パワースポットに関する情報を発信

June, 2020
-
01
02
03
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
-
-
-
-
PROFILE
MYALBUM
CATEGORY
RECENT
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINK
SEARCH
PR




熱中症を防ぐ衣類対策
夏の暑い日中に、外を歩いているだけでも頭がクラクラし、しだいにボーットとなり意識不明になると命を落とすことにもなりかねません。

最近では、お年寄りがクーラを付けずに寝ていたため、熱中症によって命を落としたと言うニュースも頻繁に報道されております。

このため、夏の熱中症対策は老若男女を問わず重要なことなのです。

とりわけ、衣類は皮膚からの熱の出入りに大きく関係します。暑い時にできるだけ軽装にし、素材も吸湿性や通気性のよいものにしましょう。

また、屋外で、直射日光が当たる場合には帽子を着用しましょう。剣道などの防具をつけるスポーツでは、休憩中に衣服をゆるめ、できるだけ熱を逃すことが大切です。

また、温度の変化や、運動などによって熱産生量が変化すると、身につけている衣服を脱いだり、着用したりして体温の調節をします。

運動時や高温下では大量の汗が出ますが、この汗は一旦衣服に吸収され、衣服の表面から蒸発します。

暑熱下においてスポーツを行う際の衣服は、保温力が低く、放湿性の高い衣服を着用して、体温の円滑な調節を助けるように工夫することが、熱中症予防を予防するためには重要です。

また、帽子や手拭いなどを使って直射日光を避けたり、サングラスを使用して目を保護することも大切です。

アメリカンフットボールや剣道などでは、どうしても服装が重装備となってしまいますが、休憩中には衣服をゆるめ、冷タオルで体を冷やしたりして熱放散を助け、体温を下げる工夫が重要です。

補正下着の効果

この記事へのトラックバックURL
http://blog.pelogoo.com/privresy/rtb.php?no=1592168003879231



◇ 返信フォーム


名前 :   情報を保存する
メール : 
URL : 
題名 : 

内容 :