手と目を合わすことが苦手という方は、少なくとも話をしている相手に、顔を向けることから始めましょう。

■相手と呼吸を合わせる

例えば、飲み物を飲むとき、食事に箸をつけるとき。そのタイミングを一つひとつ、合わせるように心がけましょう。

人は誰しも、相手と呼吸が合うと心地よく感じるものです。そのためには、相手を良く見ていないと出来ません。相手を良く見て、相手の行動のタイミングに合わせてみましょう。

■最初からいい子ぶらない

理想の男性と出会いたい、そのためには、自分も最良の状態でなければならないと、高いレベルでの出会いを求める女性は多いものです。婚活パーティしかり、合コンしかりです。

しかし、長い恋愛をしたいとか、結婚したいと思っている場合、最初に出来上がったイメージは、いずれ何からの形で崩れてしまいます。

すなわち、相手に分不相応な良印象を与えてしまうと、それは必ず崩れるものです。

そのギャップが大きいと、これが不信感につながり、さらには嫌悪感にまで発展して、結局は、破局を迎えるという最悪の結末になりかねません。

その反面、余り良くない印象から2人が知り合った場合は、付き合っている間に改善する余地はいくらでもあります。

無理して良い面ばかりを見せて出会うのではなく、最初から自分の素を見せておくことが大切で、その方が、長続きします。

■出来るだけ多く接し、楽しむ

相手と接する機会が多いほど、お互いの情報を共有することができ、理解が深まっていきます。メールや電話、もしくは会って楽しくお話をする機会を、務めて多く作りましょう。

■無理強いしない

かと言って、過度に接する機会を作ることを相手に強要するのは、鬱陶しく思われてしまい、逆に相手を遠ざけてしまいます。

何事も、ほどほどが大切です。相手のペースを見極めながら、進めましょう。

自分にあった婚活選び

男性との接し方
積極的に恋愛・結婚を考えている女性にとって、男性とどのように接したら良いのかは、重大な関心事です。<br/><br/>
特に、好意を持った男性に対しては、自分に振り向かせるためには、それなりのテクニックが必要になります。<br/><br/>
■話すときは相手の目を見て<br/><br/>
相手の目を見て話すのは人との付き合いの基本中の基本です。それによって、相手に安心感を与えると同時に信頼を与えることも出来ます。<br/><br/>
相手と目を合わすことが苦手という方は、少なくとも話をしている相手に、顔を向けることから始めましょう。<br/><br/>
■相手と呼吸を合わせる<br/><br/>
例えば、飲み物を飲むとき、食事に箸をつけるとき。そのタイミングを一つひとつ、合わせるように心がけましょう。<br/><br/>
人は誰しも、相手と呼吸が合うと心地よく感じるものです。そのためには、相手を良く見ていないと出来ません。相手を良く見て、相手の行動のタイミングに合わせてみましょう。<br/><br/>
■最初からいい子ぶらない<br/><br/>
理想の男性と出会いたい、そのためには、自分も最良の状態でなければならないと、高いレベルでの出会いを求める女性は多いものです。婚活パーティしかり、合コンしかりです。<br/><br/>
しかし、長い恋愛をしたいとか、結婚したいと思っている場合、最初に出来上がったイメージは、いずれ何からの形で崩れてしまいます。<br/><br/>
すなわち、相手に分不相応な良印象を与えてしまうと、それは必ず崩れるものです。<br/><br/>
そのギャップが大きいと、これが不信感につながり、さらには嫌悪感にまで発展して、結局は、破局を迎えるという最悪の結末になりかねません。<br/><br/>
その反面、余り良くない印象から2人が知り合った場合は、付き合っている間に改善する余地はいくらでもあります。<br/><br/>
無理して良い面ばかりを見せて出会うのではなく、最初から自分の素を見せておくことが大切で、その方が、長続きします。<br/><br/>
■出来るだけ多く接し、楽しむ<br/><br/>
相手と接する機会が多いほど、お互いの情報を共有することができ、理解が深まっていきます。メールや電話、もしくは会って楽しくお話をする機会を、務めて多く作りましょう。<br/><br/>

■無理強いしない<br/><br/>
かと言って、過度に接する機会を作ることを相手に強要するのは、鬱陶しく思われてしまい、逆に相手を遠ざけてしまいます。<br/><br/>何事も、ほどほどが大切です。相手のペースを見極めながら、進めましょう。<br/><br/>
自分にあった婚活選び

Jul 07, 2016
男性の結婚適齢期と地位の変化
昔は、男性の方が女性よりも5歳以上年齢が離れているのが一般的でした。

これは、男性が世帯を持つだけの収入を得られるようになる年齢では、年下の若い女性でないと子供を多く生むことができないからです。

しかし、今では、医学の進歩によって高齢出産もある程度可能になったことから、年齢が近い夫婦や、逆に女性の方が5以上も年上の姉さん女房も増えてきております。

なかには、親子ほども年が違う、年の差婚も見かけるようになりました。

その背景には、価値観や理想の男性に求めるものが変化していることがあるのでしょう。

昔の男性には一家の大黒柱として、あるいは、一族の統領としての父親が求められていましたが、現代では、共感でき、価値観が共有できる相手を求めている人が多くなっています。

それに伴い、夫の家庭内の地位も、亭主関白からお友達、あるいは、単に、給料を稼いでくれる人へと低下しております。このため、肉食性男子よりも、草食系男子がモテる時代なのです。

また、今の結婚適齢期の女性は、昔気質の父親の姿も見てきておりますから、父親のいいなりになって尽くす母親をかわいそうと同情し、自分は結婚してもこんな思いをしたくないと、一緒に頑張れる人、おもしろい人と、自分に共感してくれる男性を望んでいるのです。

サクラのいない婚活パーティーを探す
Jun 20, 2016
婚活に行き詰ったらどうする?
スポーツにしろ、受験勉強にしろ、必ずと言って良いほど訪れるのがスランプです。これにはまり込んでしまうと何をやってもうまく行きません。

でも、この辛い試練を乗り越えると、大きく飛躍するチャンスとなります。

婚活もまた同様で、うまくいかないことが続くことだってあります。そんな時は、気分転換を図ることが大切です。

そのためには、これまでの婚活を振り返って反省することも大切ですが、もっと大事なのは「自分を責めない」ということです。

婚活が思うように行かないからと言って、相手があることですから、全て自分に非があるわけではないからです。

過ぎたことをくよくよして、婚活なんてこりごりと思い詰めても、何の解決にもなりません。これまで出会った人は、ただご縁がなかっただけだと割り切って、あまり気にしないようにしましょう。

思い詰めて暗い顔をしていればいるほど、次の出会いのチャンスが遠のくだけなのです。<br/><br/>新しい、素敵な出会いを引き寄せるためにも、後悔するのはやめて、笑顔でいましょう。<br/><br/>
また、気心のしれた友人と会うことは、気分転換には有効な方法です。しかし、すでに相手がいて幸せいっぱいという友達だと、逆にストレスになりますから、同じように婚活を頑張っている友達にしましょう。

その友達から、婚活に関する意見交換をするだけでも、気分転換になりますし、今後の婚活の参考になるかもしれません。

洗顔で守るべき手順