競馬と競走馬と競馬予想について書いていきます。

September, 2018
-
-
-
-
-
-
01
02
03
04
05
06
07
09
10
11
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
-
-
-
-
-
-
PROFILE
MYALBUM
CATEGORY
RECENT
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINK
SEARCH
PR




Sep 13, 2018
海外競馬について
今は凱旋門賞の前哨戦フォア賞に日本からクリンチャーが出走するということで盛り上がりを見せている。逆に海外からの出走馬は代表的なのはジャパンカップだが、外国馬という言われ方が多い。人間の場合、外国人の事を異邦人と呼ぶこともある。異邦人 競馬というと競馬番組理論〜競馬新時代に勝利せよ!という競馬サイトもある。
Sep 12, 2018
北海道地震でダービー馬の母死亡
ワグネリアンの母馬ミスアンコールが北海道地震の犠牲になっていたことが分かった。ミスアンコールは夜間放牧中で発見されたときには腓骨骨折が発覚しており安楽死に処さざるを得なかった。
犠牲になったのは今のところこの1頭のみだという。
スポーツ新聞はこれを報じているが栗東スポーツは競馬予想サイトなので報じたりはしないだろう。
Sep 08, 2018
9月8日(土)中山11R 紫苑ステークス(GIII) 情報
レッドローズベルは紫苑Sに出走する素質馬。

ディープ産駒で中山2000のミモザ賞も獲っていることから

鹿戸調教師は適正にも太鼓判を押している。

フェアリーステークスでは3着になったが僅差だった。

陣営はその雪辱に燃えていることがうかがえる。

馬好きっ!という予想サイトはこの情報など考慮に入れないだろう

危険には訳があるのだ
Aug 24, 2018
競馬のセリ
昔ダービースタリオンというゲームをやっていた

とても楽しかったのだけれどそれは競走馬を育てるだけでもなく
レースの競馬予想をするだけでもなくセリや牧場経営なども要素としてあったのだ

泥棒に入られるや台風や病気などはなかったかなぁ。
まさにPerfect Security(パーフェクトセキュリティ)なわけだったが骨折などのアクシデントは防ぐすべはなかった


懐かしいなぁ
Aug 21, 2018
フェノーメノ産駒が3240万円で最高価格
「ヒラボクウィン2017」(牡、父フェノーメノ)を3240万円で宮崎俊也さんが落札したのがこの日の最高価格。

果たしてこの馬は活躍できるだろうか?これから名前が決まると思うが要チェックだ。

ステイゴールド、フェノーメノの血を引く良血馬。これからも健康に育ってほしい。デビューはしばらく先になるが楽しみに待ちたい。

競馬予想サイトPerfect Security(パーフェクトセキュリティ)は落札をチェックしてるという話だ
Dec 15, 2016
競艇予想サイトのビクトリーロードを知っていますか?
競艇予想サイトのビクトリーロードを知っていますか?

