パワースポットに関する情報を発信

February, 2017
-
-
-
01
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
-
-
-
-
PROFILE
MYALBUM
CATEGORY
RECENT
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINK
SEARCH
PR




リンパ浮腫の特徴と治療
リンパ管の圧迫や狭窄によってリンパ管の流れが悪くなると、リンパ管の内容物がリンパ管の外にしみ出してむくみが現れます。

特に、蛋白質がリンパ管からもれて組織内に蓄積されると、組織細胞が変性して線維化が起こり、その部分の皮膚が硬くなっていきます。

その原因は、殆どが、子宮がんや乳がんなどの術後に多くみられるリンパ管の圧迫や狭窄などです。

症状の現れ方としては、当初は夕方になると足やかかと、手の甲が腫れるようになって初めて気が付きます。

ただ、痛みや色の変化はなく、翌朝になるとはれは消えます、これが可逆性リンパ浮腫です。

しかし、症状が進むと、むくみが消えあとに、皮膚が線維化して硬くなってきます、これが、非可逆性リンパ浮腫です。さらに進むと、皮膚が硬く変形して象皮症の状態になります。

皮膚の線維化前の可逆性リンパ浮腫であれば治療効果は高いので、浮腫がみられたら内科を受診しましょう。

治療法は、患肢を高く上げておく、マッサージ、軽い運動、温浴、日中のストッキング着用などがあります。また、皮膚が線維化した場合は、リンパ誘導手術、リンパ管静脈吻合手術などを行う場合があります。

岩盤浴で冷え性改善・代謝UP!!

この記事へのトラックバックURL
http://blog.pelogoo.com/privresy/rtb.php?no=1485998571279341



◇ 返信フォーム


名前 :   情報を保存する
メール : 
URL : 
題名 : 

内容 :