パワースポットに関する情報を発信

May, 2019
-
-
-
01
02
03
04
05
07
08
10
12
14
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
-
PROFILE
MYALBUM
CATEGORY
RECENT
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINK
SEARCH
PR




敷布団の種類と特徴
羊毛敷布団は、羊毛製の敷布団で、敷布団の中では固さ、保温性、通気性が優れておりますが、その一方で、敷布団の打ち直しなどが困難であるため、耐久性は木綿敷布団に劣るとされます。

木綿敷布団は、木綿製の敷布団で、掛け布団としての需要は少なくなっておりますが、敷布団としては非常に優秀で、固さ・保温性・通気性も申し分ありません。

ただし、通気性は羊毛よりもやや劣りますが、適度に干していれば、全く問題ありませんし、打ち直しも出来るので長期間使用できます。

羽毛敷布団は、掛け布団としては人気No1ですが、敷布団となると、確かに、寝心地は良くなるかもしれませんが、柔らかすぎるという問題があります。個人的な好みもありますが、どちらかというと木綿敷布団がオススメです。

化学繊維敷布団、特に化繊100%のものは、殆ど水分を吸わないため蒸れやすくなります。

今人気の低反発マットレス(ウレタン)などと同様ですが、やわらかすぎる場合もあるので注意が必要です。

また、化学繊維は帯電性が強いため、空気中のホコリを吸着しやすいことから、こまめに掃除をする必要もあります。

敷布団としてオススメなのは、第一が木綿敷布団で、次いで羊毛、そして、羽毛の順でしょうか。

「陽だまりの休息」

この記事へのトラックバックURL
http://blog.pelogoo.com/privresy/rtb.php?no=1557966639213879



◇ 返信フォーム


名前 :   情報を保存する
メール : 
URL : 
題名 : 

内容 :