普通の動物病院の診療日記

November, 2010
-
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
-
-
-
-
PROFILE
shu

小さな町の動物病院の獣医師です。

MYALBUM
CATEGORY
RECENT
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINK
SEARCH
PR




脊髄軟化症

この3週間の間にミニチュア・ダックスの椎間板ヘルニアを疑う症例が4つも来院しました。

 

最初のワンコは内科療法でなんとか自力排尿ができるようになり、不自由ながらも歩けるようになったため、飼い主さんはこのまま多少の介護をしながら飼うことにされました。

 

次のワンコは歩くことができなかったため、手術を希望されました。

一番近い大学病院(車で3時間かかりますが)を紹介して、CTで椎間板ヘルニアを確認してもらい、そのまま手術を受けました。

現在、リハビリ中ですが、少しずつ良くなってきています。

 

3番目のワンコは他の病院の患者さんですが、内科療法に反応しないため手術を勧められ、本当にそれ以外に方法がないのかどうかセカンドオピニオンを求めて来院されました。

いろいろな神経学的検査やレントゲンを見て、やはり僕も手術しかないと思い、そのようにお話をし、帰っていかれました。

 

4番目のワンコは、初診時は多少後肢が不自由とのことで来院されましたが、神経学的検査がほとんど正常であったため、内科療法をしましょうとお返ししましたが、翌日、立てなくなり再び来院されました。

神経学的検査による結果が非常に悪かったため、すぐに大学病院を紹介し、何となく嫌な予感がしたこともあり、僕も付き添って大学へ行き、CT検査、そして手術を受けました。

手術はうまくいき、元気に退院しましたが、手術後4日目、最初に発病してからちょうと1週間で息を引き取りました。

 

脊髄軟化症という状態に陥っていたのだと思われます。

 

ミニチュアダックスなど軟骨異栄養性品種といわれるワンコたちはハンセン儀燭箸茲个譴訥粘嵌張悒襯縫△魑こしやすいです。

脊椎と脊椎の間(椎間)からゼリー状の髄核が変性して突出し、脊髄を圧迫していまい、その部位から下方(尾側)にさまざまな程度の麻痺を起こします。

その髄核の飛び出すときの圧力が強すぎると、脊髄内の血管を破壊し、脊髄が上行性(頭側へ)および下行性(尾側へ)に徐々に壊死していき、約1週間で延髄に達し、呼吸が止まり亡くなってしまいます。

 

脊髄軟化症は椎間板ヘルニアの6%で起こると習ったことがあります。

 

こうなると助けることはできず、麻痺が次第に腰から頭の方へ進んで行き、呼吸が止まるまで何もできなくなってしまいます。

飼い主さんにとっては横たわったまま動けず麻痺が進んで行くのを、何もできず見ているだけですから到底耐えられる状況ではなく、今度のワンコも病院で預かり、ICUの中で少しでも苦痛でないようにとお預かりしましたが、静かに息を引き取りました。

 

ミニチュア・ダックスの椎間板ヘルニアについては以前の日記にも書きましたが、飼い主のみなさんはとにかく気をつけてあげてください。

軽ければ内科療法で治りますが、重ければ生涯下半身麻痺、さらに脊髄軟化症になるとわずか1週間で亡くなります。

 

太らせる、大きくジャンプをさせる、段差のあるところを走らせるなど、背中の真ん中あたりに負担のかかるような運動は避けてくださいね。

少し古い研究ですが、椎間板ヘルニアを起こした犬のうち、実に65%がミニチュア・ダックスという報告があります。

 

スポンサード リンク


この記事への返信
こんにちは。
我が家もミニチュアダックスを飼っていますので普段から体重管理には気をつけています。
出来るだけ段差のジャンプをさせないようにソファを低くしたり工夫はしていますが、まったくさせないと言うのも又難しく、頭を悩ませています。
この前しつけ教室を探すためいろんなところに電話をして伺ったんですが、ある訓練所ではダックスもアジリティをやっても大丈夫だっておっしゃったんです。
低めのバーを跳んだりもできますよ〜なんておっしゃってましたが。。。
体重管理さえきちっと出来ていれば、激しい運動もなんら影響はないと、おっしゃっていました。
実際どの程度までやらせて良いものかいろんな意見がありますので難しいところです。
その訓練所にはご縁がなかったので結局アジリティをさせる予定はありませんが、素人にはその辺がわかりにくいです。
Posted by じゃすみん | 12:41:38, Apr 20, 2006
これを読んで以前も書いておられたことを思い出しました。
たかがヘルニアと侮れない怖い病気ですね。
ヘルニアからこんな命にかかわる症状が出るなんて考えたことがありませんでした。
猫も太らせると、ヘルニアの危険が出てきますか?
Posted by まきっころ | 18:17:19, Apr 20, 2006
ミニダックスは飼われている方も多いですよね。
小型犬は激しい運動もそうだけど、散歩なども
頻繁にしたり、長距離してはダメって聞いたことがありますが。。。
これはガセネタかしら?
何はともあれ、気をつけていかなければいけないことですね。
Posted by シゲルのママ | 18:56:45, Apr 20, 2006
すいません、この記事のせいかどうか不明ですが、昨日から痛くなっていた持病(?)の腰痛がひどくなり、仕事にならず午後からうちに帰って臥せってます(汗)。
コルセットぐるぐる巻きです(苦笑)。
明日、改めてコメントします。すいません。
Posted by shu | 19:31:01, Apr 20, 2006
ヘルニア・・・。怖いですね。
私のお世話になってる先生が言ってました。「飼って(増えて)欲しくない犬種なの・・・」と。
アプリも高いところをジャンプしたりするので、冷や冷やします。私たちのベットには階段?を作ったのですが・・・。
公園のベンチらしき丸太などはジャンプしてます(ーー;)
もう少し気をつけないとダメですね。