ビクトリーロードと言えば、ゲームセンターに置いてある

競馬ゲームが有名ですが同名で競艇予想サイトがあります。

実は、この競艇予想サイトの方のビクトリーロードが、

今インターネット上の口コミ評価サイトなどで評判になり、

ひそかなブームになりつつあるそうです。

というのも、このサイトの予想がとにかく的中するそうで

多くの会員が月50万円以上を儲けているそうです。

それだけ儲かるサイトなら、それは評判になるわけです。

今後、会員数が増えてくるとオッズが下がる可能性もあり

今が一番おいしいときかもしれませんね。
Dec 14, 2016
エキサイトボートについて
競艇予想サイトのエキサイトボートについて

ネット上の評判や口コミなどを調べてみた。

調べてみると、どうやら賛否両論あるようで

どちらかと言えば「賛」の方が多い印象だ。

稼げている人と稼げていない人がいるようだ。

利用した時期、利用者の期待値によっても、

賛否は大きく分かれることになるだろう。

そのため、まずは自ら登録して様子を見るのが

得策と言えるだろう。
Dec 13, 2016
朝日杯フューチュリティステークス//アシャカリアンの情報
今週日曜日に開催される競馬情報について。

朝日杯フューチュリティステークスに出走の

有力馬アシャカリアンの情報が入って来た。

陣営の大根田裕之調教師はこの馬について、

「この中間もいい状態をキープしているよ。

デビューから2戦はダートを使ったけれど、

一度芝を使ってみたいと思っていたからね。

ここでどんな走りができるか。」と話した。

ところで、馬一点という優良競馬予想会社も

アシャカリアンの活躍に注目している。
Dec 10, 2016
フェルトベルクの情報//阪神ジュベナイルフィリーズ
明日阪神競馬場で開催の競馬情報について

阪神ジュベナイルフィリーズに出走予定の

フェルトベルクの情報が入って来た。

陣営の佐藤淳調教助手はこの馬について、

「体が小さくて攻め切れない馬ですから、

上積みという点ではどうでしょうか。

前走は持ち時計だけ走れていませんが、

うまくたまれば切れる脚を持っています」

とコメントしている。

また、競馬C.C.という競馬予想サイトも

フェルトベルクの活躍に注目している。
Dec 09, 2016
エムオービーナスの情報//阪神ジュベナイルフィリーズ
阪神競馬場で行われる競馬情報について。

阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)に出走の

エムオービーナスの情報が入って来た。

陣営の鹿戸雄一調教師はこの馬について、

「どうしても気性的にイレ込んでしまうけど

前走では最後まで頑張って走っていました。

いいスピードがあるし、もう少し落ち着いて

走れれば1600mでも我慢できると思います。

今回、相手は強くなりますけれど、どれだけ

粘れるかでしょう。」とコメントしている。

ところで花咲か競馬という競馬予想サイトも

エムオービーナスの活躍に注目している。
Dec 08, 2016
阪神ジュベナイルフィリーズ//ブラックオニキスについて
今週末の阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)に

出走予定の有力馬ブラックオニキスについて。

小柄な牝馬の割にタフで馬混みも苦にしない。

すでに7戦を走っており大幅な上昇度は微妙。

時計勝負への対応もポイントになりそうだ。

また、陣営の城戸義政騎手は「当選はサラッと

仕上げたいので1週前はしっかりやりました。

前回よりさらに具合は良さそうですね。

2週前から栗東に滞在して、すごく落ち着いて

いますし、このままイレ込まずにレースまで

いってほしいですね。」とコメントしている。

ところで競馬予想会社のパーフェクトホース

ブラックオニキスの走りに期待している。
Dec 07, 2016
ラピスラズリSの有力馬について
今週土曜のラピスラズリSの有力馬について。

本命に推すメラグラーナは、道悪はある程度は

こなせるが前走はあまりにも馬場が悪すぎた。

2、3走前のように鋭い決め手を発揮できれば

オープンでも十分に太刀打ちできる力はある。

また、ナックビーナスの前走は、軽ハンデ、

展開にも恵まれたが、本来は1200mがベスト。

このベスト距離なら自在に立ち回れるだろう。

また7歳馬とは思えない充実ぶりを見せつける

アースソニックも決して侮れない存在だろう。

ここ2戦のメンバーを考えれば、相手関係は

だいぶ楽になっているし、勝機は十分だろう。

尚、エンツォ(ENZO)という競馬予想サイトも

これら3頭に注目しているそうだ。
Dec 06, 2016
チャレンジカップ//マイネルハニーの情報
今週土曜日に開催される競馬情報について。

第67回チャレンジカップ(G3)に出走予定の

有力馬マイネルハニーの情報が入って来た。

栗田博憲調教師は、この馬について「前走は

勝った馬のペースで行かれてしまったね。

中間も順調にきているし馬は元気いっぱい。

それに精神的な面でもだいぶ成長を感じる。

今回もハンデ自体は重くならないはずだから

自分のリズムで走れれば、楽しみはあるよ。

道悪は得意な馬だし、ひと雨降ってくれれば

理想的だね。」とコメントしている。

また、KEIBA会議という優良競馬予想会社も

マイネルハニーの活躍に注目している。
Nov 30, 2016
カムフィーについて//ステイヤーズステークス
今週土曜のステイヤーズステークス(G2)に

出走を予定しているカムフィーについて。

昨年の2着馬で、ダイヤモンドステークスの

3着を含め、血統的にも長距離適性は十分。

ただし、決め手に欠け展開次第の面はある。

また池上昌和調教師は「前走は休み明けで、

ペースも落ち着いた割に頑張ったと思います。

この中間も元気がいいし、体調は良さそう。

長い距離が合うのかは何とも言えませんが、

今年も展開ひとつでしょう」と話している。

ところで、優良競馬予想会社のライジング

カムフィーの走りに期待しているようだ。
Nov 17, 2016
東京スポーツ杯2歳ステークス//オーバースペックに注目
今週土曜日に開催される競馬情報について。

第21回東京スポーツ杯2歳ステークス(G3)に

出走を予定している有力馬オーバースペックに

競馬情報サイトのゲートが注目している。

2着に入った前走の新潟2歳ステークスでは

序盤は最後方に待機して折り合いに専念。

直線に入って大外からメンバー最速の末脚で

追い込んだが道中の流れが落ち着いたぶん、

勝ち馬とは位置取りの差が出た。

距離は、前々走で1800mにも対応している。

末脚が生きる展開になれば勝機はありそう。