パワースポットに関する情報を発信

November, 2020
01
02
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
-
-
-
-
-
PROFILE
MYALBUM
CATEGORY
RECENT
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINK
SEARCH
PR




腰痛と寝姿勢との関係
マットレスのタイプだけでなく、寝姿勢によっても腰痛を改善できます。

理想的な寝姿勢とは、上から、頭部・背中・お尻・かかとの4点が寝床に付いて体が無理に歪んでいない状態を言います。

しかし、同じ姿勢で長時間寝続けていると、筋肉に負担がかかってしまいます。

同じ場所に負担をかけないようにするには、適度に寝返りを打つことが必要ですが、寝返りは意識してできるものではないので、寝返りを打ちやすい寝具を選ぶことも重要です。

■仰向けで寝る人

仰向けで寝ると、マットレスによってはお尻が沈み込んで、腰が反ってしまうことがあります。

このため、腰が反らないように膝の下にクッションを敷いたり、膝を曲げたりするとよいでしょう。

体が無理に歪んでいない状態です。また、薄めの枕を使用して、なるべく腰の反りをなくしてあげることも大切です。

■横向きに寝る人

腰痛持ちの人は、足を曲げて腰が楽になるように調整できるため、自然と横向きに寝ることが多くなります。

しかし、骨盤に歪みが生じやすくなってしまいがちです。

骨盤の歪みは腰の痛みに直結しますので、膝や足首など、足が重なる場所にクッションや抱き枕などを挟むことによって、骨盤の歪みを防ぐことができます。

■うつぶせで寝る人

うつぶせの状態は、必然的に腰を反らせるため、最も腰痛になりやすい姿勢と言えます。

足を横に出す、体を横向きにひねるなどして、腰の反りを防止しましょう。また、枕を低くするのも効果的です。

■寝返りが少ない人

タオルを2回縦に2つに折って、腰に巻き付けて寝るとよいでしょう。

仰向けの状態で、ゆるみがなくなるほどきつく締めて固定すると、背骨と寝具が平行になって寝返りしやすくなります。

寝返りの回数が増えると、体の一部に負担がかかるのを防止できるため、腰痛の改善が期待できます。

腰痛の悩みはコレで対処

この記事へのトラックバックURL
http://blog.pelogoo.com/privresy/rtb.php?no=1604360380148189



◇ 返信フォーム


名前 :   情報を保存する
メール : 
URL : 
題名 : 

内容 :