それより、shuさん大丈夫ですか?
ギックリ腰? 先日、友人もなったらしくかなり痛いんですよね。気をつけてくださいね。お大事に・・・
Posted by ちぇりママ | 01:03:39, Apr 21, 2006
あらら…先生が大変な事に…かくいう私(人間)もコルセット愛用者です(汗)どうぞお大事に…<(_ _)>

こんな時にリクエストもなんなんですが(スミマセン!)いつか機会がありましたら、仔猫の移行抗体(エイズ・白血病?)について教えて下さい。
たまに個人で仔猫を保護することがあり、先住猫がいるおうちから里親の申し出があると対応に迷うことがあるんです。

先生、「医者の不養生」ですか?(ちょっと違いますかね…)

Posted by ぽぽにゃん | 16:47:37, Apr 21, 2006
こんにちは、アフィリエイトサイトのe−アフィリと申します。
突然のメール失礼します。
ブログ拝見させていただいて内容・デザイン共に”見せるブログ”としてとても質の高いブログだと思いました。
是非、e−アフィリに参加して頂けないでしょうか?
登録はもちろん無料です。

《1クリック1円〜・1登録1000円》

と幅広い報酬システムにて運営させて頂いております。
詳細などシステムはURL先で確認して頂けますので宜しくお願いします。
何かご質問等ありましたら、メールにてお気軽にお問い合わせ下さい。
ご参加、心よりお待ちしております。
既にご登録頂いてる方、または我社から同様の内容の書き込みをさせていただいたことがありましたらば誠に申し訳ありません。
e−アフィリ http://e-af.net/?ha
Posted by e-アフィリ | 20:13:16, Apr 21, 2006
腰痛、たぶんぎっくり腰が長引いてしまい、返信が遅れました、すいません。
まだ本調子でなく、仕事をスタッフに任せて休みがちですが、どうしてもやらなければならない手術が続き、コルセットぐるぐる腰をだましだまし仕事してます。

じゃすみんさん。
太っているほうが、椎間板ヘルニアを起こしやすいのは間違いないと思うのですが、普通くらいの体格のミニチュアダックスの椎間板ヘルニアも何度か経験しています。
だから僕はやはり無理な運動はさせない方がいいと思います。
実際、何kgまでのダックスなら大丈夫というのは僕らにもわかりません。
激しい運動は何kgでも危ないような気がします。

まきっころさん、こんばんは。
猫くんたちにも椎間板ヘルニアはあると専門書には記載があります。
だけど僕は見た経験がありません。
猫くんたちの運動性能はかなり犬達とは違うので、椎間板ヘルニア、起こりにくいと思います。

シゲルのママさん、こんばんは。
ミニチュアダックスはJKCの登録犬数としてだんとつのトップです。
同じ小型犬でも椎間板ヘルニアの起こりやすい犬種とそうでない犬種がありますから、一概に小型犬とくくってしまうことは難しそうです。
肢の短い犬種、ダックス、ビーグル、シーズーなどが軟骨異栄養型品種と言われる品種で、椎間板ヘルニアを起こしやすいです。
中でもミニチュアダックスがダントツで、次にビーグルです。
お散歩については健康であれば、ワンコが喜んで歩く範囲であれば問題ないと思います。
もちろん、階段を上がったり降りたりするコースはお勧めできません。

ちぇりママさん、こんばんは〜。
ジャンプなども気をつけましょうね。
とは言え、喜んで走り回るワンコたちは楽しそうですもんね。
なるべくコンクリートやアスファルトでない土などの上を、平面で走ってくれるといいのですが。
ぎっくり腰だと思います。
今までで3度目です・・・(苦笑)。

ぽぽにゃんさん。
おー、コルセット仲間ですか!(笑)。
いや、笑い事ではないですよね。
医者の不養生とはちょっと違うと思います(笑)。
子猫の移行抗体の件、了解です。
ある程度きちんと調べてから書くので、しばし時間をくださいね。
Posted by shu | 21:11:54, Apr 24, 2006
先生こんにちは、はじめまして。
我が家の4歳のキャバリア(オス・去勢済み)が19日の午後に急に立てなくなり、即病院へ連れて行ったらヘルニアだと言われました。内科治療も効き目がなく皮下反応もなくなってしまいました。
HPで脊髄軟化症と言うのを知り、キャバリアでもなるのかどうか心配になってしまいました。キャバリアでもなりうる病気なのでしょうか?
よろしくお願いします。
Posted by norika | 23:21:27, Jan 21, 2007
norikaさん、はじめまして。
お返事が送れてすいません。
ご心配ですね・・。
残念ながら脊髄軟化症はキャバリアでも起こる可能性はあります。
椎間板ヘルニアの6%、文献によっては3〜6%くらいと書いてあります。
norikaさんのおうちの子がそうでないよう祈っています。
ご心配でしょうが頑張ってくださいね。
Posted by shu | 18:38:16, Jan 22, 2007
先生、お返事ありがとうございます。
キャバリアでも可能性があるんですね。
病院で聞いてみようと思います。うちの子がそうでない事を祈って・・・


