パワースポットに関する情報を発信

October, 2016
-
-
-
-
-
-
01
02
03
04
05
06
07
08
09
11
12
13
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
28
29
30
31
-
-
-
-
-
PROFILE
MYALBUM
CATEGORY
RECENT
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINK
SEARCH
PR




Oct 27, 2016
イチジクとは
イチジクの原産地はアラビア半島の南部からトルコ辺りです。紀元前3000年頃にはすでに栽培されていたと言われるほど最も古い果物のひとつで、アダムとイヴが腰に巻いていたのが、このイチジクの葉です。

イチジクは花が咲かずに実がなることから、漢字では「無花果」と書きますが、食用にしている実は肉質化した花たく(花床)と、咲かなかった花の部分で、食べたときにプチプチと歯に当たるのが種です。

イチジクの実には消化酵素が多く含まれるために整腸作用があり、葉や茎の切り口から出る白い乳液はイボ取りや痔の外用薬に、また、葉を入れた薬湯は神経痛に効くとされております。

また、イチジクには豊富な栄養が含まれていることから、男性でも女性でも、身体にも良い効果を及ぼしてくれます。特に、美容・便秘や二日酔いなどには効果的と言われており、美容面でも注目され始めている食材です。<br/><br/>

イチジクの代表的な品種としては、まず、ドーフィンがあります。この品種は日本で多く出回っており、食べやすく、どこか懐かしい味わいがするのが特徴です。<br/><br/>

次に、バローネはイチジクの中でも最大の品種と言われており、他の品種に比べて大きいのが特徴です。セレストはバローネと同様、甘みが強く食べやすいのが特徴です。<br/><br/>

かに通販でお歳暮を送る前の注意点
Jul 14, 2015
カニの外子のおいしい食べ方
カニの内子は、醤油漬けや塩漬けにして食べると高級珍味として食べられることが知られています。
外子も、おなじように醤油漬けや塩漬けにされることもありますが、外子は、生のままよりも少しだけ加熱して食べるほうがおいしいようです。
外子は、見た目がグロテスクですが、カニの中でも非常においしい部位です。生のままの見た目が苦手だという人でも、加熱すれば食べられるのではないでしようか。
外子は、カニに付いたままの状態でボイルすれば、おいしく食べられます。鍋や出汁をとるのに使うというケースもありますが、外子は火が通りすぎると、味が落ちるので、さっとボイルをしたらそのまま食べることがオススメです。ミソと混ぜて食べてもおいしく食べることができます。小さなカニならさっと焼いて食べてもおいしいのですが、この時のおすすめは甲羅を下にして焼くことです。
どうしても苦手な人は、味噌汁などの出汁に使ってみてはどうでしようか。出汁をとったら捨てるにしても、上等な出汁がとれますのでおすすめですよ。
補正下着の効果