パワースポットに関する情報を発信

June, 2021
-
-
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
13
14
15
16
17
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
-
-
-
PROFILE
MYALBUM
CATEGORY
RECENT
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINK
SEARCH
PR




Mar 24, 2016
いびきや歯ぎしりを軽減するには
いびきや歯ぎしりは、自分は寝ているのでわかりませんが、そばで寝ている家族にとっては、迷惑この上ないものです。
睡眠中の「いびき」は、鼻や舌、のどの奥の筋肉が緩んで咽頭が狭くなり、これによって、空気抵抗が大きくなるため、いびきをかきやすくなるのです。
特に、上向きに眠て、口を開いているといびきをかきやすいので、横向きやうつぶせで寝ると緩和されます。
また、疲れていたり、酒を飲んだ時なども、筋肉が緩みやすいのでいびきをかきやすくなります。
歯ぎしりもまた、睡眠中の特異な現象です。成長期の子どもの場合は、顎とかみ合わせのバランスが取れていないために起こることがあるそうですが、成人の場合は、精神的な不満や緊張が原因で起こることが多いようです。
規則正しい生活を心がけ、ストレスを発散させましょう。症状がひどい場合は、歯医者さんに相談する必要があります。
怖いのは、睡眠時の無呼吸症です。これは、アレルギー性鼻炎など鼻に原因がある、扁桃腺が大きい、肥満などが原因で起こると言われております。
無呼吸症は、眠りが浅くなるため睡眠不足になりやすく、高血圧や心不全の原因にもなりますし、場合によっては、急死するケースもあるので、病院で治療を受けることが大切です。

枕の素材
Mar 16, 2016
人体に影響を及ぼす放射性物質
東日本大震災における福島第一原発事故は、土壌汚染のみならず、海水や水道水をも放射能汚染をするという事態を引き起こしました。<br/><br/>
しかし、単に放射能物質と言っても、地球上に自然に発生し、存在している放射性物質と、原発や核実験など、人工的な核分裂によって発生する放射性物質の2種類があります。<br/><br/>
自然発生している放射性物質としては、太陽や恒星からの宇宙線による放射線と、大地に元々存在しているカリウム、ウラン、ラドンなどがあります。<br/><br/>
そして、これら放射線を浴びた食べ物などを口にすることによる被ばくも含め、人間は恒常的に、微量の被ばくを受けているのです。<br/><br/>
一方、核実験や原子力発電など、人工的な核融合・核分裂によっても放射線が発生し、これが放出されると、海水や大気を通じて世界中に拡散します。<br/><br/>
放射性セシウムやストロンチウムなどは、ごく僅かですが、自然発生しているものもありますが、現在、地球上にある大部分のものは、核実験などによって蓄積されているものです。<br/><br/>
いずれにしろ、これらは微量であれば、人体に大きな悪影響を与ることはありませんが、ある程度の量を継続的に被ばくすると、体に様々な影響を及ぼし、場合によっては、機能障害にも繋がってしまいます。<br/><br/>

純水の種類と特徴
Mar 11, 2016
プエラリアの有効性と安全性
プエラリアの別名はガウクルアと言います。ガウクルアはヤマイモの一種で、タイやミャンマーではガウクルアの根をすりつぶしたり、粉にしたりして食しているそうです。

日本ではあまり目にしませんが、日本においてはプエラリアミリフィカという植物から成分を抽出したサプリメントが多いようです。

数多く出ているプエラリア商品は、更年期障害の緩和、バストアップ、美肌、などへの有効性がうたわれています。

これらの有効性は、プエラリアに含まれている植物性エストロゲンという成分の働きに対するものです。

エストロゲンは女性ホルモンの一つですが、プエラリアにはエストロゲンとよく似た構造と性質を持つ成分が多くあるといわれています。

これらの成分は、エストロゲンの受容体と結合することで、エストロゲンと似た働きをするとされています。

すなわち、プエラリアにはミロエステロールやデオキシミロエステロール、などのエストロゲンを活性させる成分が含まれていて、それらが女性の身体に対して有効性を発揮するといわれているのです。

食事による産み分け