パワースポットに関する情報を発信

April, 2019
-
01
02
03
04
05
06
07
08
09
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
-
-
-
-
PROFILE
MYALBUM
CATEGORY
RECENT
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINK
SEARCH
PR




ペット保険の比較ポイント
現在、主としてペット保険を取り扱っているは、損害保険会社3社と少額短期保険業者7社の合計10社ですが、これら保険会社や業者の代理店を通じて行う契約や販売ルートとしては、インターネットを使った通信販売があります。

ペットも人間と同様、老齢になると加入制限があります。このため、継続契約を行うことによって契約を更新することが出来るので、最初にどこに加入するかは大事なポイントです。

ペット保険を比較検討する際のポイントは、

■商品内容・保険金額

ペット保険の多くは、人間の健康保険と同様、医療費の所定の割合を負担するものがほとんどで、50%もしくは70%程度を補償するケースが多く、中には、100%補償されるものもありますが、自己負担が少ない分、保険料負担は大きくなります。

このため、支払う保険料と保障額とのバランスを考えて判断することになります。


■割引制度

主なものは、マイクロチップ割引や多頭割引などです。また、継続割引や無事故割引などを適用しているところもあります。

■加入年齢

人間と同じように、ペットも高齢化や獣医療の進歩に伴って医療費負担が大きくなる傾向にあります。

人間と同様、高齢になると保険の加入に制限が出てくるので、何歳まで新規で加入できるのかは大きなポイントです。

だいたい、10歳前後で、継続契約の場合には、ある程度の高齢でも継続することができるので、目先の保険料だけでなく、ペットが高齢になったときも考えて、長期的な視点で比較検討することが大切です。

■ペット保険の請求方法

見落とされがちなのがこれです。一般的には、動物病院で医療費を支払い、後から保険金の請求をして後日受け取るかたちになります。

しかし、提携病院の場合だと、窓口で保険証を提示すればその場で自己負担分のみ支払う(窓口精算)だけでよいので、後から、保険金の請求をする手間が省けます。

保険スクエアbangの【ペット保険資料一括請求】で楽々比較♪


この記事へのトラックバックURL
http://blog.pelogoo.com/privresy/rtb.php?no=1554934544489133



◇ 返信フォーム


名前 :   情報を保存する
メール : 
URL : 
題名 : 

内容 :