パワースポットに関する情報を発信

June, 2017
-
-
-
-
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
-
PROFILE
MYALBUM
CATEGORY
RECENT
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINK
SEARCH
PR




Jun 20, 2017
結婚相談所を選ぶ際のチェックポイント
会員数は最低でも3000人以上は必要です。この点に関しては、大手と言われる結婚相談所はクリアおりますが、小規模の結婚相談所では、かならずしもそうではありません。

会員数が少なすぎると、お見合いの申し込みをする相手がいなくなり、何のために、毎月、高いお金を払っているのか分からなくなりかねません。

同時に、男女比率や、多く在籍している年齢層も重要です。特に、男女比は地方により異なり、女性が多い地域もあれば、逆に男性が多い地域もあります。また、自分が求める年齢層の人が多いと、それだけ選択肢が広がります。

HPに料金が載ってないのは要注意です。また、掲載されていても、あえて料金がわかりにくくしている場合があります。これでは、明朗会計に料金は期待できません。

成婚料についても確認しましょう。成婚料の平均は10万円です。これが、もし、男性が女性の分まで負担するとなると、男性は20万円も負担しなければなりません。

成婚料が0円と宣伝しているところもありますが、もしこれが本当であれば、例えあなたが成婚しても、結婚相談所にとっては何の得にもなりません。これでは、本気で結婚を応援してくれるでしょうか?

お見合いのたびに、お見合い料が必要な結婚相談所もありますが、その代わり、初期費用や月額が他よりも低く設定されていることもありますので、自分の婚活スタイルに合わせて選びしょう。

お見合いの回数を多くしたい人であれば、お見合いのたびに料金が発生するのでは、フトコロ具合が心配になるでしょうし、仕事が忙しくて土日もなかなか時間がとれそうもなく、せいぜい、月1〜2回くらいしか出来ないのであれば、余り気にはならないでしょう。

youbride(ユーブライド)は、【定額制】の結婚情報サービス☆年間1,500組以上の婚活カップルが誕生♪
May 26, 2017
結婚相談所利用のススメ
結婚を目指す男女にとって心強い味方である結婚相談所の良いところは、何といっても、カップル成立率や成婚率が高く、また、成婚までの期間も短く、平均して3〜6ヶ月程度と言われています。

そもそも、結婚を意識している男女ばかりが集まっているので、カップルの成約率や結婚に至る確率が高いのは当然のことでしょう。

特に、仕事で忙しい人は、婚活をするにもなかなか時間がとれませんが、結婚相談所に登録しておけば、自分の希望や条件に合った理想に近い相手を紹介してもらうことが出来ます。

相手のプロフィールを確認して、合うかどうかを決めることが出来るため、効率よく理想の相手に出会いことが出来ますし、もし、気に入らなくて断る場合でも、結婚相談所を介してできるので気が楽ですしお互い傷つくことはありません。

結婚相談所に登録する際は、個人情報をしっかり記載する必要があり、また、入会審査にも厳しい基準が設けられているため、身元がしっかりした人ばかりなので、安心してお付き合いすることができます。

結婚相談所を利用すると、出会いの場が広がり色んなタイプの異性と出会うことができるのも魅力の一つです。自分で相手を探す場合は、こうはいきませんよね。それだけ、より理想に近い相手に出会える可能性が高くなるのです。

異性との付き合いは苦手だという人でも大丈夫です。専任のアドバイザーが付いて相手との連絡、お見合い場所のセッティング、婚活に関するアドバイスや相談にも乗ってくれるので安心してお任せできます。

会員制結婚相談所「クラブオーツー」
May 12, 2017
婚活を始める前に行うべきこと
これから婚活を始めようと思い立ったら、まずは、自分の性格や性質、ライフスタイル、将来の希望など、自分をもう一度見直さなければなりません。