Posted by norika | 21:41:50, Jan 23, 2007
こんにちは。初めて書き込みします。
脊椎軟化症の事を知りたくてこのブログに辿り着きました。
うちの犬は12歳半のダックス。とても元気にしていましたが 3年位前に便が出なくなって病院に行き その治療中 椎間板ヘルニアになってしまいました。(先生が一人で摘便中 痛くて身をよじり しばらくして後ろ足を引きずるようになりました。)
それから2回手術の一歩手前まで行きながらも なんとか回復し これまできてました。
それが昨日まったく立てなくなり CT検査で見ると 脊髄軟化症の疑いが濃い、という結果でした。今 経過観察中です。最悪1週間の命...それなら家で看取ってやりたい。
家でも安らかに看取れるのでしょうか。

Posted by いぬまま | 08:51:58, Mar 25, 2007
いぬままさん、こんにちは、はじめまして。
ご心配ですね。
返事が遅れて申し訳ありません。
もうすでに結論が出てしまっているかもしれませんね。
家で安らかに看取ることができるかどうかは、微妙なところです。
最後は呼吸が苦しくなって亡くなります。
この日記の子は比較的穏やかに亡くなりましたが、それを飼い主さんが見られた場合は僕と同じ感想を持たれるかどうかはわかりません。
人によっても、動物によっても違います。
どうか、脊髄軟化症でありませんように、また、もしもそうなら苦しまないように祈ります。
Posted by shu | 18:25:46, Mar 28, 2007
お返事ありがとうございます。
本当に幸いなことに その後麻痺が広がらず 今家で看ています。まだ寝たきりの状態が続いていますが 徐々に頭を持ち上げることが出来るようになってきました。命の危険はなくなったようなので 一安心です。これからどの程度まで回復するのかわかりませんが この子が一番安心していられる家で面倒を看るつもりです。
覚悟はしていましたが いつか別れが来ることを切実に感じた一週間でした。
Posted by いぬまま | 21:14:43, Mar 31, 2007
いぬままさん、おはようございます。
とりあえずは命の危険がなくなったとのこと、大変な状況には違いありませんが嬉しく思いました。
今後もいろいろなことがあるとは思いますが、実際に立てなくなった動物を世話しながら飼っている方がたくさんおられます。
頑張ってくださいね。
Posted by shu | 10:04:43, Apr 03, 2007
今まで元気だったミニュチュアダックス♀ 七歳のロンが。
「後ろ足がおかしいな?」と思ってから1時間もしないうちに、麻痺がでて。立てなくなってしまいました。
病院に電話をして翌朝一番で診察をしてもらい、ステロイドをいただき。高度医療センターを紹介してもらいました。
どちらの病院も、他の病院も。脊髄軟化症では、ないか。。。という事で検査もせず、自宅より通院しています。
見て居るのがとても、辛いので。。他に方法はないのか?と
パソコンを開いてみました。。。
一週間で。。。って。。。明日で一週間になります。。。
高度医療センターの次の約束は一週間と2日目です。。。

病気が出た日の前日は、お散歩も食欲もありました。
当日の朝も普通に歩いてました。(只、おしっこの時。座り方がおかしいと。後になっておもいました。)
夕方帰るまで・・・ゲージに入れていたので。高い所から飛び降りたとか、ぶつかったことは、ありません。
本当に、「おかしい?」と思って、病院に電話しているうちに・・・後ろ足の麻痺になり。翌朝までに、自分で排尿ができなくなり。。あっ!っというまに・・・
病院と毎日連絡したり、見ていただいたり、して居るうちに、今日になってしまいました><
明日で一週間です。どうしたらいいんでしょうか???
側にいてあげることしか出来ないなんて・・><

他のサイトでこの病気にとても詳しい先生を見つけましたが。
紹介があるわけでもなく、いきなりの電話では、(有名な先生につないでもらえないと思い)メールアドレスが載っていたので・・・メールしてみました。
早く返事がきて。。。治ると信じたいです。。。
沢山書いてすみません。。。
Posted by まゆ | 17:39:42, May 29, 2007
まゆさん、なかなかパソコンに向かう時間が取れず、返信が遅くなって申し訳ありません。
たいへんな状況でご心配ですね。
その先生からはお返事が来たでしょうか。
脊髄軟化症でなく、治ってくれるを祈っています。
まゆさんもお辛いでしょうが、ワンコのために頑張ってください。
Posted by shu | 12:26:34, May 30, 2007
お返事ありがとうございます。今日で、その一週間><。。
と・・・付きっ切りでみてます。色々思い出しては、何も分からない顔をして居るワン子を見て涙が出ます。
昨日は、あの後、呼吸がおかしくなったので。。病院に急いで薬を取りにいきました。先生の微妙な表情は。。余計不安になるほどでした>< 足が立たなくなったり、おしっこが出来なくなったり、うんちが出なくなったり、ご飯を食べなくなったり、うんちが出たと思ったら大腸炎で血便が出たり、食欲がなくなったり、吠えられなくなったり。。。移動が自分で出来なくなったり。。。日に日に状況は悪くなっている気がします><
それでも、状態が落ち着いている時は、きっと大丈夫!!って思ったり。 悪くなると落ち込んだり。残酷な病気ですね><。。。

