パワースポットに関する情報を発信

December, 2021
-
-
-
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
-
PROFILE
MYALBUM
CATEGORY
RECENT
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINK
SEARCH
PR




Nov 22, 2021
保育士への復職
結婚を期に保育士の仕事を中断していたが、子供に手が掛からなくなったので復職したい場合、それは可能なのでしょうか。

結論から言えばそれは可能ですが、条件があります。

それは、体力的に付いて行けるか、現在の保育体制を理解出来るかということです。

ブランクがあると、年齢的にも体力面で子供達のパワーについていけない可能性があります。このため、最初はフル勤務でなく、パートやアルバイトなどでブランクを埋めていくことも出来ます。

また、現在の保育体制は昔とは異なっております。このため、ブランクのある保育士は、新人になったつもりで保育園に入所しなければ、なかなか理解できず、とまどうことが多くあることでしょう。

また、保育園によって、それぞれ特色があるため、他の先生方に聞いたり、自分から学ぶ姿勢が大切です。

職場復帰するにあたって、事前に職場見学をさせてくれる保育園も多数ありますから、どのような保育が行われているかを見学することが出来ます。

このため、ブランクがあっても、体力面と現在行われている保育体制をクリア出来れば、現役の保育士に戻ることは可能です。

保育士の就職支援ならチコラ(pc版)

保育士の就職支援ならチコラ(スマホ版)
Nov 10, 2021
水素水濃度と抜ける時間
水に溶けている水素の量はppm、PPB、mM、mg/lという単位を使って表示されます。

この内、よく用いられる単位はppmですが、一般的に1.62ppmまでが常温(20℃)の水に溶けることができる最大の水素量となります。

水の温度を下げたり強い圧力をかけたりすると1.62ppmより多くの水素を溶かすことができます。

このため、高濃度水素水や水素豊富水と呼ばれる水も、こうした特殊な製法で多くの水素を溶かしております。

高濃度水素水とは、主に1.6ppm以上の水素を含んだ水を言いますが、中には7.0ppmもの水素を含んだ高濃度水素水もあります。

水素が多く含まれている高濃度水素水のメリットは、時間が経っても水素が抜けきらない上に、封を開けてしばらく経過しても、定期的に水素を摂取できることにあります。

水素は極小の分子ですから、容器を通り抜けて水中から空気中へと抜けてしまう特徴があります。

一般的に1.0ppmの水素が完全に抜けるのは、10時間が目安と言われておりますので、7.0ppmの水素水だと19時間も水素が水中に留まっていることになります。

水素が抜けてしまう原因は、空気に触れるだけではなく、市販のペットボトルなど、容器にも関係があります。

こりため、水素水を生活に取り入れるなら、買い置きではなく、その場その場で生成できる水素水サーバーや水素水生成器、水素サプリなどがオススメです。

高濃度水素水の飲用ならコチラ(pc版)

高濃度水素水の飲用ならコチラ(スマホ版)
Nov 08, 2021
美容液の種類と効果
美容液は、有効成分が濃縮して配合されているため、少量でも効果が期待でき、効率的なケアが可能なため、肌の悩みに合わせて集中的なケアができます。

このため、ハリや弾力の元となる成分を補って美肌を手に入れるためには、欠かせない基礎化粧品なのです。

美容液は目的に応じて様々な種類があります。代表的なものとしては、次の3つのタイプがあります。

■保湿美容液

水分を肌に保つ保湿力が高い保湿成分を配合したもので、乾燥が気になる方におすすめですが、それ以外の方でも、集中的に保湿することで、シワやたるみ対策になります。

■美白美容液

シミやくすみが気になる方向けの美容液で、アルブチンやビタミンC誘導体などの美白有効成分が配合されており、メラニンの合成を抑制し、すでにできてしまったメラニンを定着させないように働きかけてくれます。

■アンチエイジング美容液
加齢による肌の衰えが気になる方向けの美容液で、肌のターンオーバー(新陳代謝)を促進するEGFや、FGF、コラーゲン、プラセンタなどを合わせて摂ることによって相乗効果があるとされている有効成分が凝縮されています。

この他、ニキビ用美容液、シミ用美容液、化粧下地兼用美容液などがあります。

乾燥も気になるが美白もしたいなど、女性にとって肌の悩みは1つではありません。

そんな場合には、美白美容液に保湿成分が配合されているものを選ぶなど、美容成分の特徴を知っておくと選びやすくなります。

エイジングケア美容液はコチラ(pc版)

エイジングケア美容液はコチラ(スマホ版)

Nov 03, 2021
葉酸の種類と違い
葉酸は水溶性ビタミンB群の栄養素で、赤ちゃんとママにとって非常に重要な役割を担っております。

水溶性のビタミンで体内では蓄積されづらいため。サプリメントから葉酸を補うことが必要不可欠です。

このため、厚生労働省も食品以外からの葉酸摂取を推奨しております。

葉酸のサプリメントで使用する葉酸には、「天然葉酸(食事性葉酸)」(ポリグルタミン酸型葉酸)と「合成葉酸」(モノグルタミン酸型葉酸)の2種類あります。

■ポリグルタミン酸型(天然葉酸)

野菜などに含まれている自然界に存在する葉酸で、野菜や果物、レバーなど自然界に存在しており、他の成分はあまり配合できません。

食品から摂取した場合は、消化の過程でモノグルタミン酸に変化して吸収されます。

吸収率は、モノグルタミンの半分です。また、1粒内の葉酸の割合は、食事と同じ形で吸収率が低いため、多く配合する必要があります。

■モノグルタミン酸型(合成葉酸)

体内に吸収される前段階の葉酸で、人工的に作られます。

吸収率が良いため、多くのサプリや健康食品が採用しており、他の成分を多く配合することができます。

吸収率はポリグルタミンの2倍です。また、1粒内の葉酸の割合は、吸収率が高いため少なく配合することができます。

合成葉酸の問題点としては、これまでは吸収率の高い合成葉酸が主流でしたが、過剰摂取になりやすく、ママや赤ちゃんへの悪影響が問題となっております。

また、日本人の多くは、合成葉酸を代謝・活用できない体質ということも明らかになっております。

人気の葉酸サプリはコチラ(pc版)

人気の葉酸サプリはコチラ(スマホ版)