パワースポットに関する情報を発信

April, 2017
-
-
-
-
-
-
01
02
03
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
-
-
-
-
-
-
PROFILE
MYALBUM
CATEGORY
RECENT
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINK
SEARCH
PR




Apr 07, 2017
高額介護サービス費と支給制度
介護サービスは「公的介護保険」によって、本人負担は1割で済みます。このため、1万円の介護サービスを受けた場合、本人負担は1000円ですみますが、これが、毎日受けるとなると、30日で3万円にもなります。

年金で生活している高齢者にとってはかなりの負担となりますので、これを救済するため、「高額介護サービス費」という支給制度があります。

これは、1か月の金額が、自己負担の水準を超えると、申請することによって、超過した額が払い戻される制度です。

この支給制度における自己負担の水準は、所得によって4段階に区別されております。

■第1段階は、生活保護受給者や老齢福祉年金受給者で、世帯全員が市民税非課税の人 は15,000円(個人)

■第2段階は、本人及び世帯全員が市民税非課税で、課税年金収入が80万円以下の人 は15,000円(個人)

■第3段階は、世帯全員が市民税非課税で第2段階に該当しない人は 24,600円(世帯)

■第4段階は、上記以外の人で 37,200円(世帯)となっております。

すなわち、第1段階に該当する人が、3万円利用した場合は、15,000円が戻ってきますし、第3段階の人が3万円利用したら5,400円しか戻ってきません。また、第4段階の人であれば、1円も戻ってこないことになります。

ここで注意が必要なのは、「世帯合算」制度で、これが適用されるのは、第3段階と4段階に該当する世帯です。

夫と妻2人で介護サービスを利用している場合、夫と妻のサービス合計が24,600円や37,200円を超えるとお金が戻ってくるものです。

この合算制度は複雑ですので、自分達夫婦が該当しているかどうかは、介護保険の窓口で相談する必要があります。

ただし、この高額介護サービス費は、老人ホームなどの居住費、食費、生活費などは支給対象外です。

また、在宅介護においても、福祉用具の購入費や住宅修繕費なども支給対象になっておりません。

いずれにしても、介護費がかかりすぎて困ったら、「高額療養費」や「高額介護サービス費」の対象になっていないかを行政窓口でしっかり確認しましょう。

「介護のお仕事」は【好条件】の介護職就職・転職を支援します。

Sep 06, 2016
高齢者や障がい者の「生活の質」の向上
『生活の質』(QOL)は、高齢者や障がい者が人間らしく、満足して生活しているかを評価する概念で、介護においても一般的に使われており、「QOLが高い」とか「QOLを向上する」というような使われ方をしております。
/>
例えば、寝たきりの状態は『日常生活動作』(ADL)が極めて低い状態ですが、寝たきりのままでも、本人が希望する介護を受けて生活することが出来るのであれば、本人が自律性を発揮していることになり、QOLの向上につながります。

その一方で、寝たきりになっている高齢者が適切な介護を受けることによって、寝たきり状態を脱して、活動的な生活を送ることができれば、ADLは向上したことになります。

寝たきり状態のままで手厚い介護を受けながら生活するのと、介護される必要性が減って、自立した生活を送ることが出来るようになったのを比べた場合、どちらが、QOLが高いと言えるでしょうか。

高齢者の多くは、人に介護されたくない、出来れば、食事や排泄等、日常生活における身の回りのことは、自分でしたいと考えているのではないでしょうか。

すなわち、QOLとADLは、密接に関わっているもので、QOLの向上をめざすためには、ADLの向上も合わせて図る必要があると言えるのです。

介護福祉士によるトイレ介助