先週の今頃急になって、ちょっとの居眠りでも呼吸があるか心配になります。

あの先生からはメールは来ません。

でも。すがる思いで此処を見て、返事があったので。
とても、嬉しく思いました。ありがとうございます。

今日は、一週間目ですが、食欲も呼吸も安定してます。

あれから、初めてですが家の中を、前足だけで動き回ってます。(元気だった時と同じ行動をしてます。)

生きる力を感じます。金曜日高度医療センターに行って、良い結果が出ることを祈ってます。

不安な心をこのサイトで本当にすくわれました。

本当にありがとうございました。

又書き込みしますので、宜しくお願いします。
Posted by まゆ | 20:52:32, May 30, 2007
まゆさん、頑張っておられますね。
今も食欲や呼吸が安定しているなら脊髄軟化症ではない可能性もありますね。
生きる力、感じますね。
あきらめないでくださいね。
ただ、内科療法の間は絶対安静(狭いケージに閉じ込めて歩かせてはなりません)が必要ですよ。
歩かせてはなりません。
そして脊髄軟化症でなく、椎間板ヘルニアの場合、内科療法に無反応ならなるべく早い手術が必要です。
Posted by shu | 07:19:41, May 31, 2007
おはようございます。今朝3時頃まで見ていましたが、外を眺めたりして。元気そうでした。
今も、初めて自分で状態の良いうんちが出来ました。
食欲も昨日から増して、旺盛です。(粉ミルク賭けご飯が好きです。)呼吸も安定してますし。

私も、いつも見てもらってる先生並みに、おしっこを絞るのが上手になったので。

食事と排便排尿が終ると、気持ち良さそうにいびきをかいて寝ています。

ふざけて、布を咥えて唸ったりして遊びに誘ってきたりもしてくれます。

おしっこの時(絞る)しっぽがちょっと動くようになりました。

今、一週間を越えて。暗闇から光が見えた気がします。

明日午前中 病院に行って来ますが。

このまま、光がもっと明るく射す方向に進めば・・と思います。


薬漬けだったのですが、昨日からステロイドのみです。


明日病院から戻りましたら、又報告しますね。
Posted by まゆ | 09:14:20, May 31, 2007
金曜日 痛覚が戻ってきていると言う事で、そのまま手術になりました。
経過は順調のようです。一安心です。軟化症の可能性も少ないとおっしゃってました。
ご心配かけました。
Posted by まゆ | 09:36:51, Jun 03, 2007
まゆさん、よかったですね。
あとは経過が良好に進むのを待ちましょう。
ほんとによかったです。
Posted by shu | 12:46:43, Jun 03, 2007
今週の金曜日退院出来そうです。
症状は、なにも変らず、後ろ足の麻痺と排尿は出来ないですが。
早く連れて帰りたいです。
あの。。先生からもメール来ました。連れてこないと分からないと 書いてありました。(そりゃそうですよねw)

排尿心配ですが、退院楽しみです。

本当に、ありがとうございました。
Posted by まゆ | 22:37:27, Jun 05, 2007
まゆさん、こんにちは。
そうですか、退院はうれしいですね。
症状に変化がなかったのは残念ですが、脊髄軟化症でなかっただけでも喜ぶべきことですね。
確かに今後排尿をさせてあげなければならないのはたいへんですが、頑張ってあげてくださいね。
Posted by shu | 14:51:55, Jun 06, 2007
経過が順調という事で、一日早い退院になりました。

膀胱は分かるんですが、結構力もいるし 伸びきっているので、最後の最後まで絞りきれません><

絞りきれないと、膀胱炎になるそうで・・・

コツを掴むまで、大変そうですね。

やっと家族がそろい。 他のワンコも大喜びです^^

垂れ流しが無いので、家の中這い回ってますよ^^

おやつの奪い合いにも参加してたりします^^

まだ、感覚は無いようですが 足をつねりながらひっぱると

引っ込めようとしたりして^^

リハビリのんびり やっていこうと思います。
Posted by まゆ | 07:54:14, Jun 08, 2007
まゆさん、こんにちは。
命は助かったのですから、ほんとによかったと思います。
のんびりやっていかれればいいと思いますよ。
Posted by shu | 14:36:11, Jun 08, 2007
はじめまして、脊髄軟化症の検索できました。
私の愛犬イタグレ 2歳も10月26日この病気と言われ
検査で急変して死んでしまいました・・・。
麻酔が耐えられたら、造影剤でというお話でした。

本当に突然で・・・・。

基本的に造影剤はドコから入れるんですか?
画像では腰辺りでしたが??