自分は本当に結婚を希望しているのか、結婚したらどのような家庭を築きたいのかなど、明確な目標をたてないと、婚活は上手くいきません。

これによって初めて、相手に求める条件をしっかりと整理することができるため、出会う人の中から、自分に会う相手を見つける可能性が高くなるのです。

まず、どうしても譲れない条件を決めましょう。それには、収入、学歴、職業、容姿、性格や人柄、趣味、金銭感覚など色々あるでしょう。この中から、どうしても譲れない条件を決めることが重要です。

これを決めることによって、出会った人の内、誰を交際相手に選び、どのように評価すれば良いかの判断基準となります。

同時に、相手も同じように条件を決めており、同じように自分も評価されます。

このため、条件を決めると同時に、自分はなぜ結婚できないのかをしっかり分析して問題点を把握し、この問題点をクリアできるように努力しないと、相手の評価基準をクリアすることは出来ません。

そして、自分の条件と相手が望む条件が見合っているかどうか、比較してみることも大切です。自分のことは棚に上げて、相手に余りにも高い条件を設定すると、結婚は難しいからです。

多くを望んで「玉の輿」に乗ろうと見果てぬ夢を追うよりも、現実を見据えた堅実的な夢を追うことが結婚への近道なのです。

本気の婚活・恋愛なら「出会いネット」
Apr 07, 2017
結婚相談所のアドバイザーの重要性
会社で仕事する場合やスポーツの場合などは、他の人と協力しあいながら物事を進めていきますが、婚活はそうゆうわけにはいきません。

自分一人の行動が中心となります。結婚相談所に会員登録をし、これはと思う人を見つけて交際を申し込んだものの、次々と断られたり、また、交際までいったものの結婚に至らなかったりということは良くあることで、心理的な負担はかなり大きくなります。

そんな時に、励ましてくれたりアドバイスをしてくれたりと、あなたの婚活をサポートし、フォローしてくれるのがアドバイザー で、その存在はとても重要で、しかも、強い味方になってくれます。

このアドバイザーは、入会前の説明担当者と同じという場合や、営業担当者と入会後のアドバイザーが異なると言う場合があり、これは、結婚相談所によって違います。 

そして、アドバイザーは仕事柄、日々多くの成婚者を目にしており、自分がサポートしている会員の中でも多くの成婚事例を知っておりますから、ベテランのアドバイザーであればあるほど、結婚相談所に入会して成婚に至る人と、そうでない人の違いをよく知っております。

ですからズバリ 「どんな人が結婚できていますか?」 と聞いてみるのも一手でしょう。成婚にいたるまでの、参考になるアドバイスをもらえることでしょう。

【格安・安心】の優良ネット婚活サイト「エキサイト恋愛結婚」

Dec 23, 2016
男性との接し方
積極的に恋愛・結婚を考えている女性にとって、男性とどのように接したら良いのかは、重大な関心事です。

特に、好意を持った男性に対しては、自分に振り向かせるためには、それなりのテクニックが必要になります。

■話すときは相手の目を見て

相手の目を見て話すのは人との付き合いの基本中の基本です。それによって、相手に安心感を与えると同時に信頼を与えることも出来ます。

相手と目を合わすことが苦手という方は、少なくとも話をしている相手に、顔を向けることから始めましょう。

■相手と呼吸を合わせる

例えば、飲み物を飲むとき、食事に箸をつけるとき。そのタイミングを一つひとつ、合わせるように心がけましょう。

人は誰しも、相手と呼吸が合うと心地よく感じるものです。そのためには、相手を良く見ていないと出来ません。相手を良く見て、相手の行動のタイミングに合わせてみましょう。

■最初からいい子ぶらない

理想の男性と出会いたい、そのためには、自分も最良の状態でなければならないと、高いレベルでの出会いを求める女性は多いものです。婚活パーティしかり、合コンしかりです。

