めざせ!理想の日本大鍬形!

November, 2010
-
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
-
-
-
-
PROFILE
百瀬

拘りの日本大鍬形!
ホームページ
MYALBUM
CATEGORY
RECENT
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
LINK
SEARCH
PR





おいおい
クワ部屋温度26℃〜29℃

S.ako064F×013Lineの♀幼虫ですが、蛹室を作っている幼虫はまだいないと思ってましたが、とんでもありません。2頭が既に蛹化し前蛹状態の幼虫も1頭いました。蛹室を作っている幼虫もいます・・・。棚の間から覗いていたので気付きませんでした。昨晩チェックして慌てました。1頭の蛹は完全に底に蛹室を作っていますし、前蛹状態の幼虫も底にベッタリです。触りすぎというぐらいボトルに触りますので、普段は蛹室を作成段階で気付きボトルを逆さまにして対処しています。♀の場合は問題なく羽化してきます。♂の場合は蛹を見たいので掘る場合がほとんどですが(^_^A) しかし、今回の場合は割り出しからの経過期間が短いのでノーマークでした・・・。♀を人工蛹室に入れることはほとんどありませんでしたが、底ベッタリですので移そうと考えています。S.ako-T1/jr024Line♀蛹とS.ako-T2br/jr001Line♀蛹が一緒に羽化しましたので、蛹室サイズが合いそうなら使いまわすかもしれません。

この調子だと来月から3月に掛けて羽化ラッシュになりそうです。少し早いですね。個人的には、ゴールデンウイーク明けぐらいと考えていました(^_^A)良い個体が出てくれるか不安です。

S.ako064F×013Line♂蛹ですが、ボトル越しにチラッと顎の形を確認しましたが、細くはないようです。サイズは小さいですので期待は薄いですが、短歯に見えますし♂親の良い部分を受け継いでいてほしいですね。これも逆さボトルにしてますので来週ぐらいに人工蛹室に移すつもりです。撮影したらお見せする予定です。最初の羽化個体になりますので無事に羽化して幸先の良いスタートを切りたいです(^_^.)
スポンサード リンク

この記事へのトラックバックURL
http://blog.pelogoo.com/dorcus/rtb.php?no=1200064732559279



◇ 返信フォーム


名前 :   情報を保存する
メール : 
URL : 
題名 : 

内容 :