うちの子は、首の裏でした。
それがとっても 引っかかっていて仕方ありません・・・。
Posted by ジェニッちママ | 15:39:47, Dec 01, 2007
ジェニッちママさん、はじめまして。
ブログ拝見しました。
お気持ちお察しします。

造影剤を入れる場所は主に2ヶ所あります。
首のすぐ後ろ(後頭部のちょっと後ろ)と、腰(骨盤の少し前方)からです。
病変部を疑う場所によって使い分けます。

お辛いでしょうが、元気になられてくださいね。
Posted by shu | 06:10:33, Dec 02, 2007
ありがといございます。

お返事を見るまでは、とっても恐かったのですが
これで安心しました。

少し気が休まりました。
Posted by ジェニッちママ | 10:00:38, Dec 02, 2007
昨日の朝、散歩に行くのにゲージの入り口を開けても飛び出してきません。おかしいと思って抱きかかえて出すと後ろ足が動かないんです。近所の動物病院がお休みばかりで家で一日様子を見ることにしました。その時色々考えてのですがヘルニアかな?と思うくらいで内科的な病気ではないだろうと落ち着いていたんです。でも、夕方になると傷みが増してきたようで、動かそうとすると普段はおとなしい子が噛み付いて暴れまわるのです。翌日近くの病院から紹介された病院へ行くと、ヘルニアの段階は5。軟化症の可能性が50%です。詳しくCTやMRIで検査してみないと分かりませんが・・・。
でも、軟化症の場合は検査をしてもその後の処置のしかたがありません。病院で声を出してないてしまいました。
今、病院にミントをあずけて一時帰宅して来たところです。
もうすぐ検査が始まるだろうと思います。
私もミントのところへ戻りますが、もし軟化症だったら最後にしてやれることは無いのでしょうか?傷みだけでも無くしてやれないものかと(>_<)
それと、ヘルニア自体もですが、軟化症にならない普段からの対応は無いのでしょうか?
Posted by ミントママ | 14:25:04, Jun 12, 2008
ミントママさん、お返事が大変遅くなり申し訳ありません。
その後の様子はどうなのでしょうか・・。
何もしてさしあげられないのが残念です。
どうにか軟化症でなかったのならよいのですが・・・。
Posted by shu | 17:45:13, Jun 17, 2008
翌日ミントは、逝ってしまいました(>_<)
病院で検査をしてもらって、私達が見てもCTやMRIでかなり酷い状態であることが分かりました。

どうしてやることもできなかったのですが、痛みだけは取り除いてやって欲しい。とお願いしてその日は入院して点滴から痛み止めを入れてもらって二日後お迎えに行く予定にして帰ってきました。

5年生の長男には、そのことをすべて話して聞かせましたが当日は眠ることができなかったようでした。

翌日学校から帰ってきてミントに会いに連れて行って欲しいというので、私と子供3人で病院に向かいました。
前日とは全くと言っていいほど元気が無く子供達を見ても首すら動かすことができない状態でした。

先生から、思った以上に進行が早いです。
1週間は無理かも・・・・と言う話でしたが明日・明後日って事は無いですよね。とたずねたのですが先生も首を横に振られるのが精一杯の状態でした。

電話で主人と相談してその日連れて変えることにしました。
30分ほどかかって家についたのですが、帰宅後病院で全く水すら口にしなかったミントが長男の手からジャーキーを3本も食べて、娘からスポイドで水を飲んだのです。

みんな、喜んで連れて帰ってきてよかったね。一日でも長くこの家で一緒にいられるね。と喜んだ1時間後急変。隣家の義父・義母もいるみんなの前で旅立って逝きました。
帰ってきてから2時間たったときでした。

帰ってきてから、部屋中を眺めて。みんなの顔を見るために
動くはずも無い首を上げ、食べられるはずも無いジャーキーを食べ水を飲んだのは悲しそうにしている私達を励ます為だったのかもしれないね。ミントは、私達の話がよくわかって賢い子だったので・・・。

発病から3日目のことで、未だに家族は(特に5年生の長男は)受け入れることができずに体に不調を訴えてます。

ミントの子供が我家に2匹いるのですが、その子達も2日間は餌もほとんど食べず、吼える事も忘れてしまったような状態でした。ワンコは少しずつ取り戻しつつありますが。

後は、時間の問題かとは思いますがなかなか厳しいです(:_;)
これから、ミントが大切に育ててきた子供達(ラッキー♀とドン♂)を大切に育てていきます。

今回、実は私達はヘルニアを甘くみていた所がありました。
軟化症と言う病気すら初耳でした。
ヘルニアや軟化症と言う病気を多くの人に知ってもらってミントと同じ、私達と同じ苦しみをあじわう人を少しでも無くしていきたいと思い、悲しいですが多くの人に今回のことを伝えています。

子供の数より、ペットの数のほうが増えてきているような世ですのでペットの病気をもっともっと知ってもらいたいと思います。
Posted by ミントママ | 17:06:48, Jun 18, 2008
ミントママさん・・。
なんと、本当に残念です。
心からお悔やみ申し上げます(涙)。
ミントちゃんのことも残念ですし、ご長男の子のお気持ちもお察しします。
お力になれなかったことも悔やまれます。
ミントちゃんのご冥福を心より祈ります。
そして残ったほかの子達のこれからの幸せも祈りますね。
どうか、早くお元気を取り戻してくださいね。
Posted by shu | 22:58:45, Jun 20, 2008
shuさん有難うございます。
ミントのおかげで会えた方々との出会いをミントに感謝して
ラッキーやドンの幸せを考えていきたいと思います。

これからも、又shuさんの所にもたびたびお邪魔しますね。
Posted by ミントママ | 09:27:15, Jun 21, 2008
ミントママさん、こちらこそありがとうございます。
Posted by shu | 12:34:53, Jun 27, 2008
初めまして。
脊髄軟化症を調べていてこちらに辿り着きました。

実は5月の終わりにうちの子(レオン@トイプードル)もこの病気で天国に召されてしまいました。ほんとに突然の出来事で いまだに深い悲しみから立ち直れないでいます。散歩が大好きな子で 毎日元気に野原を走り回っていたのに、、、。