しかし、長い恋愛をしたいとか、結婚したいと思っている場合、最初に出来上がったイメージは、いずれ何からの形で崩れてしまいます。

すなわち、相手に分不相応な良印象を与えてしまうと、それは必ず崩れるものです。

そのギャップが大きいと、これが不信感につながり、さらには嫌悪感にまで発展して、結局は、破局を迎えるという最悪の結末になりかねません。

その反面、余り良くない印象から2人が知り合った場合は、付き合っている間に改善する余地はいくらでもあります。

無理して良い面ばかりを見せて出会うのではなく、最初から自分の素を見せておくことが大切で、その方が、長続きします。

■出来るだけ多く接し、楽しむ

相手と接する機会が多いほど、お互いの情報を共有することができ、理解が深まっていきます。メールや電話、もしくは会って楽しくお話をする機会を、務めて多く作りましょう。

■無理強いしない

かと言って、過度に接する機会を作ることを相手に強要するのは、鬱陶しく思われてしまい、逆に相手を遠ざけてしまいます。

何事も、ほどほどが大切です。相手のペースを見極めながら、進めましょう。

自分にあった婚活選び

Jul 07, 2016
男性の結婚適齢期と地位の変化
昔は、男性の方が女性よりも5歳以上年齢が離れているのが一般的でした。

これは、男性が世帯を持つだけの収入を得られるようになる年齢では、年下の若い女性でないと子供を多く生むことができないからです。

しかし、今では、医学の進歩によって高齢出産もある程度可能になったことから、年齢が近い夫婦や、逆に女性の方が5以上も年上の姉さん女房も増えてきております。

なかには、親子ほども年が違う、年の差婚も見かけるようになりました。

その背景には、価値観や理想の男性に求めるものが変化していることがあるのでしょう。

昔の男性には一家の大黒柱として、あるいは、一族の統領としての父親が求められていましたが、現代では、共感でき、価値観が共有できる相手を求めている人が多くなっています。

それに伴い、夫の家庭内の地位も、亭主関白からお友達、あるいは、単に、給料を稼いでくれる人へと低下しております。このため、肉食性男子よりも、草食系男子がモテる時代なのです。

また、今の結婚適齢期の女性は、昔気質の父親の姿も見てきておりますから、父親のいいなりになって尽くす母親をかわいそうと同情し、自分は結婚してもこんな思いをしたくないと、一緒に頑張れる人、おもしろい人と、自分に共感してくれる男性を望んでいるのです。

サクラのいない婚活パーティーを探す
Jun 20, 2016
婚活に行き詰ったらどうする?
スポーツにしろ、受験勉強にしろ、必ずと言って良いほど訪れるのがスランプです。これにはまり込んでしまうと何をやってもうまく行きません。

でも、この辛い試練を乗り越えると、大きく飛躍するチャンスとなります。

婚活もまた同様で、うまくいかないことが続くことだってあります。そんな時は、気分転換を図ることが大切です。

そのためには、これまでの婚活を振り返って反省することも大切ですが、もっと大事なのは「自分を責めない」ということです。

婚活が思うように行かないからと言って、相手があることですから、全て自分に非があるわけではないからです。

過ぎたことをくよくよして、婚活なんてこりごりと思い詰めても、何の解決にもなりません。これまで出会った人は、ただご縁がなかっただけだと割り切って、あまり気にしないようにしましょう。

思い詰めて暗い顔をしていればいるほど、次の出会いのチャンスが遠のくだけなのです。<br/><br/>新しい、素敵な出会いを引き寄せるためにも、後悔するのはやめて、笑顔でいましょう。<br/><br/>
また、気心のしれた友人と会うことは、気分転換には有効な方法です。しかし、すでに相手がいて幸せいっぱいという友達だと、逆にストレスになりますから、同じように婚活を頑張っている友達にしましょう。

その友達から、婚活に関する意見交換をするだけでも、気分転換になりますし、今後の婚活の参考になるかもしれません。

洗顔で守るべき手順