パワースポットに関する情報を発信

June, 2022
-
-
-
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
-
-
PROFILE
MYALBUM
CATEGORY
RECENT
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINK
SEARCH
PR




ペットが過ごしやすい室内環境
室内という限られた空間で一日の大半を過ごすペットには、危険を回避するだけでなく、なるべく快適でいて欲しいものです。

ペットとって、ベッドやペットハウスは、ひとりでくつろぐことのできる場所です。

リビングの隅など、家族の存在を感じつつも、静かで落ち着ける場所などに設置してあげましょう。

また、トイレと食事をする場所も、同様に落ち着ける場所を選びますが、この二つはなるべく離すようにしましょう。

室内で飼育されているペットにとって、一番の悩みは運動不足になりがちなことかもしれません。

小さな愛玩犬は、室内でもかなりの運動量がありますので、特に、長くお散歩に行く必要はありませんが、普通の犬であれば、毎日、散歩に行くことで解決することができます。

しかし、運動量の多い大型犬、テリアのような狩猟犬は、ドッグランなどで自由に走り回らせるとか、ボールやフリスビーを使った運動などを取り入れて発散させるなど、散歩にも工夫が必要かもしれません。

一方、猫は、散歩のような持続的な運動は苦手な動物ですから、室内でも運動が足りないということはありませんが、猫じゃらしなどのおもちゃで狩猟本能を刺激したり、キャットタワーなど登ったり降りたり上下運動のできる場所をつくってあげるのも良いでしょう。

温度管理も大切です。

ペットと人では気温の感じ方が少し異なります。

犬は人よりも少し低めの温度を快適と感じ、猫は少し高めです。真夏や真冬にお留守番をさせるときには、部屋の温度に気をつけてから出かけましょう。


ペットグッズ通販(pc版)


ペットグッズ通販(スマホ版)





この記事へのトラックバックURL
http://blog.pelogoo.com/privresy/rtb.php?no=1655856788664070



◇ 返信フォーム


名前 :   情報を保存する
メール : 
URL : 
題名 : 

内容 :