あれもしてあげればよかった、、これもしてあげればよかった、、、しつけに厳し過ぎたかもしれないetc..という後悔の念と あれがいけなかったのか、、、?これがひょっとしたら病気を引き起こす原因になったのか、、、とあれこれ考え悩んでは自分を責める毎日です。

発病後のMRI検査では軽度のヘルニア症状は見られたものの、脊髄軟化症と断言するには至らない診断だったのですが、後躯麻痺の状態で入院してから一進一退を繰り返し、4日目に亡くなってしまいました。

初めて耳にする病名に戸惑い、様々なサイトを巡りブログや症例紹介などを拝見させていただいているのですが、これが原因!というものが掴めず悶々とした日々です。
人間の医療がこれだけ進歩してきているのに、犬(他の動物はなおさら)に関してはまだまだ発病の原因究明や明確な治療法など解明されていないコトが多いのですね、、。


あの子と共に暮らした2年9か月、、、様々な飼い主さんやワンちゃんとの出会い、、、数え切れないほどの楽しい思い出、、、今はただただ「ありがとう」の気持ちでいっぱいです。
いつかまた縁があれば飼いたい、と思っています。
長くなってしまいましたが@@;
最後に、少しでもこの病気にならないようにする為の予防策のようなものがあれば、教えていただけると嬉しいです。

時々こちらのブログにお邪魔させていただいています。
毎日お忙しいことと思いますが、お体ご自愛くださいませ。
Posted by あん | 16:19:31, Jul 02, 2008
あんさん、はじめまして。
たいへんお辛い思いをされましたね・・、お察ししたします。
セミナーに参加してアメリカの先生から伺ったお話しだと、脊髄軟化症はヘルニア(椎間板物質の脊髄への突出)が起こったときに、その突出が強すぎて脊髄の中を走行している血管が千切れ、脊髄が壊死してしまうために起こると習いました。
現実的にはソファーやベッドにポンっと飛び上がって来る子、階段などの段差を勢いよく駆け上がったり駆け下りたりするときに起こりやすいと聞きました。
予防を、とするならそのような運動を控えるように、ベッドやソファには足場を作ってあげるなどくらいしか思いつきません。
今はまだまだお辛いでしょうが、どうぞ早くお元気になられてください。

最後に本当に申し訳なく思っているのですが、いろいろな事情でこのブログを閉めさせていただくことになりました。
せっかく来ていただいたのに、どうぞお許しください。
Posted by shu | 18:24:20, Jul 04, 2008
shu先生、お返事ありがとうございました。
“・・・ソファーやベッドにポンっと飛び上がって来る子・・・”まさにあの子がそうでした。
それがこんなにも恐ろしい病気を引き起こす要因に繋がっていようとは・・・。
何の予防策も講じてこなかったことをただただ悔いるばかりです;;

ブログを閉じられるとの記事を拝見しました。
ご決断される間際の書き込みでしたのに、ご丁寧にお返事くださり本当にありがとうございました。
こちらのブログに出会えた奇跡に感謝の気持ちでいっぱいです。
どうかお体を大切に、お仕事がんばってくださいませ。
3年間、お疲れ様でした。そしていつの日か・・・また再開されることを願っています。
Posted by あん | 23:50:02, Jul 04, 2008
我が家のレオ3歳8ヶ月ダックスはおなかを壊して病院にいきました。脱水症状があるといわれ皮下注射をして、お薬を貰いかえりました。その日の夜後ろ足がよろよろとして、すぐに後ろ足の麻痺が出てきました。翌日の昼頃まで、ようすをみていました。しかし、まったく良くならないので、病院に電話、状態を告げると、あまり良くない症状なので、すぐに病院に連れてきてくださいといわれ、連れて行きました。自力で排尿が出来ず、下半身の麻痺があるので、ヘルニアの疑いがあるとの事、すぐにMRIを撮りに行ってほしいといわれ、2時間かけてMRIを撮ってくれる施設に行きました。
全身麻酔をかけ、2時間半私達は待ちました。そして、病院にとんぼ返り、MRIの診断は脊椎軟化症との診断でした。
その日からすぐに入院神経の進行を食い止めるべく内科治療が始まりました。毎日お見舞いに行っています。2日目までは前足の力も強く、目もしっかりしていました。今日病院は休診日でしたが、面会をさせてもらいに行くと、前足の力は無く、目はつぶりがち、食欲はまったく無く水を少し飲む程度なので、レオの好きな食べ物を自宅から持ってきましたが、それも食べてはくれませんでした。家族で自宅に戻り、このまま細い手に点滴の針を入れたままでレオは幸せなのだろうか・・・。話し合いました。もし、もし、明日お見舞いに行った時麻痺が進んでいたりぐったりしていたら自宅につれて帰ろうかと思っています。それが、レオにとって良いことなのか、どうなのか分かりません。自宅に帰ってきたらご飯を食べてくれるのではなか、元気になってくれるんではないか、それとも・・・
すごく悩みます。彼にとって最良なことは何なのか?分かりません。
Posted by レオママ | 21:18:25, Feb 02, 2009
はじめまして。
ききこてつ、と申します。

