パワースポットに関する情報を発信

October, 2019
-
-
01
02
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
-
-
PROFILE
MYALBUM
CATEGORY
RECENT
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINK
SEARCH
PR




目のクマの種類は?
朝、鏡をみると、目の下にくっきりとクマができている。ギョッとして慌ててマッサージしても、そう簡単にはとることが出来ません。

目の下にできるクマと言っても、一つではなく、実は、「赤グマ」「茶グマ」「黒グマ」の3種類あるのです。

「赤グマ」は、血管が圧迫されて目の下が赤く見え、目元の皮膚を引っ張ってみると、さらに赤みが増すのが特徴です。

「茶グマ」は皮膚の色素が沈着するのが原因で、目の下が茶色くなっており、皮膚を引っ張ると色が薄まります。

「黒グマ」は、皮膚のたるみやくぼみ、あるいは、へこみなどによって黒く影ができるものです。一般的に、涙袋よりも下に出来るので、頬が下がって見えます。

このように、3種類ありますが、実際は、どれか一つの単独ではなく、組み合わさってできるケースが殆どです。

目元の皮膚は非常に薄く、しかも、乾燥しやすいために色素沈着が起こりやすい部位なのです。

また、目の周辺には、酸素や栄養を運ぶために多くの毛細血管が通っております。さらに、上下のまぶた付近に付いている眼窩脂肪(がんかしぼう)や小さな筋肉が幾つも集まっているなど、目元は複雑な構造をしています。

このように、目元はとてもデリケートな部位なので、種類の異なるクマが複合的に発生しやすいのです。

目の下のクスミやクマの悩みに「アイキララ」

この記事へのトラックバックURL
http://blog.pelogoo.com/privresy/rtb.php?no=1571608843184184



◇ 返信フォーム


名前 :   情報を保存する
メール : 
URL : 
題名 : 

内容 :