「せちがらい世の中」だからこそノーザンダイヤモンドバックテラピンに癒しを求めてみました。

November, 2010
-
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
-
-
-
-
PROFILE
◆ソラマメ◆

ブルガリが飼っているノーザンダイヤモンドバックテラピンです。最近、ヤンチャぶりに拍車がかかってます。                         

◆アズキ◆

新たに投入したノーザンダイヤモンドバックテラピンです。まだまだカメラを向けると逃げるシャイなヤツです。

MYALBUM
CATEGORY
RECENT
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINK
SEARCH
PR




チェサピークベイ近隣の子

というわけで、新しく来た子を紹介します。
こんな子です。

 

1150043898602928.jpg

 


コイツのプロフィールですが、買った店のHPによると…
『チェサピークベイ近隣のレアな個体群でかなり白っぽい』とありました。

 

最初、コイツを見た時…
 「かなり小さいな、ちゃんと育てられるかな?」と思った。

 

  〆、飼っているカメとの混泳は無理
    →大きさが違いすぎる。手足をかじられるのがオチ。

  ⊃靴靴た總紊笋薀薀ぅ販爐…
    →¥の問題ね。

 


だが、そう感じた直後にコイツは…エサくれダンスをしやがった。
というわけで、結局、買ってしまいました。

 

その後、もうガマルスを手から食べるまでになっています。
環境に適応しすぎ。

 

 

名前は…結局、決められませんでした。

スポンサード リンク


◇ 返信フォーム


名前 :   情報を保存する
メール : 
URL : 
題名 : 

内容 :