骨髄軟化症を検索していると、こちらにたどり着きました。
是非、お聞きしたい事がありまして。、

我が家には、ダックス6歳と3歳 カニンヘン9歳と猫6歳の子達がおります。
ダックスのキキ♀6歳が、3日に足をよろよろと歩いておりました。
最初は、ワンコ達と遊んでたので、足でもくじいたのかな?
程度に思い、5日にかかりつけ医に連れて行きました。
レントゲンの結果、後ろ足が麻痺しており、ヘルニアだと言われました。
まずは、点滴治療とお薬で様子見ましょうと、なりました、
ひどい場合は手術も考えておいた方が良いと
手術の場合は大学病院を紹介すると言われました、

翌6日も点滴に通いましたが、
突然両足が全く立たなくなりました。
夜も苦しそうにしており、痛いのか?横たわらず、
ずっと前足を踏ん張って座ったまんまだったので、
かかりつけ医に聞くと、足が立たない事でビックリしてる
ので、前足も心配ない。。との答えでした。

7日もさすがにしんどそうなので、おかしい!と思い、
日曜だったので、翌8日月曜に手術をお願いしました。
大学病院は、1週間後しか、診察の予約も取れず、
それでは、間に合わないと感じ、
知人などに色々と聞いて、
兵庫県の医療センターに連れて行きました。

目診では、グレード5の状態で、両足が完全にマヒしてるとの事。
完治する可能性は20%であると言われ。
明日9日にMRIの予約が取れたので、結果を見て、すぐ手術をしましょう。と言ってくれました。

その時から、点滴投与の内科的治療も併用して、
翌日、MRIの結果を聞くと、
完治の可能性は、わずか数%しかないと言われましたが。
数%にかけて手術をお願いしました。

その病院は、手術を窓越しに見る事が出来。
約1時間ほどで、手術は成功に終わり、取れたゼリー状の
物を見せてくれました。
後は、キキの頑張り次第と言われ。
ホッと帰路につきました。

しかし、今日10日に病院から、
キキの容態が良くないので、お話しがある、とTELがあり
急いで病院に行き説明を受けました。

手術前に聞いてはおりました、
脊髄軟化症の疑いが強いとの事で。
かなり息も荒く、目が半分赤く剥離していると言われ、

まさか、キキがこんな状態になるなんて、
思っても見なかったので、
悲しくて悲しくて。。。
キキの容態は、素人目でも分かるくらい、
しんどそうで、お腹が呼吸するたびに、大きく動いており、
30分に1回ほどの割合で、
大きく、吐くようにえずき、
息が今にも、止まる位の苦しさが感じられました。

先生は、安楽死も選択肢に入れて。。。
と言っておられましたが、
まさか、こんな状態のキキになるとは
思っても見なかったので、即答出来なかったです。

キキ!と呼ぶと、反応は少しありますが、
起きる事も出来ず、ただ目をキョロっとし、前足を
少しあげるだけで。。
苦しそうで見てられない状態でした。。

その病院は、20時までの面会なので
泣く泣く、帰り、、
明日また、面会に行く事になりましたが、
命がどうなっているか、分からない状態です。

やはり、最初にもっと早く病院で手術を受けておれば、
こんな事にはならなかったのでしょうか?

脊髄軟化症は、3〜6%しかならないと
読みましたが、キキはたまたま、この数値に入ってしまったのでしょうか?
自分が悔やまれてなりません。。

手術はしない方が良かったのか?とか
色々と考えてしまします。。

明日、あまりにも、キキが苦しそうなら、
安楽死という選択もしなければ、いけないのか?

ワンコにとって何か一番良いのか。。。。

わかりません。。。


Posted by ききこてつ | 00:07:53, Jun 11, 2009
先日、投稿させて頂いた、ききこてつと申します。

残念ながら、6月11日午後4時10分に
キキは亡くなりました。

絶望でなかなか立ち直れないのですが、
少しづつですが、他2匹のワン達のおかげで、
気持が軽くなってきました。。

同じ苦しみを持っているワン友にこのページを
見て頂けたらと思い、
すみません、勝手ですが、
こちらのページをブログに貼らせて頂きました。
宜しくお願い致します、
Posted by ききこてつ | 18:45:12, Jun 18, 2009
こんにちは。もうすぐ、うちで飼っていたMダックスの
ミルちゃんが、おそらく脊髄軟化症で亡くなって、
1年9か月になります。
月日は過ぎていくものの、ふとミルちゃんの事を
思い出します。
私にとって、かけがえのない存在でした。
どこに行くにも一緒で、とても頭のいい仔でした。

ほんとに、突然の出来事でした。
ソファーに横たわっている私の上に突然上ってきて、
腰を丸めた感じで、何かをねだっているのかと思い
食事を与えた後に、体が硬直した感じになったので、
すぐに病院に連れて行き、車から降ろした時には後肢が立たなくなっていました。
その時は、シッポは動いていました。
とりあえず、病院でステロイドの注射を打ってもらい
飲み薬ももらいました。
その日は一晩様子を見ましたが、ずっとガタガタ震えている状態で、見ているのがとても辛かったです。
私も初めての事で軟化症の事も知らず、とにかく早く
手術をしてもらいたくて、先生にお願いしました。
手術当日、検査のあと問題ないとの事で、
麻酔をかけどこが圧迫されているかをみるために、背中から造影剤をいれレントゲンでみたのですが、うまく液が入らず場所が特定できず、また、麻酔をかけた時に緑色の便だったとも言われ、
このまま麻酔の時間が長くなると、体にも負担が大きくなると手術を断念せざるおえなくなりました。
その後、しっぽも動かなくなり、体にも原因不明の赤い内出血、おしっこも垂れ流し状態で、体を自分で起こせていたのもできなくなり、斜めに傾いた状態で、前肢も動かなくなり、目だけが私をおっている状態で、あきらかに症状が上部に進行しているのがわかりました。
6日目には、呼吸も浅く素人から見てももう長くはないと
思いました。意識があるのに、呼吸が止まるなんて、こんな
に可哀そうなことはないですよね。
7日目には静かに、息をひきとりました。
MR検査も出来ず、はっきりした診断がない状況だったので
もっと、何かしてあげれたのではないか、最善の方法が
あったのではないかと、自分を責めたりもしましたが、
友人や両親の励ましで立ち直れたんですけどね。
お散歩仲間の言葉で(自分を責めたらだめよ!!これが運命だったんよ。十分かわいがっていたじゃないの!!)
すごく、救われました。

