パワースポットに関する情報を発信

January, 2017
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
26
27
28
29
30
31
-
-
-
-
PROFILE
MYALBUM
CATEGORY
RECENT
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINK
SEARCH
PR




Jan 25, 2017
睡眠不足はダイエットに悪影響
健康や美容のためには、睡眠が大切ですが、ダイエットのためにも質の良い睡眠をとる必要があります。

1日に7〜9時間寝る人に比べ、睡眠時間5時間の人は肥満率が50%アップし、4時間以下の人は、73%も上昇するそうです。

「レプチン」は脂肪細胞が分泌する食欲を抑えるホルモンで、「グレリン」は胃で作られるホルモンで食欲を増進する働きがあります。

睡眠時間が短いと、この2つのホルモンバランスが崩れて、満腹ホルモンのレプチンが減り、空腹ホルモンのグレリンが増えてしまいます。

例えば、睡眠時間が5時間の人は、8時間の人に比べて、レプチンが16%少なく、グレリンが15%も増えています。このため、食欲が増して太りやすい身体になってしまうのです。

しかも、グレリンが増えることによって、高脂肪食や高カロリー食を好むようになります。睡眠不足になると、ケーキやこってりしたラーメンを食べたくなるのは、このためなのです。

睡眠不足によって食欲が増し、食事の量や食事を取る機会が増えることで、体に余分な脂肪をため込んでしまい、これが肥満に繋がるのです。

睡眠時間をしっかりとって、健康的な生活をすることは、ダイエットを成功させるためにも、大切なことなのです。

腸内改善で美肌作り