パワースポットに関する情報を発信

December, 2018
-
-
-
-
-
-
01
02
03
04
05
07
08
09
10
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
-
-
-
-
-
PROFILE
MYALBUM
CATEGORY
RECENT
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINK
SEARCH
PR




Oct 11, 2017
空気清浄機の仕組みと効果
空気清浄機は、空気を循環させるためのファン、大きな塵や埃を収集するプレフィルター、細かい埃を収集する集じんフィルター、活性炭によって臭気を吸着させる脱臭フィルターなどによって構成されます。

まず、汚れた空気をファンで吸い込み、フィルターを経由することによって、汚れた空気から埃や臭気が回収され、その結果、清浄になった空気が室内に放出されます。

また、製品によっては、本体に給水タンクを内蔵して、清浄化した空気にイオンを混在させて放出することによって、空気中のウイルスやアレルギー原因物質を抑制し、臭気を抑えるなどの、付加機能が付いた製品もあります。

消臭の仕組みは、活性炭を使って臭気発生物質を吸着します。活性炭の表面には、無数の細長い開口部があり、そこに、毛細管現象によって臭気成分を取込んで吸着することで消臭効果を発揮します。

活性炭は、アンモニア、硫化水素、アルデヒド類、芳香族類など数多くの臭気に対応しており、その適応範囲の広さから、空気清浄機の消臭・脱臭効果を発揮するため、一般的に採用されています。

ただし、活性炭は、多くの臭気物質を取込みすぎると飽和状態となり、それ以上の消臭が不可能となります。

飽和状態になった場合は、洗浄して汚れを落とすか、天日干しをすることで再利用が可能となりますので、定期的な洗浄が不可欠となります。

空気清浄機「サリール(Salir)」は空気清浄活性器です♪
May 22, 2017
掃除機のタイプ
掃除機には、大きく分けて7種類のタイプがあります。目的や使い方に合ったタイプを探してみましょう。

■キャニスター型
本体の下に車輪が装着されており、引きながら移動する掃除機の基本的なタイプです。パワーも強力で吸引力にすぐれていますので、家全体をきれいにするために用います。

家全体をきれいにするために用いるキャニスター型やショルダー型、スティック型に加え、身の回りを掃 除するコンパクトなハンディ型、自動で掃除してくれるロボット型、油汚れを落とすためのスチームクリーナー、布団専用の布団クリーナーなどがあります。

■ショルダー型
ストラップを肩に掛けて自由に動かして使うタイプです。階段や家具の上など手が届きにくい高い場所の掃除がスムーズにできますので、これも、家全体をきれいにするために用います。

■スティック型
立てて置ける縦長のタイプ。ホースなどの装備品を装着したままでも立てかけて収納でき、収納場所が限られる家庭などに最適です。

■ハンディ型
身の回りを掃除するコンパクトで片手で持ち運びできる小型タイプです。本体が小さい分パワーが弱くなりますが、狭い場所やすき間などの掃除に適しています。

■ロボット型
性能の向上に伴い、最近、急に人気の出てきたタイプです。掃除機自体が動いて掃除してくれるタイプです。タイマー予約で留守中にも掃除できるので、定期的な毎日の掃除に最適です。

■スチームクリーナー
これも、良くテレビのCMに登場してくるタイプです。高温の蒸気を噴射して、汚れを浮かして落とす掃除機で、台所のレンジ周りの油汚れや換気扇、床、窓などの掃除に最適です。

■布団クリーナー
布団に付着したダニやホコリ、花粉を取り除く用途に特化した専用クリーナーです。ダニを殺傷するUVライトを搭載している製品もあります。アレルギーやアトピーに悩まされている人に人気の商品です。

「ダイソン(Dyson)」のオンラインショップ