ただのヘルニアと思わず脊髄軟化症という病気について
いろんな方に知ってもらいたく投稿してみました。

Posted by ケイトママ | 01:41:45, Jul 09, 2009
病気を調べていてたどりつきました
我が家で生まれた オス(5歳)が 10月15日に後ろ足がヨレヨレする感じで病院でみてもらって その夜には 立てなくなりMRIで調べてもらったら脊髄軟化症で1週間・・って言われました
その後 ほとんど動けないけれども ここ2日ほどは流動食も食べれるまでになりました
今後どうなっていくのかまったくわからなくて・・・
よくなることがあるのでしょうか?? 手術できるのか 今首もグニャグニャだけど 一生このままなのでしょうか??

命が1日でものびただけでもうれしい気持ちですが 先が不安です
直った例があるのか・・・? など 伺いたくて投稿しました よろしくお願いします
Posted by バーディのママ | 19:46:42, Oct 25, 2009
病気を調べていてたどりつきました
我が家で生まれた オス(5歳)が 10月15日に後ろ足がヨレヨレする感じで病院でみてもらって その夜には 立てなくなりMRIで調べてもらったら脊髄軟化症で1週間・・って言われました
その後 ほとんど動けないけれども ここ2日ほどは流動食も食べれるまでになりました
今後どうなっていくのかまったくわからなくて・・・
よくなることがあるのでしょうか?? 手術できるのか 今首もグニャグニャだけど 一生このままなのでしょうか??

命が1日でものびただけでもうれしい気持ちですが 先が不安です
直った例があるのか・・・? など 伺いたくて投稿しました よろしくお願いします
Posted by バーディのママ | 19:46:47, Oct 25, 2009
3日前、突然下半身麻痺状態で獣医病院へ行きました。そして翌日手術中途中経過報告で進行性脊髄軟化症だと告げられました。私たち夫婦は子供が居なかったためチク(4才6ヶ月のダックス)を肌の色が違い、姿が違っても私たちには大事な娘です。死期を待たなきゃいけないこの時間が辛くて辛くて...妻とたった1%の軌跡が起きて欲しいと願うことしか出来ないんです。せめて、妻の腕の中で苦しませず安楽死をとも考えてます。 辛いです
Posted by チクのファミリー | 12:39:49, Mar 07, 2010
うちの子(ダックス♂8歳)は脊椎軟化症を発病して4年になります。
発病半年後に某大学病院の獣医学部でMRIも受けましたが、なぜ生きているのかは分からない、今は元気でも長くは生きられないだろうと言われましたが、4年たった今でも元気です。
いろんなページを閲覧していると、本当に生きている子はいないんだなぁ。。と改めてうちの子の生命力には驚かされて、
奇跡的に生きている子もいると言うことを伝えたくて投稿しました。
苦労は多いですが、楽しく過ごしています。
Posted by 白橋 エミ | 19:17:13, Jan 21, 2011
僕の飼っている犬がは左半身が自由に動かせなくなりで動物病院で大学病院へ行くように勧められて検査を行ったところ脊椎に損傷があり、脊椎軟化症になる可能性があると言われました
病院からは自宅で薬を使った治療を指示されました
今僕の犬は病気と戦っています
苦しそうにして
そんな苦しい様子をぼくは見ていられません

もしよろしければ今後のアドバイスや脊椎軟化症のような類の病気の治療を成功させているよい病院とかも紹介していただけたら幸いです
Posted by こむぎこ | 20:10:11, Aug 01, 2011
6月の末に発症し1週間と言われ今日8月8日進行が止まってます。先日、痙攣をおこし今は殆ど横になって寝ています。食欲はあります。鍼灸など何かいい方法はありませんか。
Posted by イイダ | 15:36:32, Aug 08, 2012
五日前に突然、後足麻痺、次の日前足、そしてとうとう首まできました。脊髄軟化症の可能性大。フレンチブル6歳です。造影剤検査で、脊髄が腫れてるということで手術のしようがなく、投薬治療で様子をみましたが全く効果があらわれらることなく、今は口をぱくぱく、呼吸のあらい我が子をみてるしかありません。
手からわずかですが、ご飯も食べ水も飲めるので、安らかに
最後苦しむことがないように神様にお願いしながら
とても辛いですが、その時を待っています。
Posted by フレブル | 08:00:48, Apr 22, 2015


◇ 返信フォーム


名前 :   情報を保存する
メール : 
URL : 
題名 : 

内容 :